« ちょっと時間があったので | トップページ | 宮﨑あおいさんのフィンランド語のCM »

2012年9月 7日 (金)

打倒Thunderbolt!USB 3.0で400 MiB/sを突破せよ!



な〜んてねcoldsweats01 いやいやまともにやったら400 MiB/s突破なんて絶対に無理ですけど、一つだけ方法があります。そうです。このBlogの読者ならご存知のUSBならではのあのエゲツない手口です。SATA 3.0対応のOWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo InterfaceとOYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0を使ってソフトウェアRAIDでRAID 0を作成して検証してみました。外付けドライブにはSamsung 830 SeriesのSSDのMZ-7PC128を使用。まずは検証環境をどうぞ。

転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2012 (4GB)
• システム
Mac OS X Mountain Lion (10.8.1)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD TS128E
• 外付けドライブ:Samsung 830 Series (128 GB) MZ-7PC128
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSXHFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート & 外付けケース:
USB 3.0

結果は下のリンクから続きをどうぞ。

まずはAJA System Testですが、Writeで400 MiB/sを突破しましたよんhappy01


AJA System Test
WriteRead
434.8 MiB/s395.2 MiB/s




続けてファイルコピーでの結果もどうぞ。





File copy
Int → ExtExt → Int
445.2 MiB/s426.7 MiB/s




ということで、Thunderboltでも出ていない400 MiB/sをあっさり突破ですhappy01 実はこれほどうまくいくとは思っていませんでした。内蔵SSDが足を引っ張って良くてThunderboltと同じ程度かなと思っていました。内蔵SSDはまだ限界がどの辺にあるのかつかみきれていません。もしかしたらThunderbolt経由で同じようにソフトウェアRAID 0を組んだら600 MiB/sぐらいはあっさり出るのかもしれませんねcoldsweats01

« ちょっと時間があったので | トップページ | 宮﨑あおいさんのフィンランド語のCM »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/46979479

この記事へのトラックバック一覧です: 打倒Thunderbolt!USB 3.0で400 MiB/sを突破せよ!:

« ちょっと時間があったので | トップページ | 宮﨑あおいさんのフィンランド語のCM »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック