« RAIDONのサイトがアップデートされて | トップページ | AnandTechがLaCie 2big Thunderbolt 2とRugged Thunderboltのレビューを »

2014年7月 9日 (水)

転送速度検証 Kanex Thunderbolt to eSATA + USB 3.0 アダプター



Kanex_test

久々のレビューを兼ねた転送速度検証です。サッカーの試合を見ていたのでアップがこんな時間になってしまいましたcoldsweats01 って書いてから寝てしまって、出発前にあわててアップしていますcoldsweats02

Kanex Thunderbolt to eSATA + USB 3.0 アダプターですが、今まで買ったThunderbolt製品の中で最も安い価格です。eSATAアダプターはこのブログでもUSB 3.0接続のものを二つ対決検証しましたが、今回はいわばその続編です。100ユーロ越えたら買うつもりはなかったのですが、69,95ユーロとお買い得だったのでポチッとしてしまいました。と書いて現在の価格を確認したらなんと99,95ユーロに跳ね上がっていましたcoldsweats01 弱点もすでに見つけてしまいましたしこの価格になると微妙ですねえ... 取りあえずはいつも通り検証環境からどうぞ。


転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid 2013 (8GB)
• システム
OS X Mavericks (10.9.4)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD SM0256F
• 外付けドライブ:
SSD 1: Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128 x 1
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート(マシン搭載ポート)
Thunderbolt
eSATA
USB 3.0
• 使用アダプター
Kanex Thunderbolt to eSATA + USB 3.0
• 外付けケース:
eSATA
USB 3.0

続きは下のリンクからどうぞ。

今回は時間がないのでサクッと結果に行きます。まずはOWC Mercury Elite Pro mini USB 3.0 / eSATA 6Gbpsでの検証。KanexのサイトにeSATAは3Gということが書いてあったと思ったのですが、こちらももしかして更新されたのでしょうか?それもそのはず。なんとシーゲートのThunderboltアダプターでSSDをつないだ時と同等の転送速度です! eSATAに限っては外付けドライブ側のポートが3Gまでか6G対応かで性能が直に反映されると言って良いでしょう。ただ6G対応でも最高転送速度はThunderboltにおさえられてしまっていますが。OWC Mercury Elite Pro mini USB 3.0 / eSATA 6GbpsのUSB 3.0はUASP対応ではないのですが、Kanexのアダプターを通してもファイルコピーの内蔵から外付けへで96パーセント、外付けから内蔵へでも85パーセントほどの速度です。



使用ケース 使用アダプター ポート ドライブ数 AJA System Test
Write Read
OWC Mercury Elite Pro mini USB 3.0 / eSATA 6Gbps Kanex eSATA 1 311.5 MiB/s 369.4 MiB/s
USB 3.0 298.5 MiB/s 310.3 MiB/s
なし 308.8 MiB/s 364.4 MiB/s

使用ケース 使用アダプター ポート ドライブ数 File copy
Int → Ext Ext → Int
OWC Mercury Elite Pro mini USB 3.0 / eSATA 6Gbps Kanex eSATA 1 309.9 MiB/s 371.0 MiB/s
USB 3.0 298.5 MiB/s 311.5 MiB/s
なし 308.8 MiB/s 367.4 MiB/s



続いてUASPモード対応のOWC Mercury Elite Pro mini Firewire 800 / USB 3.0の結果ですが、AJA System TestのWriteと内蔵から外付けへのファイルコピーではKanexのアダプター経由の方が速いという結果になりました。さすがにAJA System TestのReadと外付けから内蔵へのファイルコピーではUASPモード爆発と言う感じでアダプター経由では相手になりませんが、アダプターを経由するとどちらも84パーセント程度の速度はそう悪くないと思います。UASPモード対応のケースを使えばネイティブThunderbolt並みの転送速度になるという感じでしょうか。

このアダプターの購入を考えている方には大事な情報があるのでこの記事の一番下まで読んでくださいね。



使用ケース 使用アダプター ポート ドライブ数 AJA System Test
Write Read
OWC Mercury Elite Pro mini Firewire 800 / USB 3.0 Kanex USB 3.0 1 309.3 MiB/s 353.5 MiB/s
なし 306.2 MiB/s 419.7 MiB/s

使用ケース 使用アダプター ポート ドライブ数 File copy
Int → Ext Ext → Int
OWC Mercury Elite Pro mini Firewire 800 / USB 3.0 Kanex USB 3.0 1 297.5 MiB/s 361.6 MiB/s
なし 291.8 MiB/s 433.0 MiB/s




転送速度的には上出来なアダプターなのですが、一ついただけない問題が。バスパワーでUSB 3.0ケースを駆動させるとデスクトップにアイコンが表示されるのですが、電力不足でフリーズします。ケースを3つほど変えて検証しましたが、Samsung 830シリーズのSSDでは結果は全てフリーズ。HDDは試す気になれませんでした。この検証のUASP対応のケースは最初はセンチュリーの1分ボックスだったのですが、フリーズしてしまったので外部電源の使えるOWC Mercury Elite Pro mini Firewire 800 / USB 3.0に変更したという次第です。アダプターが軽量なだけにこれとUSB 3.0ポータブルドライブを持ち歩くということを考える方が多いと思うのですが、現状ではよほど電力をくわないドライブを使わない限りモバイル状況で使用することはできません。

追記 別のUSBポートから電源をとれるY字型ケーブルを使えばモバイルでも使用できますね。あまりやりたいと思いませんがcoldsweats01

追記2 Kanexのサイトでこの製品のFeaturesの一番下の図を見るとKanex 4-port USB 3.0 hubなどをすすめていますが、これはバスパワーの電力供給不足を知っいるから? まあ、普通は社内テストでこのぐらいのこと気づけないはずがないのですけどね。

« RAIDONのサイトがアップデートされて | トップページ | AnandTechがLaCie 2big Thunderbolt 2とRugged Thunderboltのレビューを »

コメント

Kanex Thunderbolt to eSATA + USB 3.0 アダプターについて検討してまして、全ての記事を拝見させて頂いています。
1つ質問なのですが、
Bootcamp上のWindowsで、このアダプターに接続したUSB機器はスリープ復帰後でも、普通のUSBハブの様に何もしなくても再度接続状態になりますか。

もしよろしければお聞かせ願いますか。

ringoさん、こんにちは。

残念ながらBootcampを現在使っていないのでわかりません。もしUSB 3.0だけが必要でしたら、このアダプターはバスパワーで確実に動く保証がないのであまりおススメめできませんねえ。最近Thunderbolt to USB 3.0のポートが一つだけのドングルが出たみたいですが、そちらの方が良いかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/56736660

この記事へのトラックバック一覧です: 転送速度検証 Kanex Thunderbolt to eSATA + USB 3.0 アダプター :

« RAIDONのサイトがアップデートされて | トップページ | AnandTechがLaCie 2big Thunderbolt 2とRugged Thunderboltのレビューを »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック