« PC Watchの【西川和久の不定期コラム】でバッファローのHD-PATU3Sのレビューが | トップページ | 新型iMacの21.5インチモデルは本当にユーザーがメモリー増設をすることが »

2012年10月25日 (木)

やはりどこもFusion Driveの話題で




盛り上がってますねえ まだ情報が少なすぎますけどね。

Fusion Driveを使ったMacを売るということは、少なくともMountain Lionと付属ソフトのインストールは問題なくSSD側にできるということなんでしょうね。ということは、インストールプログラムは内蔵ドライブがFusion Driveなのかそうでないのか見分ける方法があるのでしょう。そうなってくるとかなりエゲツない手口を使わないとApple純正以外はダメということも十分にありえますねえ...

これでHDDメーカーのハイブリッドドライブは必要なくなってしまいましたね。SSDは独自形状だし、ハイブリッドドライブも独自だし、既存の型を破るのは良いのですけど、Macのパーツを交換する楽しみはもうほとんど残っていないですねえ...

こちらに「The version of Disk Utility that comes with Fusion Drive is unique. Earlier versions of Disk Utility can't be used with a Fusion Drive.」と書いてありますので、しばらくは新しいiMacとMac miniでしか実験できませんねえ...

« PC Watchの【西川和久の不定期コラム】でバッファローのHD-PATU3Sのレビューが | トップページ | 新型iMacの21.5インチモデルは本当にユーザーがメモリー増設をすることが »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはりどこもFusion Driveの話題で:

« PC Watchの【西川和久の不定期コラム】でバッファローのHD-PATU3Sのレビューが | トップページ | 新型iMacの21.5インチモデルは本当にユーザーがメモリー増設をすることが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック