« Windows 8でもeSATAが200 MiB/sの壁を越えられない理由は | トップページ | ONNTO RS-S2TJの転送速度データを »

2013年3月23日 (土)

tom's HARDWAREでもの凄い規模のThunderboltの検証を



やっていたんですねえ。かなり興味深い結論です。まずは「Well, first off, we may have stumbled onto an undocumented bug in Mac OS, which is pretty cool.」とのこと。詳しくは記事を読んでください。

で、重要なのが「In our minds, though, the biggest find here is identifying Thunderbolt’s performance ceiling. It’s quite clear to us that very high-bandwidth tasks, such as 4K video editing, will require either moderate SSD arrays or large hard drive arrays to be balanced across at least two Thunderbolt ports. And if those applications require more than 1,200 to 1,300 MB/s of throughput? Then you’re out of luck with dual-port Thunderbolt, and it’s better to know that now than find out in the middle of a critical job.」。これ、例のここには絶対に書けないものを大量に編集している人が言っていたことと全く同じ。Thunderboltなんて口走っただけで思いっきり憐憫の目で見られてしまいましたからねえ こういう世界で飯食ってなくて良かったと思った次第です〜

« Windows 8でもeSATAが200 MiB/sの壁を越えられない理由は | トップページ | ONNTO RS-S2TJの転送速度データを »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: tom's HARDWAREでもの凄い規模のThunderboltの検証を:

« Windows 8でもeSATAが200 MiB/sの壁を越えられない理由は | トップページ | ONNTO RS-S2TJの転送速度データを »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック