« Thunderbolt 3はLinuxの世界にも | トップページ | 2.5インチで4TBのHDD Seagate Momentus ST4000LM0016ですが、 »

2016年3月16日 (水)

転送速度検証 Seagate Momentus ST4000LM016



St4000lm0016_2

2.5インチHDDで現時点最大容量4TBを誇るSeagate Momentus ST4000LM016の登場です。前評判通りクソ遅いのか?まずはいつも通り検証環境からどうぞ。

転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2013 (8GB)
• システム
Mac OS X El Capitan (10.11.3)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD SM0256F
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 4 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート & 外付けケース:
Thunderbolt
Seagate GoFlex Thunderbolt adapter

結果は下のリンクから続きをどうぞ。



比較のために先日検証した東芝MQ03ABB300とWD5000LTLXのデータも掲載します。東芝のMQ03ABB300とどっこいの性能ですが、価格が安い上に1TBも容量が上ということもあってコストパフォーマスはこちらに軍配です。この程度の検証ではSMRであることのマイナス効果は認められませんでした。Eye TVファイル用の倉庫はこれで決まりですhappy01


外付けドライブ 使用アダプター ポート 容量 回転数 AJA System Test
Write Read
ST4000LM0016 Seagate GoFlex Thunderbolt adapter Thunderbolt 4000 GB 5400/rpm 128 MiB/s 129 MiB/s
MQ03ABB300 3000 GB 122 MiB/s 121 MiB/s
WD5000LTLX 500 GB 7200/rpm 125 MiB/s 136 MiB/s

外付けドライブ 使用アダプター ポート 容量 回転数 File copy
Int → Ext Ext → Int
ST4000LM0016 Seagate GoFlex Thunderbolt adapter Thunderbolt 4000 GB 5400/rpm 122.6 MiB/s 122.8 MiB/s
MQ03ABB300 3000 GB 122.4 MiB/s 120.9 MiB/s
WD5000LTLX 500 GB 7200/rpm 134.4 MiB/s 136.3 MiB/s



« Thunderbolt 3はLinuxの世界にも | トップページ | 2.5インチで4TBのHDD Seagate Momentus ST4000LM0016ですが、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/64485810

この記事へのトラックバック一覧です: 転送速度検証 Seagate Momentus ST4000LM016:

« Thunderbolt 3はLinuxの世界にも | トップページ | 2.5インチで4TBのHDD Seagate Momentus ST4000LM0016ですが、 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック