« 緊急! USB 3.0ポート付きケースのSSD不具合・未対応情報 その2 | トップページ | 何気なく見てみたらZOTACちゃんが »

2012年7月25日 (水)

NewerTechのeSATA to USB 3.0 Adapterで古いeSATAポート付きRAIDケースにHDDを入れて再活用! その2



先日の検証の結果が心に残って、7200rpmを使ったらどの程度まで行けるのか知りたかったので、4つのRAIDケースで条件を揃えて再検証です。

いつも通り検証条件からどうぞ。


転送速度検証環境
• 機種
MacBook Air Mid2012 (4GB)
• システム
Mac OS X Lion (10.7.4)
• 内蔵ドライブ: Apple SSD TS128E
• 外付けドライブ:Samsung Spinpoint MP4 HM640JJ x 2
• 内蔵及び外付けドライブのファイルシステム
内蔵ドライブのFS外付けドライブのFS
HFSXHFSX
• AJA System Testの環境:
File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
• ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GiB(空ファイル) x 1
• 使用ポート
USB 3.0(オンボード)
• ケース側使用ポート
eSATA



結果は下のリンクから続きをどうぞ。



まずはAJA System Testの結果ですが、さすが7200rpmドライブと言う感じですねえ。WD5000LPVTだったら5400rpmでもこの程度出せるような気もしますが。Readでは最高値でも5400rpmのテラバイトのディスクを二つ使った時に劣っています。

Ateranvandning_aja


ファイルコピーでも結果は然程変わりませんでした。内蔵から外付けへのコピーでは7200rpmパワーが炸裂していますが、外付けから内蔵へのコピーでは最高値でも5400rpmのテラバイトのディスクを二つ使った時にまたもや劣っています。それでもこの速度だったら容量のこともあるし、HDDをRAIDケースに入れて使っても良いなという気になりますね。
Ateranvandning_fc


しかし、170 MiB/sオーバーとかってつい1ヶ月ほど前までは夢のまた夢という感じだったのですけどねcoldsweats01 はやくもオーバー200 MiB/sに慣れてしまった...これでThunderboltポート搭載ケースを買ったらオーバー300 MiB/sが日常になってしまうのでしょうねえ...


« 緊急! USB 3.0ポート付きケースのSSD不具合・未対応情報 その2 | トップページ | 何気なく見てみたらZOTACちゃんが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/46452641

この記事へのトラックバック一覧です: NewerTechのeSATA to USB 3.0 Adapterで古いeSATAポート付きRAIDケースにHDDを入れて再活用! その2:

« 緊急! USB 3.0ポート付きケースのSSD不具合・未対応情報 その2 | トップページ | 何気なく見てみたらZOTACちゃんが »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック