« Ars TechnicaにZFS関連の | トップページ | 「日本の右傾化ブレーキ狙い」って »

2013年2月14日 (木)

dynabook Satellite T772の内蔵ドライブが



1TB HDD(5,400rpm、Serial ATA対応)+ NAND型フラッシュメモリ 8GB(32nm SLC)となっていますが、どういう構造になっているのか気になりますね。

« Ars TechnicaにZFS関連の | トップページ | 「日本の右傾化ブレーキ狙い」って »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dynabook Satellite T772の内蔵ドライブが:

« Ars TechnicaにZFS関連の | トップページ | 「日本の右傾化ブレーキ狙い」って »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック