« USB 3.0製品が未だにあまりパッとしないのにThunderbolt製品は | トップページ | 香川選手先発メンバーではないですねえ... »

2014年4月 1日 (火)

さて、小保方某をトカゲの尻尾にして終わらせるのか、



それとも連帯責任にするのか。個人的には理研に限れば小保方某みたいな似非研究者を上司でありながら全く見抜けなかった笹井某が一番の責任を負うべきだと思いますけどね。彼が見抜いていればここまでいくことはなかった訳ですから。どんなに賞を取って有名な学者でも上司としての能力はゼロだったということ。

論文は誰がどの部分を書いたのか担当者を明確にすべきだと思います。笹井某がかなりの部分を書いたという噂が本当だったら、小保方某の責任なんて微々たる問題でしょう。

追記 予想はしていましたけどやはりトカゲの尻尾作戦に出ましたね。でも小保方某も何を考えているのか。若山教授に渡した細胞が別物だったとか言い逃れできないでしょう。これも単純なミスだと言い張るのでしょうか? 「STAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず」とか、ヒドすぎてもう誰も試験なんてしないと思いますけどね。まあいずれにせよ博士論文が取り消されればこの人が研究者としては出てくることないからどうでも良いんですけど。

« USB 3.0製品が未だにあまりパッとしないのにThunderbolt製品は | トップページ | 香川選手先発メンバーではないですねえ... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて、小保方某をトカゲの尻尾にして終わらせるのか、:

« USB 3.0製品が未だにあまりパッとしないのにThunderbolt製品は | トップページ | 香川選手先発メンバーではないですねえ... »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック