« 犠牲者の家族が言うならわかるけど | トップページ | 40GbpsでPCI-Express 3.0の次世代のThunderboltの情報が »

2014年4月22日 (火)

AJA System Testが10.5.1にバージョンアップ



していました。以前のバージョンではMountain Lion以降のOSをインストールされたMacの内蔵ドライブにアクセスできなくて内蔵ドライブの転送速度を測れなくなってしまっていたのですが、10.5.1では問題が解消されていました。ダウンロードはこちらへGo!

MacBook Airの内蔵ドライブは250GB中120チョイ使用していますが、まだまあまあの速度を保っています Writeは60GBぐらい使用前後から700MB/s を切ってしまいました。次のMacBookは内蔵ドライブの転送速度をもっと上げてくれないと、わたしみたいな一般の人間はThunderbolt 2も宝の持ち腐れでしょうねえ。普通のデータはRAID 0のHDDで最高でも220MB/s程度ですので今の速度でも十分すぎるのですが、やはり一回は検証でオーバー1000MB/sの世界を味わってみたいです


Ajast

« 犠牲者の家族が言うならわかるけど | トップページ | 40GbpsでPCI-Express 3.0の次世代のThunderboltの情報が »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AJA System Testが10.5.1にバージョンアップ:

« 犠牲者の家族が言うならわかるけど | トップページ | 40GbpsでPCI-Express 3.0の次世代のThunderboltの情報が »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック