« BaReFeatsが新型Mac Proの一番遅いのとLate 2013モデルのiMacの最も速いのを対決させていますが、 | トップページ | 忘れていましたが、StorageReview.comがG-TechnologyのG-DRIVE Mobile with Thunderbolt のレビューを »

2014年1月 2日 (木)

AnandTechがLate 2013 Mac Proのレビューを



掲載しています。PCIeフラッシュドライブの接続は依然としてApple独自のもののようで、速さの原因は他のところに...

Thunderbolt 2についての記事は興味深いですね。PCIe 2.0の限界とオーバーヘッドの為にThunderbolt 2の転送速度の限界までは出せないということで。まあ今の時点でもUSB 3.1をちょこっと上回っていますが、もし低価格でThunderbolt 1と同じぐらいの速度が出せるUSB 3.1外付けケースが出た場合、今の転送速度のままだと微妙な立場は変わらないでしょうね。ただ今の時点でUSB 3.0でもまともな製品が少ないのにUSB 3.1で安定動作する製品が出て来るには2年から3年かかるかのでは。その時にはThunderboltは3になっている可能性がありますね

« BaReFeatsが新型Mac Proの一番遅いのとLate 2013モデルのiMacの最も速いのを対決させていますが、 | トップページ | 忘れていましたが、StorageReview.comがG-TechnologyのG-DRIVE Mobile with Thunderbolt のレビューを »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AnandTechがLate 2013 Mac Proのレビューを:

« BaReFeatsが新型Mac Proの一番遅いのとLate 2013モデルのiMacの最も速いのを対決させていますが、 | トップページ | 忘れていましたが、StorageReview.comがG-TechnologyのG-DRIVE Mobile with Thunderbolt のレビューを »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック