« AJA System Testが | トップページ | GIGABYTEのマザーボードですが、 »

2015年10月26日 (月)

ポータブルケースの今後の予想



このブログもPetterssonの時代から2.5インチSATAドライブ用のケースをメインにやってきましたが、そろそろ古くなってきましたね。2.5インチは今でも企業向けを除けばSATA接続のSSDとHDD専用ですし、SSDは今後PCIe接続のケースに変わっていくでしょうから、HDD専用になりそうですね。今でもUSB 3.1外部接続のPCIe接続ケースが出ていますし、形状といい容量といいわざわざ2.5インチに縛られる意味がなくなってきています。まだ暫くは残るでしょうけどmSATAは短命でしたね

HDDはSSDの価格にもよりますけどテラバイトのプラッタが出る前に終わりそうな感じですね。今出ている15ミリ厚の3TBや4TBのドライブが最後になるのかな。あとは3.5インチで長期保存用の高いドライブだけが生き残りそうな。Seagateは怖いから東芝の3TBのベアドライブがもうちょっとこなれた価格になったら買いだめしておこうかな。

« AJA System Testが | トップページ | GIGABYTEのマザーボードですが、 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルケースの今後の予想:

« AJA System Testが | トップページ | GIGABYTEのマザーボードですが、 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック