« AkitioがNeutrino Thunderbolt Editionの詳細を | トップページ | 打倒Thunderbolt!USB 3.0で400 MiB/sを突破せよ! »

2012年9月 7日 (金)

ちょっと時間があったので







AJA System Testとファイルコピーによる2.5インチSATAディスク用eSATA & USB 3.0 & Thunderbolt外付けケース転送速度比較検証 (マシン内蔵ドライブSSD版)にLinuxでの結果をいくつか加えてアップデートしておきました。

外付けにHDDを使用時はRAIDケースのLinux、シングルドライブケースのWindowsという結果だったのですが、SSDを使うとeSATAは完全にLinuxの天下、Windowsはとても対抗できません。一つの例外を除けば、Linuxではファイルコピーでの書き出しが全て200 MiB/s以上、Windowsは最高でも180 MiB/sに届いていません。WindowsマシンではSSDの効果も少ないし、HDDで安くまとめた方がお得なコンピューターライフを送れるかもしれませんね。

USB 3.0でもRAIDON R2420-B3の実力ををやっとSSDで計測することができました。ファイルコピーの書き出しで276.8 MiB/sとThunderboltを除けば初めて250 MiB/sを突破しました。

面白いのはSATA 3.0対応のOWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo InterfaceとOYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0です。どちらもRAIDケースよりも速くてeSATAで最速ですが、ファイルコピーの書き出しがUSB 3.0の時と全く同じ!読み出しではさすがにUSB 3.0に勝てませんけどね。

と、これだけやってみるといきなり300 MiB/s以上の転送速度が出るThunderboltは本当に凄いですね。eSATAもOWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo InterfaceとOYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0のAJA System Testの結果から推測すると、マシン側に6G対応のeSATAポートがあればThunderbolt以上の転送速度が出るのかもしれません。今後に期待ですね。

« AkitioがNeutrino Thunderbolt Editionの詳細を | トップページ | 打倒Thunderbolt!USB 3.0で400 MiB/sを突破せよ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと時間があったので:

« AkitioがNeutrino Thunderbolt Editionの詳細を | トップページ | 打倒Thunderbolt!USB 3.0で400 MiB/sを突破せよ! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック