« iFixitも2014年型のMac miniの解体写真を | トップページ | 今2014年後期型のMac miniを »

2014年10月23日 (木)

OWCも2014年後期型のMac miniの



開腹写真をアップしていますね。簡単にまとめると、Fusion Driveバージョンを買っておけば後からPCIe接続のフラッシュドライブも交換できるということですね。そういうフラッシュドライブが市場に出ていればというのが前提ですけど。写真を見る限りでは7ミリ厚以外のHDDは入りそうにないですねえ。Fusion DriveもHGSTということは1TBですからTravelstar Z5K1000でしょうか。

« iFixitも2014年型のMac miniの解体写真を | トップページ | 今2014年後期型のMac miniを »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OWCも2014年後期型のMac miniの:

« iFixitも2014年型のMac miniの解体写真を | トップページ | 今2014年後期型のMac miniを »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック