« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

ZOTAC nano AD10に750GBのScorpio Black(WD7500BPKT)と







4GBのメモリーを入れましたが、アップデートの嵐でファンがブンブン回っています ということで、転送速度検証は明日になりそうです。

で、ホントーにちっこい!ちっこいという言葉はこのマシンのためにあるのではと思うほどちっこいです。2.5インチ外付けドライブケースが異様にデカく見えてしまうほどです。このマシンBoot Campに飽きたMacユーザーにもってこいです Windows 7はWindows 8のプレビューを入れる時にMacBook Proから抜いておいたんですが、今年に入ってからWindowsでなくては動かないソフトを使う必要がなくなったんで、ZOTACちゃんで再アクティベートしました。もうこれで最後のアクティベートでしょう。



Zotac_lada

2012年3月30日 (金)

あれれ、







来週の末になるみたいなんて書いてしまいましたが、ブツが届いてしまったようです

いや〜完全に予想外の速さ! すゔぁりえのショップ見直しましたよん

すぐに取りに行きたいけど、これから丸太島の外に行ってこないとならないし時間がないなあ。再送頼まないと。さて週末に検証できるのか?できないでしょうねえ...

2012年3月29日 (木)

ブツが発送されたみたいですが、







届くのは来週の末になりそうです...アメリカから注文したものがすゔぁりえに三日後に届くこの時代、すゔぁりえ内のショップで注文したものが1週間後というのはねえ...

2012年3月28日 (水)

Windows検証用のマシンが来たら







次のMacでは完全に使えなくなるかもしれないeSATAケースも一安心というところですねえ。WindowsはeSATA、MacはThunderboltという感じかな。USB 3.0はどちらでも使えるはずですし。

検証用マシンを







ポチッといきました...今回はドイツでの価格が高かったので、すゔぁりえ内のショップから注文しました。さて、いつ届くでしょう。最近は合衆国とかドイツから注文したブツの方が早く届いたりしますからねえ...

2012年3月27日 (火)

ZOTACのnanoシリーズにはVD01なんていうのも







あるんですね。価格がお遊び価格なのでいいかもなんて思っていたらこんなレビューを発見。良いこと全くないような...ポチッとしなくて良かった

やはりAD10かなあ。日本の方の書かれたレビューではAD10もWindows 7ではもさっというようなことが書いてありましたが、写真のドライブを見たら古のFujitsuの160GBみたいでした。ということで、750GBのScorpio Blackをぶち込めば次元の違う速さになるのではないかと想像していますが、実際はどうでしょう。でもScorpio Blackを入れたら発熱が大丈夫かなあ...ボードがメルトダウンとか言ったらシャレにならないですからねえ...

AD10のeSATAは3Gなんですね。これで6G対応だったら言うことなしだったんですけど...

Storagereview.comが2テラバイトのWestern Digital My Passportのレビューを







掲載しています。テストでWriteとReadのどちらも109MB/sということですが、実際のファイルコピーではどうでしょうねえ。9.5ミリ厚のScorpio Blueなみの速さを確保していれば出ても不思議でないですけどね。

2012年3月26日 (月)

ん〜、この







平澤寿康氏の記事を読むと、Windows 7の転送速度が遅いというのは取り消さないといけないかもしれませんねえ。USB 3.0で実際にあの位出るんですねえ。読み出しの最高が206 MiB/s程度です。

検証の情報がかなり大雑把にしか書いていないので、情報としてはイマイチですなあ。例えば「デジタルカメラで撮影したJPEG形式の画像ファイル、合計約3GB」ってありますけど、ファイル数とか書いていないとあまり意味がないですねえ。

IntelのSSD 520とバッファローのHD-QL12TU3/R5Jを使用したのことですが、ここまでやってやっとあの程度かとも言えますなあ。だってHD-QL12TU3/R5Jって12テラバイトののRAIDで¥144,600ですよん。これで半額以下のWestern DigitalのThunderboltドライブの方が速かったらシャレにならないですねえ Western DigitalのThunderboltドライブの6テラバイト版を二つ買ってデイジーチェーンで繋ぐか、PROMISEのPegasus買った方がよほど良さそうですなあ。

2012年3月25日 (日)

Windows用の転送速度検証マシンとして







色々考えたんですけど、高いマシンは買いたくないので、かなり価格のこなれてきたZOTACのZBOX nano AD10を今考慮中。バカ売れしているのでしょうけど、インストールとかの話が多くて、使用感とか実際にどの程度の実力なのかとか書いている人のレビューがけっこう少ないですね。皆満足しているのか?

Thunderboltは当然ないですけど、SATAは6G対応だし、USB 3.0とeSATAはついているし、内蔵ドライブを気軽に換えられるのが気に入りました。Windows 7の転送速度が遅いと書いてきましたが、専用マシンを使って再検証したいんですよねえ。

長期保存には信頼性の高い光学メディアをなんて書く







人がまだいるんですねえ。まあ家庭用の話だからどうでもいいんですけど、北欧ではほとんどのところが光学メディアは2年以上の室温長期保存に推奨されていないんですねえ。なぜかといえばその信頼性に欠けるからです。デジタル長期保存って本気で考えるとすごく金がかかるんですよねえ。

2012年3月24日 (土)

Storagereview.comがSeagate GoFlex Thunderbolt AdapterにSSDを装着して








レビューを掲載しています。しかもWindowsを使ってのレビューです。GoFlexのクソ遅いドライブではUSB 3.0と差がなく散々でしたが、SSD装着では一撃でUSB 3.0を木っ端微塵にしています eSATAよりも遅いって書いてありますけど、これはネイティブなSATAとeSATAが同じと仮定しているだけで、GoFlex のeSATAアダプターを使って検証したわけではないでしょう。Storagereview.comってこういうところがけっこういい加減ですなあ。前回のベンチだってシーゲートのドライブを使えばああなるのはわかっていたでしょうに。実際にはeSATAが6Gだとして良くてThunderboltと同じ速度でしょうねえ。Expresscard 34のeSATAアダプターなんかを使ったら、絶対にThunderboltに勝てないでしょう。いずれにせよドライブの接続はSATAなので、最新のマシンでThunderboltを使っても6GのSATAの転送速度以上は出るはずないのですけどね。LenovoあたりがThunderboltとeSATA両方が搭載されたノートブックを出してくれたら、テストもかねて買ってみようかな。

ところで、USB 3.0はStoragereview.comのベンチでも遅いですねえ。SSD使ってこんなもんかあ。実はSSDを買って検証してみようかなと思っていたのですが止めておきます Storagereview.comがやってくれたのでGoFlex Thunderbolt Adapterの検証も急がなくていいですねえ。

2012年3月23日 (金)

Storagereview.comがSeagate GoFlex Thunderbolt Adapterのレビューを







掲載していますね。転送速度はWriteが80.4MB/s、Readが80.6MB/sということで、同時に計測したUSB 3.0にWriteで負けてしまっています(Writeが80.5MB/s、Readが80.4MB/s)。っていうか、Connecting to the drive over its native SATA 3.0Gb/s we found transfer speeds to hit the same upper-limit of 80.5MB/s read and 80.4MB/s writeと書いてありますし、これはどちらもディスクの限界を出していて、この程度のディスクでは差は出ないと考えていいでしょう。ConsにNo performance gain over USB 3 when used with GoFlex portable hard drivesとありますが、1TB FreeAgent GoFlexと書いてありますので、GoFlexを使い続ける限り地獄ですなあ。やっぱりこのアダプターはGoFlex以外のドライブと一緒に使わないと 750GBのScorpio Blackを使えば絶対に差が出ると思います。USB 3.0はこのBlogの素人検証でeSATAケースが軒並み出しているwriteで100MB/sを一回も突破できていませんからね。あっ、シーゲートさん、邪道なこと書いてごめんなさい

2012年3月22日 (木)

いや本当に最近のGoogleは







つまらなくなりましたね。夢のない企業になってしまった感じ。CNET Japanのこの記事を読んでそう思いました。で、思ったんですけど、もし今のGoogleのやり方がLarry PageがSteve Jobsの助言をそのまま実行した結果だったとしたら、なんだかんだ言いつつiPhoneの件をしっかりお返しできたんじゃないでしょうか GoogleがFacebookを打ち負かしたら凄いですけど、まあ無理でしょうねえ。Facebookも好きじゃないですけど、Google+に行ったとしても、個人情報の観点から見ればワニの口からサメの口に直行するようなもんで何も利点なし。

久々になじみのショップのダンナから








メールが...内容は............an offer I can't refuseというやつですね(違ぅ!)困ったなあ。今は何も買いたくないんですけど...メールを見なかったことにしようかな

Linus Torvaldsのナンバープレートが







話題になっていますね。こういうナンバーってどうやって取るんでしょう?アメリカでは金で買えちゃうのかな?

2012年3月20日 (火)

外付けですが、2.5インチで2テラバイトのWestern Digital My Passportが







出ましたね STORAGEREVIEW.COMによると中のドライブは4プラッタで15ミリ厚とシーゲートに厚みで負けていませんなあ

OWCのケースにしか入りそうにないですねえ。2テラバイトのは249.99ドルだそうで。はやくドライブだけ出してくれないかな...

1TBの次は2TBになってしまうんですね。4プラッタで15ミリ厚ということは、Scorpio Blueは12.5ミリ厚の3プラッタで1.5テラバイトぐらいになるかもしれませんね。

追記 STORAGEREVIEW.COMには1.5TB版もあるように書いてありますが、Western Digitalの製品のページでは1TBのWDBBEP0010BBKの次は2TBのWDBY8L0020BBKになっています。

Thunderboltの転送速度検証を来月来るMac miniでしようと







計画していたのですが、どうも中止ですねえ 同型のminiを先ほどテストする機会があったのですが、東芝製の内蔵ハードディスク(500GB、5400rpm)が遅すぎて話になりません これだったらUSB 2.0の限界を突破がやっとで、Firewire 800の速度も使い切れないです。来月来るminiも仕事場のマシンですのでハードディスク交換する訳にもいかないですし...ちょっと知り合いのショップにテストさせてもらおうかな...

2012年3月19日 (月)

2.5インチドライブ用外付けケースの







まとめページを少し編集して、OYENのケースのレビューもアップおきました

2012年3月17日 (土)

2.5インチUSB 3.0&eSATA 6Gポート付き外付けケース 転送速度対決!OWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo Interface vs. OYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0









赤コーナー、前チャンピオンの弟OWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo〜!青コーナー、無名の新人OYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0〜!



Owc_vs_oyen1a


「突然決まったおバカちゃん対決シリーズ第4戦です。解説は毎度おなじみ、最近は食費にも困っているという噂のデイナデブネコさん。実況はわたくし円黒蛇亜がさせていただきます。デブネコさん、今回アリスターOWCではなく、弟のドスサントスComboが出てきましたが、アリスターOWCになにかあったんでしょうか?」

「アリスターOWCは依然として取り外しのできないところで酷使されているようです。彼はこのまま引退するかもしれませんね。」

「そうですか。残念ですが、取り外しができないのはしかたないですね。弟のドスサントスComboはeSATAでも6G対応ということで、ポート的には簡単にライバルが現れないと思われていましたが、いきなり無名の新人OYEN DIGITAL MINIPROがeSATA 6Gポート付きということで挑戦が決まりました。OYEN DIGITALって聞いたことないですが、これについて何かご存知ですか?」

「OYEN DIGITALは昔からinXtron系の外付けケースをネットで売っているショップです。ということで、MINIPROもinXtron系と思われます。」

「何か自信がなさそうな言い方ですね。」

「最初にこのケースを見た時は、BYTECCのケースかと思ったんです。後ろから見るとBYTECCそのままです。」

「ほう、BYTECCですか。BYTECCと言えば、暫定チャンピオンのHD7-U3FW800がマクベスちゃんそっくりということでinXtronもどきと呼ばれていますよね。今度はinXtronがBYTECCもどきですか?」

「情報を全く見つけることのできないケースなので確実ではないですが、inXtron系と思われる理由は、ケースのサイズと12.5ミリ厚のドライブのサポートがあります。ケースのサイズはマクベスちゃんやSK2500 800U3と同じでした。」

「そうでしたか。inXtronだとすると、inXtron系初のeSATA登場ということで楽しみです。ここで試合前インタビューをどうぞ。」


OWC「へっへっへ、俺様がOYENなんかinXtronの工場に送り返してやるぜ。」

OYEN「OWCはリングに入ったらすぐに自分に逃げ場がないことを悟るだろう。」


「なんかUFCで誰かが言った台詞のような気がしますが、あと、今回から新しい採点方法が採用されたということですが?」

「ええ、今までの採点方法は不透明すぎると苦情が出たのでそうなりました。今回からはAJA System Testでの優勢は0.5ポイント、ファイルコピーでの優勢は1ポイント、優劣なしは0ポイントとなりました。WriteとReadでそれぞれポイントが出るので、AJA System Testで両方取れば1ラウンドで1ポイント、ファイルコピーでは2ポイント奪取できます。最終ポイントが同点の場合は、Writeでポイントを多く稼いだ方の勝ちとなります。」

「おバカちゃん対決シリーズにはもったいないような採点方法ですが、今日の試合はeSATA、eSATA 6G、USB 3.0でそれぞれAJA System Testとファイルコピーがあるので計6ラウンドですね。ということで6ラウンドの合計ポイントで勝負がつきます。おっ、そろそろ試合が始まりそうです。まずはテスト環境からどうぞ。」

転送速度テスト環境
機種: MacBook Pro Early2008 2.5GHz 6GB
内蔵ディスク: Western Digital Scorpio Black (750 GB, 7200 RPM) WD75000BPKT
外付けケースに使用したディスク: Samsung Spinpoint MP4 (640 GB, 7200 RPM) HM640JJ
AJA System Testの環境: File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
ファイルコピーの環境: File Size: 10.0 GB (= GiB)
eSATAアダプタ:
USB 3.0アダプタ:



続きを読む "2.5インチUSB 3.0&eSATA 6Gポート付き外付けケース 転送速度対決!OWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo Interface vs. OYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0" »

2012年3月16日 (金)

Western DigitalのMy Book Thunderbolt Duoが







出ましたね。待ってました!4テラバイトが57,800円前後、6テラバイトが67,800円前後の見込みということですから、他のThunderbolt製品と比べると絶対に買いですねえ と言いつつ、自分はすぐには買わないですけど

これも現在はMac専用ですね。HFS+でフォーマットされてしまっているのでWindowsユーザーは残念でした〜。

2012年3月15日 (木)

SeagateのThunderboltアダプターですが、







99ドルという価格を考えると、もう一つポートが欲しかったですなあ...センチュリーあたりが同じようなやつを裸族のサーフボードとかいう名前で安く出してくれないですかね(センチュリーさん、ダメ?) ポート一つだったら50ドルぐらいにしてほしかったな。まあ2〜3年でそういうの出てくるでしょうけど...

おっ、Audacity 2.0が出ていますね!







わたしは最近使ってなかったですが、これがあれば音声ファイルの編集で大概のことはできるでしょ。それでフリーだなんてありがたいことです。まだ持っていない人はAudacityのサイトにGo!

テラバイトのTravelstar 5K1000ですが、







買ったのはいいけど、あれだけコトコト音がすると怖くてファイルの保存とかに使えないですねえ どうしよう...

Seagate GoFlex Thunderbolt Adapterですが、なんと







笑止なことにクイックガイドが付いています ん〜....まあ規制とかで強制なんでしょうけど、使い方間違える人がいるとは思えないです...。OSのサポートはMac OS X 10.6.8以降となっています。このアダプターあまり宣伝していないですけど、もしかしてWindowsマシンにThunderboltポートが搭載され始めてから大きく宣伝するのかもしれませんね。現在のパッケージでは完全にMac専用のアダプターになっています。

仕事場のドアを誰かがドンドン叩くので







ドアを開けたとたんに...

ゴロゴロピカピカドカーン!

と落雷しました。そしてそこには眩いばかりに光輝く箱を持った男が... 
















というのは大嘘で、UPSの人が待ちに待った(と言いつつ先週の金曜日に注文したばかりの)Seagate GoFlex Thunderbolt Adapterを持ってきてくれました で、これ買って何するのかと言うと...下の方にあるリンクから続きをご覧ください(と意味もなく焦らしてみる)


Goflex





続きを読む "仕事場のドアを誰かがドンドン叩くので" »

2012年3月14日 (水)

光ファイバー版のThunderboltがもうすぐと







STORAGEREVIW.COMが書いています。もしMac Proがまだ継続するんだったら光ファイバー版のThunderboltが搭載されそうですね。

2.5インチUSB 3.0外付けケースですが







コントローラーはRAIDケースを除いてRENESAS社製だと思っていたら、全然違っていたのでまとめページを修正しておきました。まあどこのを使っても転送速度はあまり変わらないですね。

2012年3月13日 (火)

9.5ミリ厚で1TBのHitachi Travelstar 5K1000をテストしてみました







で、衝撃のXbenchの結果ですが...... ランダムでこれだけ遅いということはXbenchでなんか引っかかっているんでしょうねえ。続きで見てもらえばわかりますが、AJA System testとかでは全く問題ないです。

5k1000_xbench

他のディスクとの比較結果は続きをどうぞ。

続きを読む "9.5ミリ厚で1TBのHitachi Travelstar 5K1000をテストしてみました" »

今日は朝一から







もうリスベット・サランデルそのまんまみたいな方とご対面。カッコイイー!ただ本物(っていないですが)と違ってきれいなリークススヴェンスカを話す非常に気さくな方でした。

そういえばミレニアムシリーズのハリウッド版ってどんな感じなのかな。英語を話すリスベットって想像できないんですけど...The Girl with the Dragon Tattooっていう英語名はリスベットを前面に出しすぎで好きじゃないです。やっぱりMän som hatar kvinnorでしょう

2012年3月12日 (月)

今これを書いている横で







同僚がバックアップからノートブックのシステムを復旧しているんですが、KingstonのSSDNowがいきなり反応しなくなったそうです。彼女は同様の症状で復旧するのがこれで2回目。HDDでもぶっ壊れる時はどうしようもないですけど、彼女の場合はSSDが壊れている訳ではないんですよねえ。こういうの見るとAppleがマシンと共に出荷しているSSD以外は使わない方がいいのかなとも思ってしまいます。もう一回起きたらHDDに戻すって言っていますけど、その時はSSDNowを安く売ってくれるかな と、捕らぬ狸の皮算用をしているデブネコでした...

おっ、ポチッとしてしまったブツが







既にすゔぁりえに落雷したもようです。先週の金曜日に亜米利加のショップに注文したのに速い!今日が税関だとすると今週末には手に入るかな...

次のMacBook Proは注文するつもりですが、







注文時期が難しいですねえ。出てすぐはRev.Aの不具合が出た時に当たる可能性が大だし、魔運転雷音がすぐそこまで来ているし。魔運転雷音がプリインストールされていたらそれはそれでバグがありそうだし。こういうこと考え始めるといつまで経っても買えない困ったちゃんになりますね それでも魔運転雷音が出るまでは我慢しようかな...

ElgatoのThunderbolt SSDはWindowsにも







対応しているんですね。LaCieやPegasusのRAIDは公式にはOS X専用みたいですが。MacでのThunderboltの転送速度はもう速くて当たり前だからあまり検証も興味ないですけど、Windowsでどのぐらいの転送速度が出るのか知りたいですねえ。750GBのScorpio Black使って100 MiB/sいかなかったら辛いかも...

職場のWindowsの仙人からナント







自慢のDELLのマシンを売ってMacBook Airを買うことにしたというメールが...この裏切り者めが!と思ったら、OSはWindowsでいくそうです。まあそうでしょうねえ。彼の仕事はWindowsでないとできないのが大半ですから。で、DELLのマシンを安くしてくれるんだったら買いたいと言うと、もうコンピューターのことをあまりよく知らない知り合いに売りつけたそうで やることが完全に悪人だあ...

最近自作でWindowsとLinuxのデュアルブートマシンでも作ろうかなと思って価格とか調べてみたんですけど、色々考えると結局Macを買うのが一番安いような感じですねえ。USB 3.0が載ったらメインのマシンはもちろんですけど、検証用にMac miniでも買ってもいいかなと思っている今日この頃。ミニPCはAtomとかなんで全然話にならないし、大きなメーカーのコンパクトサイズのPCは正直ないように比べてとんでもない価格ですし。AppleがMac miniをあの価格で出しているのは凄いと感じました。

Western DigitalのMy Book Thunderbolt Duoがあと1ヶ月ぐらいで







ヨーロッパで発売されるようです。はやいところはもう注文取り始めていますね。4テラバイトのWDBUPB0040JSL-EESNが約560ユーロ、6テラバイトのWDBUPB0060JSL-EESNが約660ユーロ。Western Digitalの製品は数量で押すので、年末ぐらいには価格がもう少しこなれるのではないでしょうか。LaCieのLittle Big Disk(2テラバイト)は一番安くても490ユーロぐらいなので、一気に売れなくなるでしょうねえ。これで価格が下がってくれればうれしいですけど、LaCieだから無理か...

2012年3月11日 (日)

BaRe FeatsがElgato Thunderbolt SSD bus-powered accessory for MacBook Airのレビューを更新







していますね。6GのSSDが入ると超爆速ですねえ

内蔵ドライブと外付けドライブの両方がSSDだと、ただのファイルコピーとかは200 MiB/s以上の転送速度が普通になりそうですね。2.5インチのハードドライブだったら750GBで7200rpmのディスクを使って書き込みで110〜115 MiB/s、読み込みで120 MiB/s程度と予想しています。

あれからもう1年なんですねえ...







個人的にはまだまだ生々しいできごとですし、震災で被害に遭われた方達はこれからまだまだ大変かと思います。はやく被害に遭われた方達のの生活が楽になると良いですが。この震災での教訓は絶対に風化させてはいけない。

ソフトバンクの孫社長はしっかり義援金払っていたんですね。色々バッシングされていますが、本当に立派なことだと思います。

2012年3月10日 (土)

BaRe FeatsがElgato Thunderbolt SSD bus-powered accessory for MacBook Airのレビューを








アップしています。性能はだいたい予想通りですねえ。いつも思うんですけど、BaRe Featsはテスト環境でファイルサイズとかAJA System Testとかのことが書いてないんであまり参考にならないですなあ。Real World Speed Testsとか謳っているんですから、もっと詳しく書いてほしいですね。わたしみたいな素人がやる検証とほとんど変わらない気がします。Macworldとかはこういういい加減さはないですね。あとスポンサーの製品を宣伝するのは良いけど、テストの結果も露骨だったりすると公正さに欠けると思います。

なんとか安〜〜〜〜〜く







雷さまを使うことができないかと情報を求めてネット徘徊した結果........方法が見つかったかもしれません。乞う期待!(じゃないって?

2012年3月 9日 (金)

Macworldの







レビューを見るとLaCie Little Big Disk Thunderboltは速いですねえ。HDDでこれですから、SSDだと爆速なんだろうなあ。早くどこか安いケースを出してくれないかな...

今朝は起きてすぐに







ポチッとしてしまいました...いや、まったくするつもりなかったんですが、ドスサントスちゃんに相応しい相手が見つかったとの情報が入って見に行ったら...考える間もなく手が勝手にクリックしていました...

2012年3月 8日 (木)

OS Xでハードディスクのデフラグが必要か?







SSDが主流になりつつある今ではもう問題でさえないかもしれませんが、わたしみたいにHDDを内蔵ドライブに使っているの人もまだ多いですしね。

個人的には巨大ファイルを大量に扱う現在では必要だと思います。ただ断片化したからすぐに害があるかというと、非常に限られた場合にしか害はないでしょう。思いつく中で唯一害にすぐに気づくのは内蔵ドライブに新しいパーティションを切る時ですね。インテルMacからはGUID パーティションテーブルを使っているので、ディスクユーティリティなどを使えば内蔵ドライブの中身をそのままにパーティションを切りなおせるのですが、断片化が激しいとこれができなくなります。Boot Campアシスタントを使ってWindows用のパーティションを作るのに失敗する時はこれが原因です。あまり体感できない害は、ファイルコピーなんかで転送速度が下がることですが、これは気づかない人が大半でしょうねえ。プロ用のビデオソフトなどで編集とかやると速度低下がかなり顕著らしいですけどね。

で、デフラグするにもMacはフリーのソフトがないんですよね。わたしはLionになってからは、外付けドライブに内蔵ドライブのクローンを作って内蔵ドライブの起動パーティションを消去、その後新規インストール、移行アシスタントを使って元に戻すというようなことを何度かやりました。すごい手間に思えますが、デフラグツールを使っても時間がかかりますし、時間的にはあまり変わらないと思います。

STARDOMからSOHORAID MR2-WBS2なんていう







RAIDケースが出ていたんですねえ。なかなか良さそうですが、ちょっと高すぎかな。あとこの構成ではUSB 3.0が普及し始めたこの時期にちょっと乗り遅れた感じがしますが、Firewire 800ポートが付いているRAIDケースを買う予定の人は考えてみても良いんではないでしょうか。わたしはUSB 3.0ポートが付いていないので買いません。

追記 RAID設定はスイッチ方式。Support large volume up to 750Gというのはちょっちイタいかも。SSDをサポートしていないのもネックでしょうねえ...

追記2 Copyright © 2011 RAIDON Technology Inc. という一文があるので、STARDOMってRAIDONの1ブランド名なんですかね。MR2-WBS2はRAIDONの製品ではないと思いますが。

新しいiPadは







iPhone 4Sと同じで堅実なアップデートという感じですね。いろいろなソフトも充実してきたし。教育関連はこれでますますiPadを採用するところが増えるんじゃないでしょうか。

2012年3月 7日 (水)

再びSnow LeopardとLion 10.7.3におけるターミナルの日本語表示の件ですが、







やはり以前に上がっていたみたいです。そうですよね、こんなバグに気づかないはずがないですもんね。で、修正はされるはずですが、けっこう複雑な問題みたいなのでいつになるかは?マークです。

今回嬉しかったのはAppleはiOSとOSXの統合とか目立つことばかりではなく、こういうバグ修正にも本気で取り組んでいることがわかったこと。Snow LeopardとLionはバグがけっこうあったので、Appleがやっていることに少し不安を感じていたのですが、この件を通じて根拠のない不安だとわかって安心しました。

2012年3月 6日 (火)

なんかBoot Campが遅いという検索で







このブログに辿り着いている方がいますが、Boot Campパーティションに入れたからWindowsの動作が遅くなるなんていうことはパーティションがよほど小さくない限りないです。そんな話はこちらでは聞いたこともないです。Windows 7の転送速度が遅いのはマシンに関係ないですし。もちろん新しいマシンにもうサポートされていないWindowsのバージョンを入れて遅いというのは問題外ですしね。

2012年3月 5日 (月)

今日の昼休み...







わたし「あ〜〜〜っ、出てる!」

0.1秒も考えずにポチッ!

わたし「これはもしかしてヨーロッパで初物かも。これでブログネタがまた一つ増えた!ヤッタね♪」

そこに不意に同僚が現れる。

同僚「デブちゃん、今日の昼飯はデブちゃんが奢る番だったよね?○○さんのとこの寿司は美味しいから楽しみにしていたんだ。ごちそうさん!」

わたし「あ〜〜〜〜〜っ、忘れてた!今ポチッてやっちゃった。出張代来週出るから来週じゃダメ?」

同僚「ダメダメのダ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜メ!この前デブちゃんが来週って言った時は3週間もかかったからねえ。今日は逃がさないからヨロシク〜〜〜♪」

ということで、またまたポチッとしてしまったせいで同僚に奢りつつも自分は昼食抜きで抹茶を啜ったデブネコでした...

追記 ブツは既にロンドンを出発したもようです。ちなみにケースではありません。

Windows 8の転送速度は







セブンと変わりありませんでした。まあプレビュー版ですが、製品版でも変わりないでしょう。USB 3.0ポートをFirewire 800ポートを使って計測した結果は続きをどうぞ。

続きを読む "Windows 8の転送速度は" »

Windows 8 Consumer PreviewをBoot Campアシスタントを使って入れてみました







が、あっさり入りましたねえ(笑)Boot Campアシスタントの4.0.1を試すという目的も兼ねていたのですが、こちらの方はやはりというか気軽にWindows用のパーティションを作る道具ではなくなってしまった感じです。

Metroはシャキシャキ快適に動いて良いんですけど、デスクトップ上でスタートボタンを思わず探してしまいました Metroはアイコンとかでもう少しわかりやすくしてくれないと、デスクトップとかに行ってしまった時にすぐには見えないからうろたえてしまいますね。あとコントロールパネルも行き方がかなりわかりづらくなって、これは改悪でしょう。同じ隠すのでももうちょっと工夫しないと意味がないと思うなあ。なんかOfficeがバージョンが変わるたびにインターフェースも変わって使いづらいのを思い出してしまいました。せっかく良いもの作っているのに残念だけどマイクロソフトさんは移行が下手ですなあ...

あっ、そうそう。今Windows 7はクローンして冬眠させてあるのでパーティションを新たに切ったのですが、ついでにLinuxも試そうと思ってUbuntuを入れようとしたらgpartedがいきなりこけて使えないので止めました。昔だったらここから解決しようと頑張ったかもしれませんが、この時代にフォーマットするツールさえまともに起動しないのは個人的には時間を割くには値しないですねえ。夏休みあたりに時間があったら再度チャレンジするかもしれませんが...


補足 Windows 8 Consumer Previewのインストールは、ダウンロードしたISOイメージをDVDに焼いて、後はBoot Campアシスタントの指示通りにやるだけで、Windows 7をインストールするのと全く変わりません。わたしが試したのは64ビット版なので、32ビット版についてはわかりません。

2012年3月 4日 (日)

Hitachi Deskstar 5K4000のレビューが







StorageReview.comに掲載されていますが、5400rpmとはいえ4TBでこの程度かあ...4TBのディスクだったら3.5インチでも買ってもいいかなと思ったのですが、この結果だとやはりWestern Digitalから出るのを待った方がいいかな...

Snow LeopardとLion 10.7.3におけるターミナルの日本語表示の件ですが、







詳しくは書けないのですけど、ターミナル自身ではなく書式の問題みたいです。10.7から10.7.2までは問題がなかったのだからなおそうと思えばすぐだと思ったのですけど、バグ発生の内容を見るとけっこう複雑な問題ですね。一応納豆のようにネバネバとしつこ〜くSnow Leopardでもなおしてねとお願いしておきました。でも逆戻りしてなおすと、修正によって他のバグが生じた時に大変だからダメという可能性は大ですねえ。しかし、わたしのような素人が駆り出されるということは、本職デベロッパーの方たちからはこのバグの件全く上がっていなかったんでしょうねえ。わたしみたいな環境が普通でないと言われればそれまでですが、ヨーロッパに居住していて日本語も使う人だったら普通だと思うけどな...

2012年3月 2日 (金)

Linus TorvaldsってまだMacを







使っていたんですね。MacBook Airか。あれだけ何度もAppleが消えるって予言していた人だから意外な気がしますが、昔からAppleのハードは好きだって言っていましたからね。自分にとって最高のものを使うというところに彼の技術者らしさを感じます。で、自分で使っていたLinuxであろうが容赦ない「if you have anything to do with security in a distro, -- (中略) -- please just kill yourself now. The world will be a better place」というようなコメントも本当に素晴らしいと思います。どんな状況であろうとダメなものはダメと言える。好きだなあこういうの。

2012年3月 1日 (木)

Xcode 4.3からDeveloperディレクトリが







Xcodeの中に移されていたんですね。今日初めて立ち上げた時に気がつきました。Xcode 4.2.1を消去するかとか訊くんで、消去したら古いXcodeとDeveloperディレクトリがゴミ箱に直行。ハードディスクの容量が目に見えない減り方していたんで変だなとは思っていたのですが、これが原因だったのか。Developerディレクトリがない方がすっきりしていていいですね。

HandbrakeでMTSファイルをMP4ファイルにコンバート








MTSファイルをカメラからiMovieに取り込まないで、ハードディスクに保存して困ったちゃんになった方ってけっこう多いと思いますが、有料のソフトを使わなくてもHandbrakeで取り込めば、MP4ファイルにコンバートすることができます。わたしはHandbrakeは最近はこれ以外で使ったことがないです。これ本当にありがたいソフトですよね。

Seagateの2.5インチ1.5テラバイトのディスクは







アメリカではケースなしでFreePlayという製品名売っています。今日チクッとだけ安くするから買いませんか?というメールをさる方からもらったんですが、やめておきました 厚みが14.8ミリもあるので、わたしが所有しているケースではOWCのケースしか使えませんねえ。まあ今年後半には12.5ミリ厚で1.5テラバイトが出ると思いますが、わたしはいつも予想をはずしまくってますからねえ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック