« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

AkitioのNeutrino Thunderbolt Editionですが、中華なバラしレビューを その2



また見つけましたよん! やはり速いですねえ、これだったら1分BOXに勝てるかも でもコストパフォーマンスでは絶対に勝ち目がないですけど...

私信 例の件ですが、単純に転送速度をドライブ数で割ってみてはいかがでしょう。LaCieの新しいLittle Big DiskのSATA III SSDみたいに6Gだったら6GのSSDを入れてRAID 0で600 MiB/s以上、2で割ってドライブ当たり300 MiB/s以上は出るでしょう。出ていなかったら3Gの速度しか出ないのかSSDが極悪な性能のものかどちらかだと思います。Writeで300 MiB/s未満だったらシングルドライブでも300 MiB/s以上出る現在ではやはり遅いと言わざるを得ませんねえ。とは言っても精神的に充分耐えられる速度でしょうけど...

私信2 すゔぇんすかではdatorですけど、どちらかというと省略形と思われるdataの方をよく使います。紛らわしいでしょ 

AkitioのNeutrino Thunderbolt Editionですが、中華なバラしレビューを





見つけました

さすがinXtron、造りがしっかりしています。SSDはIntel製。SSDまでバラす必要はないと思いますが AJA System Testであれだけ出ていると言うことは期待できますねえ。ますます欲しくなりました!

それにしても遅いThunderboltドライブは欲しくないなどと言うのは半年前には絶対に考えられなかったような贅沢な話ですねえ。Goflexアダプターで300 MiB/sをドカーンと突破して1年ぐらいは300 MiB/s台かなと思っていたら、CENTURYの1分BOXがUSB 3.0で400 MiB/sを突破したせいでThunderboltに対する要求の度合いがガ〜ンと上がって、6GのSSDを入れたらシングルドライブでも最低でWriteで310 MiB/s以上、Readで440 MiB/s以上でないと買う気になれないという感じ。RAIDだったらこの倍は出て欲しいとかいい加減にせーよみたいな 実際携帯用のドライブはもう完全にWriteで310 MiB/s以上、Readで440 MiB/s以上の世界です。まあバックアップなどでは容量とかを考えるとHDDを使わざるを得ないし、嫌いな3.5インチを使わずに2.5インチのドライブでやり繰りしようとすると200〜250 MiB/sくらいが落ち着きどころかなと思いますけどね。

2012年10月30日 (火)

AkitioのNeutrino Thunderbolt Editionは試してみたいですねえ



本当にAkitioのサイトに掲載されているような転送速度が出るのか知りたいです。もし出るとしたらSeagateのGoflexアダプターやLaCieのRugged USB3 Thunderboltに使われているThunderboltチップが遅いということになりますね。

ベンチの結果次第ではDrobo Miniとかも買っても良いかなと思っていますが、本当に転送速度次第ですねえ。Goflexアダプターと6GのSSDの組み合わせでシーケンシャルのWriteが310 MiB/s程度、Readが380 MiB/s程度ですので、SSDを四つも使ってこれと同じ程度だったら買いたくないです。手持ちのMacBook Airの限界が500 MiB/sということはおいといて、今後5年ぐらい使うとして最低倍近い転送速度は出て欲しいですねえ。

あ〜、やはりScott Forstall氏は





残れないんですね。一時は将来のCEOとか言われていたと記憶していますが。ただ他社のマップを使えとCEOに言わせるくらいマップ問題がヒドいのに何もないのは変だなあと思っていましたけどね。

個人的にはここで彼に意地でも残ってもらってマップアプリを完璧に仕上げて欲しかったですけど...

ZOTAC nano AD12を凄く安い価格で見つけんたんですが、





どうしようか迷っています。次はADではなくてIDの方が欲しいなと思っていますので。でもAD12を買ってAMDのネイティブなUSB 3.0も試してみたい気分。迷います...

2012年10月29日 (月)

LaCie Little Big Disk Thunderboltの転送速度ですが、



記憶に頼ってあまりいい加減なことを書くのもこのBlogを参考にしている方に失礼なので検索して調べてみました。こちらのAnandTechのKristian Vättö氏の記事によると2big ThunderboltとLittle Big Disk ThunderboltはSATAコントローラーがボトルネックになって3Gb/sの速度ということです。ただこの記事は今年の初めに掲載されたものですし、下の写真で確認していただけるようにわたしが買ったRugged USB3 Thunderboltは6G対応しています(今はサムスンの830シリーズのSSDを入れて使っています)。

Lacieruggedusb3tb


と言うことで、最新のLittle Big Diskについて同じことが言えるのかどうかはわかりませんが、例のウハウハは古い世代のLittle Big Diskの在庫でしょうから、内蔵ドライブを6G対応SSDに換えても6Gb/sの速度が出ないのはほぼ確実でしょう。出たという報告はどこのフォーラムにもないですし。6Gb/sの速度達成のための残る手だてとしてはLittle Big Diskをデイジーチェーンでいくつも数珠繋ぎにしてRAID0を作る以外にないでしょうが、全くLittle Bigなありがたみのないその光景はけっこう情けないかも

以上。ということで、このBlogではこの件をこれ以上調べることはありません。

新しいMac miniを買ったとしたら





手始めにやるのは内蔵ドライブの交換ですが、Fusion Driveで注文するかどうかはどこかがバラしたのを見てからでないと怖くて決められないです 決定事項はWD20NPVTを入れるということだけで、後は未定です。海外には2011年型のminiにWD20NPVTとSSDを両方入れている豪傑もいるみたいですし入るのでしょうけど、どうせSSDも入れるんだったらFusion Driveに出来たら最高ですからね

2012年10月27日 (土)

「文句は言わさん」って、本当だったらかなりヒドい...





ゴッドファーザーの例の名台詞の日本語訳らしいですけど。先ほどネットで全然別のことを調べていたら目に留まってしまいました。訳した人はあれが何で名台詞なのか全然わかっていないんでしょうねえ。字幕ってヒドいのが多いですけど、特に映画の内容に繋がらない意訳は最悪。それだったらむしろ逐語訳の方がマシ。

危うく返送されそうになった例のブツですが、ドイツから奥睿科的硬盤保護盒とやらを一つ





注文して届いていたのを忘れていただけです。何それ?それは下のリンクから続きをご覧ください

続きを読む "危うく返送されそうになった例のブツですが、ドイツから奥睿科的硬盤保護盒とやらを一つ" »

何とか間に合いましたけど、





疲れきっているのでアップは明日になりそうです しかしたかが10ユーロのブツのために友人に車で来させてしまうと、言い訳に困りますね 今回は取りあえず付けということにしてもらいました。

しまった!今日が受け取り最終日のブツを






すっかり忘れていましたよん LaCieのRugged USB3 Thunderboltより少し前に届いていたのにLaCieでThunderboltに一区切りしたのでころっと忘れていました...間に合うかな〜 こんなの普通は書く時間がないですけど、友人の車を待つ間にアップ!

2012年10月26日 (金)

13インチMacBook ProのRetinaディスプレイモデルのバラしをiFixitが




アップしていますねえ。バッテリーの処理は15インチよりはマシですけど、やはりまだ病的かな...

あっ、Windows 8のデビューだったんですねえ





案の定Appleのイベントに気を取られてすっかり忘れていました Windows 7のSP2は出ないのかな?困ったなあ。皆が8に買い替えた頃に出たりして

2012年10月25日 (木)

新型iMacの21.5インチモデルは本当にユーザーがメモリー増設をすることが






できないんですねえ。できないって書いてはないのですが、27インチモデルには「four user-accessible SO-DIMM slots」って書いてありますからねえ。MacBook Airだったらまだわかりますけど、デスクトップでこういうのは正直好きじゃないなあ。ユニボディのMacBook Proで内蔵ドライブやメモリーの交換が楽になって安心していましたけど、今年のモデルから一気に退化した感じ。

やはりどこもFusion Driveの話題で




盛り上がってますねえ まだ情報が少なすぎますけどね。

Fusion Driveを使ったMacを売るということは、少なくともMountain Lionと付属ソフトのインストールは問題なくSSD側にできるということなんでしょうね。ということは、インストールプログラムは内蔵ドライブがFusion Driveなのかそうでないのか見分ける方法があるのでしょう。そうなってくるとかなりエゲツない手口を使わないとApple純正以外はダメということも十分にありえますねえ...

これでHDDメーカーのハイブリッドドライブは必要なくなってしまいましたね。SSDは独自形状だし、ハイブリッドドライブも独自だし、既存の型を破るのは良いのですけど、Macのパーツを交換する楽しみはもうほとんど残っていないですねえ...

こちらに「The version of Disk Utility that comes with Fusion Drive is unique. Earlier versions of Disk Utility can't be used with a Fusion Drive.」と書いてありますので、しばらくは新しいiMacとMac miniでしか実験できませんねえ...

PC Watchの【西川和久の不定期コラム】でバッファローのHD-PATU3Sのレビューが






掲載されていますが......遅い....まあ、このIvy Bridgeの時代にテスト環境もテスト環境ですが、環境を変えればもう少しましな結果が出そうな気がします。

バラしていますけど、ケースの構造が変わって壊すことなくバラせるようになったのかな。そうでなかったら真似する人が出ないように一言書くべきだと思いますけどね。

あと「なお、Thunderbolt接続時は、Mac OS Xのブートドライブにもする事が可能だ。」とあったのでUSB経由で本当に起動できないの?と思ってHD-PATU3シリーズ ユーザーズマニュアル 初版を見たら、Macでの使用に関しては起動のことは何も書いていません。が、フォーマットで「Apple パーティションマップ」を使えと書いてありましたのでこれが原因かな。でもねこれだとThunderbolt使ってもIntel Macで起動できないと思うんですけど...本当にGUIDパーティションテーブルが使えないのならこのドライブは絶対にお勧めできませんねえ...

2012年10月24日 (水)

やっとFusion Driveが出ましたね!



途中で外出していたので見逃していました iMacだけかと思ったらMac miniでも選べます!miniのHDDは2.5インチでしょう。完全にハードなのかそれともソフトでできるのか、どういう構造になっているのかが気になります このBlog的には一番興味があるネタですねえ。

追記 ソフトでやるんですね。ということは、誰かがそのうちApple純正以外のSSDとHDDの組み合わせでやる方法をアップしてくれるかな

追記2 ユーロで250はちょっと高いですねえ...

追記3 やっと出たと書きましたが、一番最初にこの手の話を読んだのは本田雅一氏の「週刊mobile通信」の2010年10月25日の記事でした。ノートブックではないですが、本当に「HDDとSSDが1つのストレージに見えるような仕掛け」が出ましたね。

Ars TechnicaによるとCore Storageでやっているのだろうとのことです。やはりそうかという感じ。

ドカッとキましたねえ〜♪



Mac mini注文しようかな。

他のMacはいつものことですが、旧モデルが一気に古く感じてしまうデザインはさすが!
今回のminiはUSBが3.0に変わっただけで、Firewireポートが付いているんですね!Firewireポート搭載は最後だろうし買いかな。要らないと言えば要らないのですが、あればあったで便利でしょうし。悩むなあ...

2012年10月23日 (火)

今日のイベントはけっこう情報が



漏れてますねえ。まあメインはiPad mini(?)で間違いないでしょう。

さっ、今日は何が出るのでしょう?



個人的にはMac miniに期待です。でもまだ買うかはわかりませんが...

会場の写真を見るとカラーの使い方が凄いから、カラフルな製品は間違いないでしょう。Macはサイレントアップデートかな。しかしこのタイミングだとWindows 8のニュースは下手すると喰われるでしょうねえ(笑)

外付けドライブをどう使うかなんて



自分で決めれば良いんではないでしょうか。お金に余裕があるんだったら例のウハウハのThunderboltドライブを10個ぐらいまとめて買ってRAID10でスーパーストレージを構築したっていいし、それをUSB 2.0の転送速度ですむようなファイルの保存先にするのも本人の自由でしょ。アドバイスを求められてもいないのに他人の使い方に口出しするのは、自分に買うお金がないから拗ねているだけではないでしょうか。ガタガタ言われたら「ただの道楽ですから」とでも言ってやったらどうでしょう

2012年10月22日 (月)

Drobo miniのヨーロッパでの価格が



699.99ユーロに決まりましたね。これでUSB 3.0がUASPモード対応だったら買ってもいいかなと思うんですけど、対応していないでしょうねえ...

ONNTOのThunderbolt製品が遅れているのは



Windows用のThunderboltデバイス認証をパスするためみたいですね。ということで不良チップのせいではないみたいです。もしかして他も同じ理由で遅れているのかな?

2012年10月20日 (土)

シルクロード経由で






旅立ったブツは何処かに消えてしまったようです 尖閣事変が影響したかな

えーっ、例のパクンチョらしき人は



コメントは気が向かないと返事をしなくなってしまったんですか?わたしが見にいった時は何でも答えるから気軽に質問して欲しいというようなことが書いてあったと記憶していますが(爆)取りあえず絶対に関わりたくないのでこの件はもうおわりにしましょう。今思い出しても背筋に寒いものを感じてしまいます...

SSDのRAIDでThunderboltだったら



Writeで450 MiB/s以上、Readで600 MiB/sぐらいは出て欲しいですねえ。だってGoflexやLaCie Rugged USB3 ThunderboltでさえWriteで300 MiB/s以上出るんですから。あっ、でもMacBook AirのSSDが500 MiB/s強までしかついて行けないですけど...誰かAcer Aspire S5で計測してくれないですかねえ... ちなみにサムスンの830 MZ-7PC128に入れ替えたLaCie Rugged USB3 Thunderboltですが、ポータブルドライブとはこうあるべきではないかと思うぐらいにあらゆる面で非常に快適です。USB 3.0の方がThunderboltより速いので、MacBook AirではThunderboltを使う状況がUSBポートが二つとも塞がっている時以外はないというイタい面もありますが...USB 3.0しか使わないのだったら例の最速の1分ボックスを使えばと言われそうですが、Thunderboltポートが付いていた方がカッコいいじゃないですか

もうすぐ出そうな新型Mac miniですが、



USB 3.0ポートが二つしかないとかいうことだったら買わないでその次待ちです。少しでも息の長い製品が好もしいですから。

ウハウハですが、



Negotiated Link Speedが3Gということだったら、旧モデルのMacの問題では?ファームウェアが出ていたような気がします(未確認)。Mid 2012型のMacBook ProやMacBook Airにウハウハの中身を6G対応のSSDに換えて繋げれば問題なく6Gの速度で動くと思います。動かなくても責任は取りませんけど

2012年10月19日 (金)

NECからThunderboltポート搭載の



ノートブックデスクトップが出ましたねえ どちらもポートは一つだけで一番高いモデルですが、それでも普及のためには良いことだと思います。クリスマス後ぐらいには売れ残りのThunderboltポート搭載のマシンが出回るかなあ... おっとドスパラからもThunderboltを2ポート搭載したデスクトップPCが出たんですねえ。

LaCie Rugged USB 3 Thunderboltを外付けケースの



まとめページの方へアップしておきました。ポータブルドライブということで完全に外道ですが、内蔵のドライブを交換したので外付けケースとして扱っても良いでしょう。

2012年10月18日 (木)

例の「ウハウハな商品」ですが、



知り合いからメールが来て「もしかしたらSATAが3Gかも」とのこと。もしそうだとしたらこれはやはり在庫一掃セールではないでしょうか。SATAが3Gの場合転送速度はあまり期待できないでしょうねえ。まあそれでも1万円でPCマシンのeSATA接続RAIDケースの代替え品を買うと考えれば良いのではないでしょうか。それに2011年型のマシンではUSB 3.0は使えないのですし、買って損ということはないと思います。

激突 Thunderbolt vs. USB 3.0!!! その4 LaCie Rugged USB3 Thunderboltによる検証




LaCieのドライブの封印をなんとかきれいに取ろうとして細身のドライバーでゴニョゴニョしていたんですが、手が滑って封印にドライバーの先が命中!「プスッ」と封印が切れてしまいました ということで新品のLaCie Rugged USB3 Thunderboltの保証がはやくも無効に 今後壊れないことを祈りつつ検証です...

まずはいつも通り検証環境からどうぞ。

転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2012 (4GB)
• システム
Mac OS X Mountain Lion (10.8.2)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD TS128E
• 外付けドライブ:Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート(マシン搭載ポート)
Thunderbolt
USB 3.0
• 外付けケース:

結果は下のリンクから続きをどうぞ。


続きを読む "激突 Thunderbolt vs. USB 3.0!!! その4 LaCie Rugged USB3 Thunderboltによる検証" »

2012年10月17日 (水)

LaCie Rugged USB3 Thunderboltインスタントレビュー



ということで簡単なレビューです。

LaCie Rugged USB3 Thunderbolt

まずは名称なんですが、Apple Storeでは「LaCie 1TB Rugged Thunderbolt/USB 3.0 Hard Drive」となっています。AppleがThunderboltを打ち出したいのはわかりますが、OEMでもないのに名称を変えてしまうのはどうでしょう。

先ほどちょこっと覗いてみたのですが、ELECOMでも日本のApple Storeでもまだ売っていないですね。日本でも発売になったらこれのSSD120GB版がおそらく一番安いThunderboltポータブルドライブになると思います。本当はわたしもSSD120GB版が欲しかったです。

パッケージの内容はドライブ本体、Thunderboltケーブル(0.5メートル)とUSB 3.0ケーブル(0.6メートル)、LaCieのペラ広告、パッケージの一部を兼ねたQuick Install Guideです。256ビットの暗号化とバスパワー駆動をサポート。付属ソフトはドライブにインストーラーが保存されていて、インストールするとデスクトップにLaCieのフォルダーができて、その中にバックアップソフト、暗号化フォルダー、クラウドフォルダーなどができます。

ケースはアルミの部分は手触り上ですし、バンパーの部分は安心できる厚みです。でもバンパーが良くても稼働中のHDDはやはり落としたらダメでしょうねえ。SSDが入っていたら本当に気軽に使えるドライブになると思います。

さて肝心の性能ですが、早速簡単に転送速度を検証してみました。まずは検証環境をどうぞ。

転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2012 (4GB)
• システム
Mac OS X Mountain Lion (10.8.2)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD TS128E
• 外付けドライブ:LaCie Rugged USB 3 Thunderbolt
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFS+
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート(マシン搭載ポート)
Thunderbolt
USB 3.0

こちらがAJA System Testの結果です。

ドライブ名 使用ポート AJA System Test
Write Read
LaCie Rugged USB 3 Thunderbolt Thunderbolt 112.3 MiB/s 114.6 MiB/s
USB 3.0 110.0 MiB/s 112.1 MiB/s

こちらがファイルコピーの結果です。

使用使用ケース/アダプター 使用ポート File copy
Int → Ext Ext → Int
LaCie Rugged USB 3 Thunderbolt Thunderbolt 111.3 MiB/s 115.1 MiB/s
USB 3.0 106.7 MiB/s 112.5 MiB/s

如何でしょう。テラバイトの5400rpmドライブとしては標準ではないでしょうか。Thunderboltの方が少しだけ結果が良いですが、これはたまたまでしょう。このぐらいの差だと次に計測したら全く逆の結果になると言うことも十分にありえます。

さて、このBlogの読者だったら一番気になるのが、まずはケースをバラすことができるのかどうかではないでしょうか。LaCieのケースは昔から使い回しのできないのが多いですからねえ。あと保証がどうなるのかもかなり気になるのでは。この辺りは

ではなくて、下のリンクから続きをご覧ください

続きを読む "LaCie Rugged USB3 Thunderboltインスタントレビュー" »

「借りとけ裏か軸」その3



ただいま〜♪

取りに行ったブツですが、1週間かからずに届きました。さてそのブツとは
続きをどうぞ

続きを読む "「借りとけ裏か軸」その3" »

「借りとけ裏か軸」その2



ピッピピッピ、ピッピ、ピッピピピピピピー!

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜頭が割れる〜〜〜〜!ガバーッ!

なーんとただの夢でした...しかし手にはやはりカードが。カードを見ると...

続きをどうぞ

続きを読む "「借りとけ裏か軸」その2" »

「借りとけ裏か軸」その1



今朝目を覚ましたらけっこう寒かったので毛布にくるまって二度寝しようとした時に、人の気配がしたのでふと視線を上げるとカウボーイ風の男が寝室のドアのところに立っていました。「Hey, Misa. Time to wake up.」などと言われ、自分の手を見ると1枚のカードが。そこには.......................................................................................................

続きをどうぞ

続きを読む "「借りとけ裏か軸」その1" »

2012年10月16日 (火)

Mac miniも今月出るという噂ですが、



個人的にはiMacや13インチのMacBook Proより気になります。USB 3.0搭載になるだけで本当に使えるマシンに変わりますからねえ。ハードドライブの交換がもっと楽だと良いのですが、期待するだけ無理でしょうねえ...

Thunderbolt製品の一覧は



こちらのサイトを見ると便利かもしれません。ただもう発売されているのに載っていない製品やその逆もあったりしますけど。

USB 3.0接続でUASPモード対応の外付けケースを



ここのところ毎日検索しているんですけど、UASPモード対応だけど内部接続は3GのSATAなんていうのもあるんですねえ。危ない危ない。UASPだけ見て買っていたら泣きを見るところでした。 6GのUASPはASUSがもうすぐ出すみたいですねえ。まあ来年になればけっこう出ていると思いますけどね。

えーっ、1万円未満?!と思って見にいったのですが、



14,999円に上がっていました それでもまだ「ウハウハな商品」かもしれませんが、わざわざ買ってヨーロッパまで送ってもらおうとは思いませんけど 最初は9千円台だったみたいですけど、ELECOMというところが売れてなかった在庫を全て完全に消耗品として処理するのでできた価格付けだったか、ELECOM自体がヤバくて儲けゼロもしくはそれ以下で回すのか、LaCieからELECOMが頼まれて正規でないルートで今後売れなくなりそうな240GBのSSDモデルをさばくのか(6G対応のSSDモデルが出ましたからねえ)。いずれにせよ買えた人にはウハウハですねえ

2012年10月15日 (月)

ZOTAC ZBOX nano AD10のeSATAは



ポートマルチプライヤに対応しています。調べたわけではないですが、対応してなかったらポートマルチプライヤ必須のクアッドドライブのケースとかは使えないはずですからね。ドライブが4つとも見えていますので対応しているはずです。ZOTACちゃんのUSB 3.0はどうしようもない代物ですが、eSATAは個人的には優秀だと思います。以上。

13インチのRetinaディスプレイモデルは今年は



もう欲しくないですねえ。来年Haswellになったら考えるかも。内容にもよりますけど13インチではメインマシンには不足かな。Haswellで17インチだったら言うことないんですけどね。持ち歩くのは今のAirちゃんで十分です。

今度はXbox Music?



何回やったら懲りるんだか...

森口某の件、



一番笑ってしまうのはこんな詐欺師が東大で東京大学特任教授なんてやっていたこと。ある意味痛快かも(爆) 東大で博士号まで取ったということは学者としてはそれなりなのだろうか。「思い込み」とか「確認する時間をちょっといただきたいです」とかってしばらく流行りそう

2.5インチSATA用mSATAアダプターを



探してみたのですが、RAIDはないですねえ。あったらThunderboltアダプターに取り付けてPromiseのPegasus J2の廉価版を自作してみようかなと思ったのですが、そんなに甘くないかったです 今後はシングルドライブのThunderbolt接続外付けケースはPegasus J2みたいなのが主流にならないとUASPモード対応のUSB 3.0接続外付けケースと差別化はできないでしょうねえ。デイジーチェーンは皆が使う訳ではないですからねえ...

Thunderbolt接続のSSDポータブルドライブの簡単な比較表を



作ってみました。テーブルがかなり手抜きでごめんなさい。ドライブの容量は120〜128GBで揃えました。個人的には買うとしたらAkitioかLaCieですねえ。Elgatoは価格と言い遅さと言いもうどうしようもないし、バッファローも高すぎ。いずれにせよ転送速度でCENTURYのUSB 3.0接続の1分Boxに太刀打ちできるのがAkitioのみというのが悲しいですねえ。


メーカー モデル 容量 価格 プラス マイナス 転送速度
Write Read
Elgato Elgato Thunderbolt SSD 120GB 49,800円 なし 使い回しのできないケース、価格、SATA 3.0未対応の遅いSSD - 270 MB/s
バッファロー HD-PA128TU3S 128GB 38,850円 USB 3.0ポートあり 使い回しのできないケース - 382.3 MB/s
Akitio Neutrino Thunderbolt Edition 120GB 24,800円 使い回しのできるケース ポートはThunderboltのみ 311 MB/s 464 MB/s
LaCie LaCie Rugged USB3 Thunderbolt 120GB 199,99ドル おそらくUASPモード対応の激速USB 3.0ポート搭載、価格 スタイル、日本では未発売 - 380 MB/s

2012年10月12日 (金)

AkitioのNeutrino Thunderbolt Edition 120GBが秋葉館で発売に



なりましたね。¥24,800ということですが、ちょっと高めなのかな?入荷予定日が今月の17日だそうです。それにしてもさすが秋葉館速いですねえ。

先日の対決検証でThunderboltがUSB 3.0に転送速度で負けてから



一気にThunderbolt熱が冷めた気がします...実は見間違えてポチッとしてしまったものもあるんですが、今キャンセルするのが非常に面倒な状態だったので取りあえずオーダーをそのままにしてあるという感じです。ということでとりわけ待つ喜びがあるわけでもなし。 SSDを使えばUSB 3.0の及ばない500 MiB/s以上を出せる手頃な価格のRAIDケースはもう今年は出ないでしょうねえ。この秋にはThunderbolt製品がズラッと勢揃いすると思っていたのでがっかり...

読売新聞のiPS細胞移植の記事の件、



笑っちゃいました。この人東大にも潜り込んでいたんですねえ(爆)経歴詐称を見抜けないのは調査を全くしていないからでしょうねえ。

2012年10月11日 (木)

中国に進出する時点でこの国の政府が



いかにヒドいかはわかっていたわけだから、デモで被害被ったからといって今更泣き言は言って欲しくないですねえ。知らなかったではすまされない話でしょ。何も保険的な処置をとっていなかったのなら、経営者として、会社として失格だと思う。

あーっ、見間違って



いらないものをポチッとやってしまいました。このBlogでも買わない方が良いと言っていたブツなのに...価格的には悪くはないのですが、新品なのに中身をすぐに取り替えるハメになりそうです...

おっ、バッファローもSSDを搭載したHD-PATU3を



出したんですねえ。しかし商売の邪魔するわけではありませんが、既にUSB 3.0接続で400 MiB/s突破できるケースが3000円未満で売られていることを考えると、高すぎるし出すのがちょっと遅すぎましたねえ。わざわざ高い金払って買う理由が見当たりません。HD-PATU3のUSB 3.0はUASP対応ではないんですね。

2012年10月10日 (水)

打倒Thunderbolt! その2 USB 3.0で500 MiB/sを突破せよ!



シングルドライブ対決では既にThunderboltを打ち破ってしまったUSB 3.0ですが、Thunderbolt製品は既にオーバー500 MiB/sの世界に入っているものもあります。そこでまた例のUSBならではのえげつない2ポートを使用したソフトウェアRAIDを使ってオーバー500 MiB/sの世界を目指してみました。使用した外付けケースはThunderboltを打ち破った1分BOX2.5 USB3.0 GREEN LINE(CGL25U3S6G)が二つです。いつも通りまずは検証環境をどうぞ。


転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2012 (4GB)
• システム
Mac OS X Mountain Lion (10.8.2)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD TS128E
• 外付けドライブ:Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート & 外付けケース:
USB 3.0

結果は下のリンクから続きをどうぞ。


続きを読む "打倒Thunderbolt! その2 USB 3.0で500 MiB/sを突破せよ!" »

激突 Thunderbolt vs. USB 3.0!!! その3 GoFlex Thunderbolt adapter vs. CENTURY 1分BOX2.5 USB3.0 GREEN LINE(CGL25U3S6G)



赤コーナー、このBlog史上最速、300 MiB/s突破の転送速度を誇るGoFlex Thunderbolt adapter〜〜〜!青コーナー、日出ずる国からやってきたグリーンな刺客CENTURY 1分BOX2.5 USB3.0 GREEN LINE〜〜〜!

「SATA 3.0(6G)内部接続のUSB 3.0ケースでも全く歯が立たないThunderboltアダプター、しばらくは挑戦者が現れないもとの思われていましたが、いきなり日本からの刺客と試合が決まりました。今日の解説も金がなくてとうとう手持ちの外付けケースを全て売りに出しているらしいおなじみデブネコさんです。実況はわたくし有絵酢美三点零が担当させていただきます。デブネコさん、今回の試合はいきなり決まりましたが。」

「Thunderboltについて不吉な噂が流れていて、GoFlexも見過ごせないのでここで前評判の高いCENTURYを叩いて噂が広がるのを防ごうという感じでしょう。」

「Thunderboltについて不吉な噂とは?」

「UASP対応のUSB 3.0と5 Gbit/s以下の環境では差がないのではという噂です。5 Gbit/s以上の環境だったらUSB 3.0には無縁の世界ですから関係ないのですが、5 Gbit/s以上なんていう転送速度は現在の手頃な価格のSSDではあまり縁のない話ですし、UASP対応のUSB 3.0が噂通り速かったら、安いSSDで使うとUSB 3.0であろうがThunderboltであろうが転送速度には結局関係ないということになります。そうすると1ポートしかなくても価格の高いThunderboltケースは安いSSDを使う限りは不要ということになります。安いケースでも同じ速度が出るのにわざわざ高いケースを買う必要はないでしょう。」

「なるほど、Thunderboltにとっては今後の普及を左右する死活問題ということですね。それでは試合前インタビューをどうぞ」

GoFlex「UASP対応?無駄無駄無駄無駄!1分BOXなんてなめた名前だなあ。俺様が木っ端微塵にしてやるぜ。」

CENTURY「Thunderbolt?何だそれ?知らねえなあ。300 MiB/s突破?貧弱貧弱ゥ!」


「ということですが、デブネコさん、CENTURYは300 MiB/s突破のチャンピオンGoFlexを貧弱扱いしています。余程自信があるのでしょうか?」

「まあただのトラッシュトークでしょう。試合が始まったら泣きが入るんではないでしょうか。」

「ということはデブネコさんの予想としてはGoFlex有利ということで良いでしょうか?」

「そう言うことです。」

「それではまずはいつも通り検証環境をどうぞ。」

転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2012 (4GB)
• システム
Mac OS X Mountain Lion (10.8.2)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD TS128E
• 外付けドライブ:Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート(マシン搭載ポート)
Thunderbolt
USB 3.0
• 外付けケース:
Thunderbolt
USB 3.0


「両者中央に歩み寄ってレフリーチェック。そろそろ試合が始まりそうです。」

続きを読む "激突 Thunderbolt vs. USB 3.0!!! その3 GoFlex Thunderbolt adapter vs. CENTURY 1分BOX2.5 USB3.0 GREEN LINE(CGL25U3S6G)" »

2012年10月 9日 (火)

久々に自宅で仕事をしていたら その2



小包を開けるとそこにはグリーンの光をバックに黒い物体が横たわっていました。光がきれいなので触ろうとすると「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」

続きは下のリンクからどうぞ

続きを読む "久々に自宅で仕事をしていたら その2" »

久々に自宅で仕事をしていたら



誰かがインターホンを押すので出てみたら、「Thunderbolt är död」などとわけのわからないことを言って切れてしまいました。ドアを開けてみるとそこには小包が。小包を開けてみると....................................................................

つづく

ということで、先ほど受け取りました!S匠ありがとうございます!まさか本当に人が持ってくるとは思っていませんでした。早速検証しますよん〜♪

2012年10月 8日 (月)

CNET Japanの前刀禎明氏の記事は



短いながらも読み応えありますねえ。さすがエグゼクティブ・ミーティングに参加していた唯一の日本人!「まず、この完成度で出すことがあり得ない。かつ、絶対に謝らない。そして、担当した人は速攻クビだろうな。」ということですが、ジョブス氏の伝記を読んで抱いていた感じと全く同じ。やはりそうなのかという感じです。こう言っては悪いですけど、メディアにiMacが売れたことが自分の手柄のように書かれてしまっていたかつてのリンゴジャパンの社長とは言葉の重みが違いますね。

もしかしたらお隣の国に住んでいる友人に



良いものを分けてもらえるかもしれません 本当にもらったらすぐ検証してみますね〜♪

2012年10月 5日 (金)

おっ、先日ポチッとしたものがシルクロード経由で旅立った



みたいです 来週には届くかな? チャイナから注文したさるケーブルは1ヶ月になろうとしていますが未だに届く気配なし。やっぱり止めておけば良かったです。思いっきりネガティブなコメントにしておこうかなーっと。

あれっ、何か出るのかな?それともただのメンテ?



USB 3.0ポート搭載のMac miniを出してチョ〜♪

2012年10月 4日 (木)

あらま、dataTale(ONNTO)のRS-S2Tの日本での発売が2013年1月に



なっていますね。ん〜、もう秋なのにThunderbolt外付けケースはなかなか出ないですねえ。Drobo Miniもまだヨーロッパでは出ていないみたいだし、DeLOCKも音沙汰ないし。外付けドライブはいくつか登場していますけどね。そういえばPromiseのPegasus J2は512GB版が1500ユーロ近くて、256GB版も800ユーロ近いらしいです。速さも凄いけど価格も化け物ですねえ

ZOTAC ZBOX nano ID61を安くしておくから買わない?と訊かれて



危機一髪だったんですが、なんとか断ることに成功しました 理由はUSB 3.0がIntelのネイティブではないこと。もう遅いUSB 3.0はAD10だけで十分です。ID61を断ったら、「AD12もPlusだったらもう手に入るよ。」と言われてまたもや危機!たかが320GBのハードドライブと2GBのメモリーで400ユーロ近くも払えるかと呪文を唱え続けてなんとかこちらの危機も回避。自分的には良く頑張ったと思っています

2012年10月 3日 (水)

USB 3.0接続eSATAアダプター対決!NewerTech eSATA to USB 3.0 Adapter vs. Addonics USB 3.0 to eSATAp Adapter



 

Newertech_vs_addonics

「赤コーナー、Readで240MB/sオーバーの転送速度を売り物にUSB 3.0接続eSATAアダプターの世界を牛耳るNewerTech eSATA to USB 3.0 Adapter〜〜〜!青コーナー、とんでもないRAIDケースをデブネコに掴ませたという噂のAddonicsが提供するUSB 3.0 to eSATAp Adapter〜〜〜!本日の解説はとうとう外付けケース用資金が底ついたという噂のデブネコさん、実況はわたくしこと仇プータローがさせていただきます。デブネコさん、今日はこのBlog始まって以来のアダプター対決ですね。この対決の理由は?」

「NewerTechが偉そうに転送速度の自慢ばかりしていたので、そこにAddonicsがいちゃもんをつけたという感じです。」

「ほう、NewerTechはそんなに速いんですか?」

「それがわからないから今回の対決です。」

「ところでAddonicsといえば例の役に立たないRAIDケースをデブネコさんに売りつけたという噂ですが、本当のところはどうなんでしょう?」

「確かにあのRAIDケースはヒドかった。絶対に買ってはいけないケースの一つです。」

「そうですか。ではアダプターも危ないのでは?」

「ポートマルチプライヤをサポートするアダプターをヨーロッパまで送ってくれるのが他になかったのでしかたなく試し買いしました。このアダプター経由でポートマルチプライヤが必須のクアッドドライブケースが今のところしっかり動いています。」

「それは良かったですね。取りあえずは対決前の前日計量パスという感じですね。ところでNewerTechはeSATA to USB 3.0 Adapter、AddonicsはUSB 3.0 to eSATAp Adapterということで順番が違うんですけど、これは何か意味があるんでしょうか?」

「いや全くないと思われます。どちらを使ってもUSB 3.0ケースをeSATAポートに繋ぐことはできません。どこに視点を置くかの違いでしょう。」

「なるほど。ネーミングもけっこういい加減ですね。そろそろ試合が始まりますが、まずはいつも通り検証環境をどうぞ。」


転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2012 (4GB)
• システム
Mac OS X Mountain Lion (10.8.1)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD TS128E
• 外付けドライブ:Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSX HFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート & 外付けケース:
USB 3.0
• 使用アダプター:
 

続きを読む "USB 3.0接続eSATAアダプター対決!NewerTech eSATA to USB 3.0 Adapter vs. Addonics USB 3.0 to eSATAp Adapter" »

2012年10月 2日 (火)

先日ポチッとしたAddonicsの



 

USB 3.0 to eSATAp Adapterが 届きました。もうAddonicsの製品を買うことはないと思っていたのですが、他に目的に合う良さそうなアダプターがなかったので、つい買ってしまいました。これ以前にもNewer TechnologyのeSATA to USB 3.0 Adapterを買ったのですが、残念ながらポートマルチプライヤをサポートしていなくて、eSATAのクアッドドライブケースが使えなかったんです。で、先ほどMacBook Airでチェックしたらしっかりクアッドドライブケースを認識しました!これで外付けケース不足は解消です。


追記 転送速度は古くて遅いドライブしか入ってないのでしっかり計測はしませんでしたが、取りあえずJBODでシングルドライブとして使用のWD5000BEVTでもFirewire 800では絶対に無理な90 MiB/s程度は出ています。ソフトウェアRAIDで4つ繋げれば150 MiB/s程度は出るのではないかなと思います。

え〜、またNightwishのボーカルが変わったの?







Floor Jansenですか。まだ暫定でツアーの間だけなのね。Anetteはお疲れさま。表面的にはTarjaの時よりはましだけど、実質クビなんでしょうねえ...

2012年10月 1日 (月)

田中真紀子元外相の起用とか







なんでこんな見え透いて下手に出るようなことするんでしょう。これだから日本はなめられるしバカにされるんだよ。例えばこれまで全く役に立っていない蓮舫を外務大臣で起用して「尖閣は日本固有の領土」と言わせて嘘つきアグネスチャンと激論させるとかさあ。ついでに内閣には関係ないけど和田アキ子を「竹島は日本のもの」キャンペーンに抜擢するとか。そのぐらいのことやったら見直したんですけどねえ。もう最後なんだしもうちょっと芸のあることできなかったのかなあ。自民党はアベシを選んだ時点で終わったし。今後日本はどうなるんでしょう...

追記 蓮舫ってしっかり言っていたのね。1ミリぐらい見直したかも ここでメディアに登場して中国のやり方をバンバン非難したら完全に見直すんだけどな。

ZOTAC nano AD12のUSB 3.0ポートはやはりネイティブなんですね







AMDのネイティブUSB 3.0を試す目的で欲しいんですけどまだ見かけないですねえ。旧モデルAD10の価格が正式には若干落ちたみたいですが、ヨーロッパでは春より高くなっています。どういうこと?

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック