« 昨日時間があったのでThunderboltのデイジーチェーンで | トップページ | 2.5インチディスク用外付けケースのまとめページに »

2014年8月28日 (木)

激突 2.5インチドライブ用Thunderbolt接続外付けケース頂上決戦!!! Akitio Neutrino Thunder Duo vs. Promise Pegasus J4



久々のおバカちゃん激突シリーズ、赤コーナー、当ブログ史上最速を誇るデブFCチャンピオンAkitio Neutrino Thunder Duo〜〜〜!!! 青コーナー、挑戦者ストライクデブ前チャンピオンPromise Pegasus J4〜〜〜!!!

「久々の激突シリーズです。本日の解説は毎度おなじみ、最近は古い外付けケースを楽器代わりに使って路上パフォーマンスで食いつないでいるらしいデブネコさん。リングアナはわたくし雷電轟々がつとめさせていただきます。デブネコさん、待ちに待った頂上決戦ですね。」

「Thunderboltが出てから4年目。やっとおバカちゃん激突シリーズでもこういう企画ができるぐらいThunderbolt製品の価格が下がったね。」

「ところで、本日の最初の予定はPegasus J4の試し割り演武だったと聞きましたが。」

「記者会見の時にThunder Duoが、『旧世代のうどの大木が何枚瓦を割ろうが試合ではただのウスノロのサンドバッグだ。減量して無差別級ではなく俺様と同じヘビー級で勝負する勇気はねえだろ。』などと暴言を吐いたらしいね。」

「それにPegasus J4が乗ったという訳ですね。クアッドドライブ無差別級のPegasus J4がデュアルドライブヘビー級に落とすとなるとかなり厳しい減量になりますが。」

「Pegasusは第一世代の古いチップだし、ドライブ数が同じだとかなり苦しいね。まあ、チャンピオンもそこら辺をしっかり予測しての暴言でしょう。」

「今回はまずはHDDのAJA System Testとファイルコピーで1ラウンド、間にPegasus J4のHDDクアッドドライブ試し割り演武を挟んでSSDのAJA System Testとファイルコピーで1ラウンドですね。試し割り演武はPegasusの強い希望で行われることになったと聞きましたが。」

「HDDクアッドドライブの実力を見せつけたいのでしょう。」

「では両者の試合前インタビューと検証条件をどうぞ。」

Akitio 「潰れた他団体の前チャンピオンだからって偉そうにしやがって。デブFCでは通用しねえことを思い知らせてやるぜ。だいたい今時Macでしか使えねえなんてシャレにもならねえんだよ。」

Promise 「他にマルチドライブのThunderbolt接続ケースがなかったからチャンピオンになれたようなものなのに奴はいい気になり過ぎた。奴が二度と大口を叩けないように懲らしめてやるぜ。」


転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid 2013 (8GB)
• システム
OS X Mavericks (10.9.4)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD SM0256F
• 外付けドライブ:
SSD: Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128 x 2
HDD: HGST Travelstar 7K1000 (7200rpm) x 2
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート(マシン搭載ポート)
Thunderbolt
• 外付けケース:
Thunderbolt

「そろそろ試合が始まりそうです。続きは下のリンクからどうぞ!」




カーン!

「HDDのAJA System Testが始まりました! 両者慎重な出だし。おーっ、挑戦者がリーチをいかした高速ジャブを入れた!チャンピオンストレートを返すも挑戦者のストレートと相打ち! 挑戦者プレッシャーをかけます。チャンピオンじりじりと後退。チャンピオンロシアンフック!挑戦者カウンター気味のストレート!またも相打ち!挑戦者高速ジャブをまた入れた! チャンピオンがプレッシャーで押されていますが、デブネコさん、意外な展開ですね。」

「挑戦者はさすが他団体でチャンピオンだっただけあるね。」

「ファイルコピーに移りましたが、状況変わらず。ほぼ互角ながら挑戦者が確実なジャブを打ち込んでいます! 挑戦者プレッシャーをかけてタックル! チャンピオン切った! チャンピオンコーナーに追いつめられたが脱出!」

カーン!

「ここで第1ラウンド終了です。レフリーのポイントが表示されましたが、挑戦者が1ポイント上回っています。」


使用ケース ポート ドライブ数 AJA System Test
Write Read
Akitio Neutrino Thunder Duo Thunderbolt 2 246.6 MiB/s 266.7 MiB/s
Promise Pegasus J4 251.6 MiB/s 268.4 MiB/s

使用使用ケース ポート ドライブ数 File copy
Int → Ext Ext → Int
Akitio Neutrino Thunder Duo Thunderbolt 2 245.7 MiB/s 264.5 MiB/s
Promise Pegasus J4 252.0 MiB/s 264.9 MiB/s

「これはチャンピオン苦しい出だしですね。」

「大口叩いていただけに厳しいね。結局第一世代のチップと第二世代のチップでは性能差がないということになるね。」

「そうですね。でもまだ第二ラウンドが残っています。チャンピオンはリベンジできるのしょうか?おっとここで挑戦者が道着に着替えてHDD試し割りに挑戦です。ルールは10 MiB/sイコール瓦1枚でしたね。」

「わたしは個人的にはこれを一番楽しみにしていたんだけど、50枚のいけるかな?」

「HDDですからね。おっ、 AJA System Testが始まりました。挑戦者構えて手刀一閃! いったー! Writeで50枚割った! Readで2枚上乗せしましたがいけるのか? 手刀一閃! いった〜! あっ、残念ながら最後の1枚は割れていませんでした。それでも51枚いきました。」

「惜しかったね〜!」


使用ケース ポート ドライブ数 AJA System Test
Write Read
Promise Pegasus J4 Thunderbolt 4 505.1 MiB/s 519.6 MiB/s

「本当に惜しかったですね。ファイルコピーが始まりました。まずは内蔵から外付けですが、挑戦者50枚にもどしました。いけるのか〜っ? 手刀一閃!! あーーっ、1枚残ってしまいました! 500 MiB/s到達ならず! でもまだ外付けから内蔵へのファイルコピーが残っています。挑戦者先ほどの失敗にもめげず、1枚上乗せしました。51枚です。デブネコさん、こちらの方が緊張しますね。」

「大丈夫かな? 実はMacBook Airの内蔵ドライブのフリーな領域が100GB切っているからギリギリな条件なんだけどね。」

「そうでしたか。挑戦者天を見上げてから構えた。手刀一閃! いった〜〜!  51枚成功! HDDでこのブログ史上初の500MiB/s突破です!」

「やった!」


使用使用ケース ポート ドライブ数 File copy
Int → Ext Ext → Int
Promise Pegasus J4 Thunderbolt 4 496.3 MiB/s 510.7 MiB/s

「デブネコさん興奮しましたね!」

「これでHDDでもUSB 3.0では来れない領域に突入したね! ここは1TBで7200rpmのドライブを出してくれたHGSTに感謝すべきでしょう。心配された電力不足も全くないし言うことないね。」

「そう言えばデブネコさん、Pegasus J4を超特価で手に入れたそうですが? この場で購入価格をリークしてもらえませんか?」

「それだけは絶対に言わない約束だから。まさか500GBのドライブ4つ入って○○ドルなんて言えないでしょう。」

え〜〜〜〜! それは確かにまずいですね。」

「まっ、日頃の行いが良いとこういうこともあるのさ。」

「路上パファーマンスが良い行いだとも思えないのですが... おっ、そろそろ第2ラウンドがはじまりそうです。チャンピオン第1ラウンドで押されただけに笑顔がありません。挑戦者はファンに手を振って余裕を見せています。」

カーン!

「SSDでのAJA System Testが始まりました! うわー、Writeでチャンピオンいきなりソバット! 踵が挑戦者のボディーに炸裂! 挑戦者体を曲げて逃げる! チャンピオン挑戦者を金網に追い込んでフックの嵐! 挑戦者防戦一方です! チャンピオンエルボーを入れた! 膝も打ち込もうとしますがこれは不発。チャンピオン少し息が上がったか? ここでReadです。」

ドスッ!

あーーーーっ! 挑戦者一瞬の隙をついて前蹴り! チャンピオンの胸を直撃! チャンピオン金網まで吹っ飛ばされてダウン!!! なんと 800 MiB/s突破の凄い前蹴りです!!」

「あの前蹴りはたまらないねえ!」

「チャンピオンそれでもすぐ起き上がってガードを固める! 挑戦者もソバットを警戒してか慎重になっています。ここでファイルコピーにはいりました。挑戦者右ローを入れた! 挑戦者再び右ロー! 挑戦者左ミドルも入れた! チャンピオンさがりながら右ハイも挑戦者ブロック! 挑戦者再びプレッシャーをかける。チャンピオン後退するふりをしてソバット! 挑戦者見切っていたか難なくかわす。あーーーーっ! チャンピオンが着地したところに挑戦者テンカオ! まともに入った! チャンピオン再びダウン!」

カーン!

「ここで試合終了です。チャンピオンはゴングに救われましたが結果はもう明らかでしょう。レフリーのポイントが表示されました。29−25が一人、29−26が二人で挑戦者がチャンピオンを破りました!」


使用ケース ポート ドライブ数 AJA System Test
Write Read
Akitio Neutrino Thunder Duo Thunderbolt 2 615.9 MiB/s 760.3 MiB/s
Promise Pegasus J4 587.1 MiB/s 806.3 MiB/s

使用使用ケース ポート ドライブ数 File copy
Int → Ext Ext → Int
Akitio Neutrino Thunder Duo Thunderbolt 2 601.6 MiB/s 677.2 MiB/s
Promise Pegasus J4 604.4 MiB/s 694.2 MiB/s


「デブネコさん、挑戦者は古いケースにもかかわらずやりましたね!」

「初代のチップ使ったケースだからダメだと思っていたんだけど、意外な結果になったね。SSD4つ入れたら本当に800 MiB/s突破できそう。もしかしたら3つでもいけるかもね。こうなるとAkitioはThunder 2 Quad Miniを出す意外ないかな。」

「Thunder 2 Quad Miniの前にそろそろ検証マシンもThunderbolt 2ポート搭載のマシンに換えた方が良いのではないかという話もありますが。」

「まっ、そこら辺はこの秋に投入される製品を見てからだね。」

「それでは本日もお付き合いありがとうございました。と終わるところだったのですが、勝って気を良くしたPromiseがMacBook AirのSSD容量がないせいで記録が破れないことにクレームをつけています。」

「MacBook Airの内蔵ドライブのフリーな領域が100GB切っているから遅くなっているのは否めないねえ。」

「そうですね。Promiseとしてはここで終われるかという感じでしょうね。おっ、新チャンピオンがまた道着に着替えました。おーっ、なんとSSD3つ搭載して試し割りです。3つ目が用意できたのですねえ。」

「やはりここまで来ると本来の実力の片鱗を見せて欲しいということでしょう。」

「えーっ、いきなり80枚の瓦に挑戦です! これは凄い! 」

「ほう、かなりの自信のようだね。」

「AJA System Testが始まりました。まずはWrite。新チャンピオンが手刀を頭上に構えた。一閃! あーっと、3枚残ってしまったようです。それでも前記録保持者のAkitioに160 MiB/sもの大差をつける778 MiB/sで新記録! 」

「凄いけど幻想世界だからねえ。」

「続いてReadです。おっと、諦めずに80枚ですねえ。さあ、いけるのか〜っ?手刀一閃! あ〜、1枚残ってしまったようです。あれっ?審判が割れていないと思われた瓦を持ち上げたら割れてました! 80枚成功! Readでもほぼ100 MiB/sの大差をつけてなんと800.8 MiB/sの新記録です!」

「割れていないと思われた瓦が割れていたとかなんかマス大山みたいだね。きみパクってない?」

「いえ、ただの偶然です。」


使用ケース ポート ドライブ数 AJA System Test
Write Read
Promise Pegasus J4 Thunderbolt 3 778.1 MiB/s 800.8 MiB/s

「さて、現実世界のファイルコピーではどうでしょう。また80枚に挑戦です。」

「無理じゃないかなあ。」

「手刀一閃! いったか?! あーっと残念。またもや2枚残ってしまいました。それでも内蔵から外付けへのファイルコピーで780 MiB/sは新記録です。少し疲れが出たか新チャンピオン荒い息をしています。」

「なにろ試合の後だからね。」

「外付けから内蔵へのファイルコピーでまた80枚挑戦! さあ手刀を頭上に構えました。一閃! 」

ハクション!!!

「あーーーっ、足下が滑ってバランスを崩した!! 」

「誰だ今のは? 」

「どうもAkitioのようですね。意図的なくしゃみだったのでしょうか前チャンピオン笑っています。かなり無理な体勢からの手刀でしたがどうでしょう。あーっ、残念! 12枚も残ってしまいました。最後の最後でAkitioの記録は破れませんでした。」

「これはでも完全にMacBook AirのSSD容量のせいだねえ。いつかまた再挑戦して欲しいね。 」

「そうですね。次回に期待ということですね。というところで、本日はお付き合いいただきどうもありがとうございました。」


使用使用ケース ポート ドライブ数 File copy
Int → Ext Ext → Int
Promise Pegasus J4 Thunderbolt 3 780.4 MiB/s 683.1 MiB/s

« 昨日時間があったのでThunderboltのデイジーチェーンで | トップページ | 2.5インチディスク用外付けケースのまとめページに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/57210064

この記事へのトラックバック一覧です: 激突 2.5インチドライブ用Thunderbolt接続外付けケース頂上決戦!!! Akitio Neutrino Thunder Duo vs. Promise Pegasus J4:

« 昨日時間があったのでThunderboltのデイジーチェーンで | トップページ | 2.5インチディスク用外付けケースのまとめページに »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック