« FW800&USB 3.0&eSATA接続の2.5インチドライブ用外付けRAIDケース | トップページ | dataTaleのサイトに2.5インチドライブ用Thunderbolt接続RAIDケースRS-S2Tが »

2014年11月13日 (木)

Oyen Didital MiniPro RAID V2インスタントレビュー



ということでいきなりですが、全てにおいて価格並みのケースですねえ。一番がっかりしたのはRAIDスイッチ。Macでは全く役立ちません。RAIDアレイを作りたければソフトで対処する以外に方法がありません。Windowsでは未検証です。と書いてしまったのですが、後からペッテルソンに「ちゃんと RAIDボタンを押した?」と訊かれてドキッ 失礼いたしました 押してませんでした 押したらあっさり設定できました。最近簡単なRAID設定に慣れていたのでサックリやってしまいました。転送速度に変わりはありませんでした。

付属のUSB 3.0ケーブルは粗悪品でMacBook AirではUSB 2.0として認識されてしまいました。100ドルではこの程度になってしまうのでしょうかね。

早速転送速度も検証してみました。今フリーのハードディスクがゼロなのでSSDでの検証のみです。いつも通りまずは検証条件をどうぞ。

転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid 2013 (8GB)
• システム
OS X Yosemite (10.10)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD SM0256F
• 外付けドライブ:
SSD: Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128 x 2
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート(マシン搭載ポート)
USB 3.0
• 使用アダプター
• 外付けケース:

続きは下のリンクからどうぞ。

いきなり結果ですが、ご覧の通り残念ながら400MiB/sには届きませんでした。eSATAはアダプター経由ですので、直付だったらもっと速いと思われます。もうUASPモード対応のUSB 3.0ケースはSSDシングルドライブで使うに限りますね。ただMiniPro RAID V2は15ミリ厚のドライブが入りますので、安い東芝の2TBのドライブを二つ入れて使うとオイシイかもしれません。


使用ケース 使用アダプター ポート ドライブ数 RAID設定 AJA System Test
Write Read
Oyen Digital MiniPro RAID V2 Kanex eSATA 2 0 337.6 MiB/s 355.4 MiB/s
なし USB 3.0 375.5 MiB/s 378.7 MiB/s

使用ケース 使用アダプター ポート ドライブ数 RAID設定 File copy
Int → Ext Ext → Int
Oyen Digital MiniPro RAID V2 Kanex eSATA 2 0 328.6 MiB/s 350.6 MiB/s
なし USB 3.0 379.4 MiB/s 395.5 MiB/s

« FW800&USB 3.0&eSATA接続の2.5インチドライブ用外付けRAIDケース | トップページ | dataTaleのサイトに2.5インチドライブ用Thunderbolt接続RAIDケースRS-S2Tが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Oyen Didital MiniPro RAID V2インスタントレビュー:

« FW800&USB 3.0&eSATA接続の2.5インチドライブ用外付けRAIDケース | トップページ | dataTaleのサイトに2.5インチドライブ用Thunderbolt接続RAIDケースRS-S2Tが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック