« Hitachi Deskstar 5K4000のレビューが | トップページ | Windows 8の転送速度は »

2012年3月 5日 (月)

Windows 8 Consumer PreviewをBoot Campアシスタントを使って入れてみました







が、あっさり入りましたねえ(笑)Boot Campアシスタントの4.0.1を試すという目的も兼ねていたのですが、こちらの方はやはりというか気軽にWindows用のパーティションを作る道具ではなくなってしまった感じです。

Metroはシャキシャキ快適に動いて良いんですけど、デスクトップ上でスタートボタンを思わず探してしまいました Metroはアイコンとかでもう少しわかりやすくしてくれないと、デスクトップとかに行ってしまった時にすぐには見えないからうろたえてしまいますね。あとコントロールパネルも行き方がかなりわかりづらくなって、これは改悪でしょう。同じ隠すのでももうちょっと工夫しないと意味がないと思うなあ。なんかOfficeがバージョンが変わるたびにインターフェースも変わって使いづらいのを思い出してしまいました。せっかく良いもの作っているのに残念だけどマイクロソフトさんは移行が下手ですなあ...

あっ、そうそう。今Windows 7はクローンして冬眠させてあるのでパーティションを新たに切ったのですが、ついでにLinuxも試そうと思ってUbuntuを入れようとしたらgpartedがいきなりこけて使えないので止めました。昔だったらここから解決しようと頑張ったかもしれませんが、この時代にフォーマットするツールさえまともに起動しないのは個人的には時間を割くには値しないですねえ。夏休みあたりに時間があったら再度チャレンジするかもしれませんが...


補足 Windows 8 Consumer Previewのインストールは、ダウンロードしたISOイメージをDVDに焼いて、後はBoot Campアシスタントの指示通りにやるだけで、Windows 7をインストールするのと全く変わりません。わたしが試したのは64ビット版なので、32ビット版についてはわかりません。

« Hitachi Deskstar 5K4000のレビューが | トップページ | Windows 8の転送速度は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Hitachi Deskstar 5K4000のレビューが | トップページ | Windows 8の転送速度は »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック