« Mac miniですが、 | トップページ | M.2 PCIe SSD搭載のAKiTiO Thunder2 Storage-AVが »

2015年3月15日 (日)

BaRe FeatsがEarly 2015型のRetina MacBook Pro 13の



フラッシュドライブの転送速度検証を掲載していますが、凄いですねえ! Aja System Testで16GBのReadがなんと1391 MB/s、Writeが1504 MB/s。今まで高いSSDにお金を注ぎ込んだのは何の為だったのという感じ この転送速度をストレージなどで活かそうと思うとまだ本格的に出てきてさえいないUSB 3.1は完全に遅すぎて、結局Thunderboltしか選択肢はなくなりますね。Thunderbolt 3が出たらまた話は変わりますが、取り敢えず2までの実効転送速度を活かしきれる内蔵ドライブになりました。それにしてもこんなに早くSATA 3.0接続のSSDが遅いと言える日が来るとは思っていませんでした。ほぼ3倍の速度ですもんね。

このブログでも検証用のSSDをそろそろ変えたいなと思っているのですけど、お遊び用には価格がまだまだこなれていないし、携帯用の一時的なバックアップにはもうすでに使っていますが、ファイル保管用の外付けケースには使う気にはなれないです。まだまだHDDのコストパフォーマンスには遠く及ばないですね。

« Mac miniですが、 | トップページ | M.2 PCIe SSD搭載のAKiTiO Thunder2 Storage-AVが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BaRe FeatsがEarly 2015型のRetina MacBook Pro 13の:

« Mac miniですが、 | トップページ | M.2 PCIe SSD搭載のAKiTiO Thunder2 Storage-AVが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック