« 今ZOTAC nano AD10で別の地獄にハマっているのですが、 | トップページ | ZOTAC nano AD10にWindows 8 Consumer Previewを入れてみました »

2012年4月12日 (木)

Windows 8 Consumer PreviewのUSBインストールディスクをBoot Campアシスタント(4.0.1)を使って







作ってみましたが、アシスタントの指示通りにイメージを指定しただけであっさり作れました。まあDVDにあっさり焼けたので問題はないと思っていたのですけどね。さてと、これからインストールですが、実はMacに入れるのではないのですが、何に入れるかはお楽しみ(ってもうバレバレ?)。Macって便利ですねえ。Windowsのインストールディスクも作れてしまうんですから

ハマりどころを一つだけ。すでにBoot CampパーティションにWindowsが入っている場合は、Boot Campパーティションを一回消去しないと新たなインストールディスクは作れません。なんかBoot Campアシスタントのバージョン4.0.1からAppleもMicrosoftに歩調を合わせた感じですねえ。あと、作成に15分以上かかりました。

さあ、パックマンも同じ内容の記事をアップするかな

« 今ZOTAC nano AD10で別の地獄にハマっているのですが、 | トップページ | ZOTAC nano AD10にWindows 8 Consumer Previewを入れてみました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今ZOTAC nano AD10で別の地獄にハマっているのですが、 | トップページ | ZOTAC nano AD10にWindows 8 Consumer Previewを入れてみました »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック