« 「なぜイタリア人とオーストリア人の顔がアジア系の特徴を持っていると考えたのか」と言っても | トップページ | Windowsは7は良かったのに »

2014年3月11日 (火)

細胞ができるかどうかはどうあれ学術論文としては



完全にアウトというのがわたしの知り合いの研究員の方の見解です。「いくつかの誤り」ではなくて博士論文の画像については意図的な使用なので議論の余地はゼロだそうで、理研が論文を未だに撤回していないのはメンツにこだわっているからではないかと言っていました。こういう論文が通ってしまったのは査読した研究者が忙しかったりしてチェックはしてなかったのでしょうとのこと。今は少なくともネットに置いてあるものからコピペしたらすぐにわかるらしいです。学生にもそういうことやる人が多いらしくて残念なことですねえ。

« 「なぜイタリア人とオーストリア人の顔がアジア系の特徴を持っていると考えたのか」と言っても | トップページ | Windowsは7は良かったのに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 細胞ができるかどうかはどうあれ学術論文としては:

« 「なぜイタリア人とオーストリア人の顔がアジア系の特徴を持っていると考えたのか」と言っても | トップページ | Windowsは7は良かったのに »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック