« AkitioのNeutrino Thunderbolt Editionですが、中華なバラしレビューを その2 | トップページ | EyeTV Hybridで録った映画とTV番組を »

2012年11月 1日 (木)

CENTURYの1分BOXが凄いし好感が持てるのは、




転送速度は最初から実測値を表示して勝負しているということですねえ。まあここまで速いと理論値を表示してごまかす必要がないとも言えますが。こんな性能のケースがあれだけ安い価格で手に入るのですから凄い時代になったと思います。でも来年、再来年はこれが普通になってしまうんでしょうねえ。

一つ気になっているのが「本製品からのOS起動はサポートしておりません。」という表示。これはチェックしてみないといけませんが、未だにApple パーティションマップを使えなどというBUFFALOのHD-PATU3Sと違って今のOS Xを起動できない理由が見つからないんですけど...

個人的にはこのケースのおかげで目が覚めてというかThunderbolt熱が冷めて、昨日も書きましたけどThunderbolt接続外付けドライブやケースを買う基準が一気に厳しくなりました。Thunderbolt接続というだけではもう全然ダメ。ずっとThunderbolt接続外付けケースを待っていたのである意味すごく寂しいような気もしますけど、Elgatoのポータブルドライブみたいな高くて遅いThunderbolt接続外付けドライブを所有して名ばかりのThunderboltの世界に満足するよりは健康的かな...

« AkitioのNeutrino Thunderbolt Editionですが、中華なバラしレビューを その2 | トップページ | EyeTV Hybridで録った映画とTV番組を »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CENTURYの1分BOXが凄いし好感が持てるのは、:

« AkitioのNeutrino Thunderbolt Editionですが、中華なバラしレビューを その2 | トップページ | EyeTV Hybridで録った映画とTV番組を »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック