« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

なんかココログの表示が壊れているみたいですねえ...



WEBページのリンクがというか右側が全て消えてしまっています...

2013年4月26日 (金)

StorageReview.comがWD5000MPCKのレビューを



掲載しています。性能はLPVTと同じぐらいかな?

こういう製品は本当に技術の進歩を感じますが、現在の容量ではあまりうれしくないですねえ...

OYEN DIGITALのMiniProを



2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめページにもアップしておきました。

RAIDケース兄弟比較!inXtron Taurus Mini Super-S vs. OYEN DIGITAL MINIPRO DUAL DRIVE RAID (inXtron Taurus Mini Super-S3)



やっとFirewire 800、USB 3.0、eSATAの三種の神器が揃ったケースが手に入りました しかもUSB 2.0の世代の兄弟分のケースを持っているので早速比較検証。比較はどちらのケースにも付いているFirewire 800とeSATAで行いました。Firewire 800が搭載されていないMacBook Airでの検証ですのでFirewire 800はAppleのThunderbolt to Firewire Adapterを使っての検証です。このアダプターを使ってどの程度Firewire 800が使えるのかを見てやろうという意図もあります。まずはいつも通り検証条件をどうぞ。


検証環境
• 機種
PC: ZOTAC nano AD10 1.6 GHz 8GB
Mac: MacBook Air 5.1 (Mid 2012) 1.7 GHz 4GB
• システム
PC: Windows 8 Pro, Ubuntu 12.10
Mac: Mountain Lion (10.8)
• 内蔵ドライブ
PC: Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128
Mac: Apple SSD TS128E (128GB, MacBook Air)
• 外付けドライブ (RAID 0)
HDD: HSGT Travelstar 7k1000 (1TB, 7200 rpm) x 2
SSD: Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128 x 2
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
OS内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
Windows NTFS NTFS
Linux ext4 ext4
OS X HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB x 1
• 使用ポート
Firewire 800(Macのみ, Apple Thunderbolt to Firewire Adapter)
eSATA(PCのみ,  マシン搭載ポート)
USB 3.0(Macのみ,  マシン搭載ポート)

続きを読む "RAIDケース兄弟比較!inXtron Taurus Mini Super-S vs. OYEN DIGITAL MINIPRO DUAL DRIVE RAID (inXtron Taurus Mini Super-S3)" »

2013年4月25日 (木)

Firewire 800、eSATA、USB 3.0の三種の神器が揃ったOYEN DIGITALのMiniPro 2-Bay Portable RAIDこと



inXtron Taurus Mini Super-S3が到着しました。無事動きました 液晶パネルはTaurusではなくしっかりMiniProの表示です。

Oyen_raid_lada_2

兄弟のTaurus Mini Super-Sにそっくりですが、ポートの位置等細かく変わっています。転送速度検証は後ほどアップします。

Jamforelse

もうここまで来たらニューMacは全てWWDCで



発表でしょうねえ。目玉はMac Proでしょうか?ノートブックはRetinaじゃないモデルを残すのかどうかが気になりますね。13インチのRetinaは相変わらず売れていないみたいですし、今年一杯ぐらいは残しそうな気がしますけど。Retinaモデルは価格をグッと下げて欲しいですね。あとAirのディスプレイがどうなるかも気になります。Mac miniとiMacはまだモデルチェンジしない気がしますがどうでしょう。

気づいていませんでしたけどHPってThunderbolt搭載のノートブックを



出していたんですねえ あれだけ消極的だったHPが搭載したことでもう慌てて買う必要はなさそう。大手で出していないのはDELLぐらいですかね。

2013年4月24日 (水)

5ミリ厚のHDDまで出ましたが、



今後SSHDの将来が明るいかと言うとそうでもないと思うんです。洪水の時に小容量といえどもSSD採用が一気に進んでしまったのが今となってはかなりイタいですよね。WDのWD5000MPCKにしても正直なところどこまで食い込めるかなというところでしょう。Appleは独自のFusion Driveを出してしまいましたし、ノートでは旧世代のモデルにしかHDDを使っていないですから。PC側ではまだなんだかんだ言っても食い込む余地があるでしょうけど、それもそれほど長くは続かないかもしれませんね。例えばIntelのUSB 3.0はデキが良いから、マシンの内蔵ドライブを大きくしなくて大容量のドライブは外付けで持ち歩いて使ってもそれほど不便でないんですよね。ただHDD側でも技術がどんどん進化するということは非常に喜ばしいことですけどね。 2.5インチでテラバイトの7200rpmドライブはやはりHGSTのTravelstarが最初で最後ですかね。5ミリ厚のドライブは当面はOEMでしか出さないみたいですし、7ミリ厚で出るはずのテラバイトモデルもOEMでしょうねえ。9.5ミリ厚でWD Blackのテラバイトのモデルを出してくれないかなあ...ダメ?

北朝鮮が何かやったらそれに乗じて中国も



何かやってきそう。最後はやはり武力衝突かな。 今のところはアベシは良くやっているのではないでしょうか。こんなことを言うことになるとは思っていませんでしたが、正直なところ民主党政権でなくて良かった...

2013年4月23日 (火)

Western Digitalが5ミリ厚のHDDのWD Blueを発表!



とうとう来ましたね!Blueは型式番号はWD5000MPCK、内部接続はSATA 3.0、キャッシュは16MBです。推奨価格は89ドルみたいです。現在はOEM専用みたいです。一応詳しい情報はBlueのみですが、Blackも言及されています。HDDがBlueで、SSHDがBlackでしょうね。

2013年4月22日 (月)

eSATA、USB 3.0、Firewire 800の三種の神器が揃ったブツが



すゔぁりえに到着したようです 前回の三種の神器が揃ったBYTECCのケースは最悪でしたので、今回はしっかり動いて欲しいですねえ...

2013年4月16日 (火)

NAB 2013に展示されたThunderbolt製品の一覧が



アップされていました。全てのThunderbolt製品はMacで動いて、青印の製品はPCでも動作の認証を受けています。ということで、日本で売っているWindowsしかサポートしてないThunderbolt製品は完全にディーラーの都合(=サポート能力がない)ということですね。そういうところからは買わない方が良いでしょう。こちらのPDFを見れば現状と今後の展開が簡単に見れます。

リストの製品で興味深いものを発見!なんとこのブログでおなじみのOyen DigitalがThunderboltケースを出すみたいです。ということはinXtronがNeutrinoとは別のをそろそろ出すのかな。

CalDigit製のThunderbolt接続ドッキングステーション



CalDigit Thunderbolt Stationが日本でも夏に25,200円で発売になります これでBelkinのドックは発売中止決定かな?

2013年4月14日 (日)

Western DigitalのSATA 3.0対応のWD Blueのスペックが英語のページにも



アップされていました。型番最後の文字がTは3G、Xが6G対応なんですね。WD Blackはまだ6G対応のモデルが出ていないですが、もしかしたらそろそろハイブリッドが出るのでそれに合わせて6Gに対応するのでしょうかね。

2013年4月13日 (土)

3種の神器を備えた秋葉館のMacbeth Mini G800ですが、



写真を見るとUSB 3.0は禁断のA端子を使うみたいですねえ。まあDeLOCKのUSB 3.0兼eSATApみたいなのもあるので、A端子だからどうっていうこともないのですけど。

RAIDケースの方は相変わらず不作ですが、シングルドライブケースはMacbeth Mini G800だけでなく徐々に安くて良さそうなケースがいろいろ出てきましたね 幸いにして在庫切れの品が多いのでまだ大丈夫ですが、来月辺りはまたポチポチしてしまいそうな予感...

2013年4月12日 (金)

秋葉館からeSATA/FW800/USB3.0と三種の神器が揃った2.5インチドライブ用外付けケースが



発売になっていますね。内部接続はSATA 3.0で12.5mm厚のドライブもサポートして、PLX社製チップ採用。価格は¥7,980だそうです。友人が日本に行くみたいなのでお土産にお願いしよ

2013年4月11日 (木)

2.5インチのWD BLUE 1TBが



SATA 3インターフェースに変更されましたが、何か理由があるのでしょうかね?この情報は今のところ日本語のページだけにしか載っていないみたいです。そろそろハイブリッドの発表もあっていい頃だと思うのですが...

2013年4月10日 (水)

CalDigitがThunderbolt Stationを



もうすぐ発売するみたいですね。これでBelkinのドックは発売取り止めかな 出しても誰も買わないでしょうねえ。

G-TechnologyからG-DOCK ev with Thunderboltなんていうのが



出ていたんですねえ なかなか良さそうですが、G-DRIVE evとG-DRIVE ev PLUS以外はうまく入らないでしょうねえ。G-DRIVE evはテラバイトのTravelstarの7200rpm版でしょう。136MB/sということですが、このブログの転送速度検証でもこれに近い数値が出ています。G-DRIVE ev PLUSは幅は同じで厚みがあり250MB/sということですからSSDを搭載しているのでしょうねえ。このせっとプロ用にはかなり良さそう

2013年4月 9日 (火)

Thunderboltコントローラーが来年から2倍の速度のFalcon Ridgeに



Falcon Ridgeになります 20Gbpsで「Intel says that the controller will allow 4K file transfers and 4K playback simultaneously」ということなのでかなり期待ができそうですが、今までの高いThunderbolt製品に投資してしまった人達にはイタいニュースかも Intelからチップさえ出れば速度はほぼ保証されているようなものですから後はケーブルですね。また高くなるのでしょうか?今でもケーブルのチップ部分の発熱はかなりですが、20Gbpsで大丈夫なのかな...

2013年4月 5日 (金)

HDD-Fanというサイトが



オープンしていますね。情報がまとまって手に入るのはわたしみたいなWDファンにはありがたいですし、自作PCのやり方をステップ毎に紹介とか初心者にとっても敷居が低いし有益な情報があります。期待大♪

2013年4月 4日 (木)

SonnetがEcho 15 Thunderbolt Dockを



発表しましたね。これは久々に欲しくなりましたよん。皆さんこういうThunderbolt接続のDockを待っていたのではないでしょうか。でもこれまでの経過を考えるとThunderbolt関連の製品は本当に発売になるまではあまり期待しない方が良いかな SUNIXの似たようなコンセプトのDockは展示品だけで終わってしまいましたし。でもEcho 15がすんなり出てしまったらBelkinのDockは発売する前に発売中止に追い込まれる可能性がありますね(爆) 少なくとも価格を更に下げないと誰も買わないでしょうねえ。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック