« 「借りとけ裏か軸」その3 | トップページ | 激突 Thunderbolt vs. USB 3.0!!! その4 LaCie Rugged USB3 Thunderboltによる検証 »

2012年10月17日 (水)

LaCie Rugged USB3 Thunderboltインスタントレビュー



ということで簡単なレビューです。

LaCie Rugged USB3 Thunderbolt

まずは名称なんですが、Apple Storeでは「LaCie 1TB Rugged Thunderbolt/USB 3.0 Hard Drive」となっています。AppleがThunderboltを打ち出したいのはわかりますが、OEMでもないのに名称を変えてしまうのはどうでしょう。

先ほどちょこっと覗いてみたのですが、ELECOMでも日本のApple Storeでもまだ売っていないですね。日本でも発売になったらこれのSSD120GB版がおそらく一番安いThunderboltポータブルドライブになると思います。本当はわたしもSSD120GB版が欲しかったです。

パッケージの内容はドライブ本体、Thunderboltケーブル(0.5メートル)とUSB 3.0ケーブル(0.6メートル)、LaCieのペラ広告、パッケージの一部を兼ねたQuick Install Guideです。256ビットの暗号化とバスパワー駆動をサポート。付属ソフトはドライブにインストーラーが保存されていて、インストールするとデスクトップにLaCieのフォルダーができて、その中にバックアップソフト、暗号化フォルダー、クラウドフォルダーなどができます。

ケースはアルミの部分は手触り上ですし、バンパーの部分は安心できる厚みです。でもバンパーが良くても稼働中のHDDはやはり落としたらダメでしょうねえ。SSDが入っていたら本当に気軽に使えるドライブになると思います。

さて肝心の性能ですが、早速簡単に転送速度を検証してみました。まずは検証環境をどうぞ。

転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2012 (4GB)
• システム
Mac OS X Mountain Lion (10.8.2)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD TS128E
• 外付けドライブ:LaCie Rugged USB 3 Thunderbolt
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFS+
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート(マシン搭載ポート)
Thunderbolt
USB 3.0

こちらがAJA System Testの結果です。

ドライブ名 使用ポート AJA System Test
Write Read
LaCie Rugged USB 3 Thunderbolt Thunderbolt 112.3 MiB/s 114.6 MiB/s
USB 3.0 110.0 MiB/s 112.1 MiB/s

こちらがファイルコピーの結果です。

使用使用ケース/アダプター 使用ポート File copy
Int → Ext Ext → Int
LaCie Rugged USB 3 Thunderbolt Thunderbolt 111.3 MiB/s 115.1 MiB/s
USB 3.0 106.7 MiB/s 112.5 MiB/s

如何でしょう。テラバイトの5400rpmドライブとしては標準ではないでしょうか。Thunderboltの方が少しだけ結果が良いですが、これはたまたまでしょう。このぐらいの差だと次に計測したら全く逆の結果になると言うことも十分にありえます。

さて、このBlogの読者だったら一番気になるのが、まずはケースをバラすことができるのかどうかではないでしょうか。LaCieのケースは昔から使い回しのできないのが多いですからねえ。あと保証がどうなるのかもかなり気になるのでは。この辺りは

ではなくて、下のリンクから続きをご覧ください

ジャーーーーン。簡単にバラせました 中のドライブを留めているネジを4本抜き、インターフェース部分のプラスチックカバーの留め具になっている部分を押し込むと外せます。ということで、このドライブのケースは何も壊すことなく使い回しができます。ただプラスチックのインターフェースカバーはあまり何度も付けたり外したりするとそのうち壊れてしまうでしょうねえ。

LaCie Rugged USB3 Thunderbolt

で、内蔵ドライブですがシーゲートがサムスンからそのまま取り上げたHN-M101MBBでした 以前に買ったものより性能は良くなっていますね。

SATAインターフェースの部分に貼ってある封印を破ると保証が無効になります。

LaCie Rugged USB3 Thunderbolt

基盤の裏はこんな感じ。フィルムで覆ってあって中身はわかりませんが、あまり手でベタベタ触らない方が良いでしょう。

LaCie Rugged USB3 Thunderbolt

で、この後いつもだったらSSDでもぶち込んで検証なのですが、封印を破ってしまうと保証がなくなりますからねえ。届いてその日のうちに保証を失うというのも...さて、どうしたものか...




« 「借りとけ裏か軸」その3 | トップページ | 激突 Thunderbolt vs. USB 3.0!!! その4 LaCie Rugged USB3 Thunderboltによる検証 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LaCie Rugged USB3 Thunderboltインスタントレビュー:

« 「借りとけ裏か軸」その3 | トップページ | 激突 Thunderbolt vs. USB 3.0!!! その4 LaCie Rugged USB3 Thunderboltによる検証 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック