« 2.5インチで4TBのHDD Seagate Momentus ST4000LM0016ですが、 | トップページ | IntelのNUC6i7KYKは »

2016年3月20日 (日)

激突 東芝MQ03ABB300 vs. Seagate ST4000LM0016



Ts

先日検証できなかった大量ファイルコピー時の転送速度を検証してみました。さてST4000LM0016は弱点を露呈するのでしょうか?まずはいつも通り検証環境からどうぞ。本日の検証はMB表示です。

転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2013 (8GB)
• システム
Mac OS X El Capitan (10.11.3)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD SM0256F
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• ファイルコピーの環境
  1. 3980 MBの「写真」ライブラリー (写真数 1487)
  2. 3980 MBの「写真」ライブラリーのzipファイル
  3. 10980 MBのフォルダー(20の WAVファイルを含む)
  4. 8230 MBのフォルダー(ファイル数 7032)
• 使用ポート & 外付けケース:
Thunderbolt
Seagate GoFlex Thunderbolt adapter

結果は下のリンクから続きをどうぞ。



まずは写真数 1487、3980MBの「写真」ライブラリー のコピーです。ST4000LM0016はいきなり弱点を露呈しました。iTunesライブラリーのコピーでも同様の結果が出るでしょう。意外だったのは遅い書き込みより読み出しが更に遅かったこと。4TB分のファイルを読み出したら大変なことになりそうですね。

外付けドライブ 使用アダプター ポート 容量 回転数 File copy
Int → Ext Ext → Int
MQ03ABB300 Seagate GoFlex Thunderbolt adapter Thunderbolt 3000 GB 5400/rpm 68.8 MB/s 106.1 MB/s
ST4000LM0016 4000 GB 55.8 MB/s 35.4 MB/s



次は同じ3980 MBの「写真」ライブラリーをzipで一つにしたものをコピーしましたが、単一ファイルのコピーの転送速度ではST4000LM0016がMQ03ABB300を上回りました。

外付けドライブ 使用アダプター ポート 容量 回転数 File copy
Int → Ext Ext → Int
MQ03ABB300 Seagate GoFlex Thunderbolt adapter Thunderbolt 3000 GB 5400/rpm 128.2 MB/s 125.8 MB/s
ST4000LM0016 4000 GB 128.7 MB/s 130.4 MB/s



次はそこそこに大きいファイルを20個程度という通常あまりない状況も検証してみました。フォルダーに20個のWAVファイル計10980MBを入れてコピーしたところ、この程度のファイル数ではST4000LM0016は転送速度でMQ03ABB300を上回り、弱点はないに等しいという結果に。でもこういう環境はほとんどの人に無縁でしょう。

外付けドライブ 使用アダプター ポート 容量 回転数 File copy
Int → Ext Ext → Int
MQ03ABB300 Seagate GoFlex Thunderbolt adapter Thunderbolt 3000 GB 5400/rpm 125.9 MB/s 125.7 MB/s
ST4000LM0016 4000 GB 126.2 MB/s 126.9 MB/s



最後はファイル数7032で8230MBのフォルダーをコピーしてみました。このフォルダーに含まれているのはPDF、Open XML FormatsのMS Officeファイル、テキストファイルのみで純粋な画像ファイルは一切ありません。ST4000LM0016の転送速度はMQ03ABB30のほぼ30MB/s落ちになりました。これが3.5テラバイトぐらい使用している状態だったらまだしも、空の状態でこの転送速度ということは一杯になった時にはどこまで落ちるのでしょう。

外付けドライブ 使用アダプター ポート 容量 回転数 File copy
Int → Ext Ext → Int
MQ03ABB300 Seagate GoFlex Thunderbolt adapter Thunderbolt 3000 GB 5400/rpm 105.2 MB/s 110.6 MB/s
ST4000LM0016 4000 GB 72.2 MB/s 78.7 MB/s

結論ですが、数GBになるような巨大ファイルはよくコンテナ状になっていて無数の細かいファイルを含んでいるわけですが、ST4000LM0016はそういう巨大ファイルの保存先としては全く向かないということになります。また事務所系に多そうな小さいファイルを大量に含んだフォルダーの保存先としても向かいないですね。2番目と3番目の検証の状況はかなり特殊であって、そういう状況でしか性能を活かせないとなるとほとんどの人にオススメはできませんねえ。ということで、現時点の大容量2.5インチHDDでは普通にこれまでの転送速度感覚で使える堅実な作りの東芝MQ03ABB300がこのブログのオススメです。

« 2.5インチで4TBのHDD Seagate Momentus ST4000LM0016ですが、 | トップページ | IntelのNUC6i7KYKは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/64538086

この記事へのトラックバック一覧です: 激突 東芝MQ03ABB300 vs. Seagate ST4000LM0016:

« 2.5インチで4TBのHDD Seagate Momentus ST4000LM0016ですが、 | トップページ | IntelのNUC6i7KYKは »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック