« ZOTAC nano AD10でAHCI地獄にハマる 其の4 秘伝AHCIモード受け売り変 | トップページ | おおっ、IntelからUSB 3.0/Thunderbolt対応チップセットが »

2012年4月 9日 (月)

2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめページにWindowsでの転送速度を







加えて、画像からHTMLに変更して少しだけ軽くしました。あとクラッシックワールド
のケースの転送速度は今日ではほとんど役に立たないので削除しました。

今日、今までにWindowsマシンで転送速度検証ができていなかったProStor 525Lの検証をしたのですが、こういう検証は絶対に先入観を持ってやってはいけないということを思い知りました。Mac側では一番遅いRAIDケースと言ってもいいぐらい、RAIDの効果のほとんどないケースだったのでWindowsマシンでの検証を先延ばしにしていたのですが、なんとWindows側では最速!AJA System TestなんてWriteもReadも200 MiB/s突破しているんですけど ソフトが変なのではないかと思って、5回も計測しなおしたんですけど、AJA System Testとファイルコピーのどちらも2 MiB/s程度の違いしか出なかったです。本当にたまげました

118ドルでこの性能が手に入るんですから、ボード直付けのeSATAポート搭載のWindowsノートブックをお持ちの方、ProStor 525Lは絶対に買いです!

« ZOTAC nano AD10でAHCI地獄にハマる 其の4 秘伝AHCIモード受け売り変 | トップページ | おおっ、IntelからUSB 3.0/Thunderbolt対応チップセットが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ZOTAC nano AD10でAHCI地獄にハマる 其の4 秘伝AHCIモード受け売り変 | トップページ | おおっ、IntelからUSB 3.0/Thunderbolt対応チップセットが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック