« LinuxのeSATAって、 | トップページ | サムスン相手の訴訟で勝てて良かった »

2012年8月24日 (金)

転送速度比較検証 (マシン内蔵ドライブSSD版)のページにLinuxでの検証結果を







アップしておきました。残念ながらファイルコピーでの結果のみですが、Linuxマシンを使っている方には少しは参考になるかもしれません。

eSATAでもHDDでとうとう200 MiB/sを突破です。ハードが全く同じでOSのみの違いなので、これはもうLinux様々ですねえ。RAIDケースだとLinuxが圧倒的に速くて、シングルドライブだとWindowsが速いという結果に。なんでこうなるのかは正直なところ全く理解できません

あっ、ちなみに今回はHDDの調子がとりわけ良いかもしれないと思ってWindowsでも計測してみましたが、前回と同じかそれ以下の転送速度しか出ませんでした。

« LinuxのeSATAって、 | トップページ | サムスン相手の訴訟で勝てて良かった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« LinuxのeSATAって、 | トップページ | サムスン相手の訴訟で勝てて良かった »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック