« Western DigitalのMy Book Thunderbolt Duoが | トップページ | 2.5インチドライブ用外付けケースの »

2012年3月17日 (土)

2.5インチUSB 3.0&eSATA 6Gポート付き外付けケース 転送速度対決!OWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo Interface vs. OYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0



赤コーナー、前チャンピオンの弟OWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo〜!青コーナー、無名の新人OYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0〜!

Owc_vs_oyen1a

「突然決まったおバカちゃん対決シリーズ第4戦です。解説は毎度おなじみ、最近は食費にも困っているという噂のデイナデブネコさん。実況はわたくし円黒蛇亜がさせていただきます。デブネコさん、今回アリスターOWCではなく、弟のドスサントスComboが出てきましたが、アリスターOWCになにかあったんでしょうか?」

「アリスターOWCは依然として取り外しのできないところで酷使されているようです。彼はこのまま引退するかもしれませんね。」

「そうですか。残念ですが、取り外しができないのはしかたないですね。弟のドスサントスComboはeSATAでも6G対応ということで、ポート的には簡単にライバルが現れないと思われていましたが、いきなり無名の新人OYEN DIGITAL MINIPROがeSATA 6Gポート付きということで挑戦が決まりました。OYEN DIGITALって聞いたことないですが、これについて何かご存知ですか?」

「OYEN DIGITALは昔からinXtron系の外付けケースをネットで売っているショップです。ということで、MINIPROもinXtron系と思われます。」

「何か自信がなさそうな言い方ですね。」

「最初にこのケースを見た時は、BYTECCのケースかと思ったんです。後ろから見るとBYTECCそのままです。」

「ほう、BYTECCですか。BYTECCと言えば、暫定チャンピオンのHD7-U3FW800がマクベスちゃんそっくりということでinXtronもどきと呼ばれていますよね。今度はinXtronがBYTECCもどきですか?」

「情報を全く見つけることのできないケースなので確実ではないですが、inXtron系と思われる理由は、ケースのサイズと12.5ミリ厚のドライブのサポートがあります。ケースのサイズはマクベスちゃんやSK2500 800U3と同じでした。」

「そうでしたか。inXtronだとすると、inXtron系初のeSATA登場ということで楽しみです。ここで試合前インタビューをどうぞ。」


OWC「へっへっへ、俺様がOYENなんかinXtronの工場に送り返してやるぜ。」

OYEN「OWCはリングに入ったらすぐに自分に逃げ場がないことを悟るだろう。」


「なんかUFCで誰かが言った台詞のような気がしますが、あと、今回から新しい採点方法が採用されたということですが?」

「ええ、今までの採点方法は不透明すぎると苦情が出たのでそうなりました。今回からはAJA System Testでの優勢は0.5ポイント、ファイルコピーでの優勢は1ポイント、優劣なしは0ポイントとなりました。WriteとReadでそれぞれポイントが出るので、AJA System Testで両方取れば1ラウンドで1ポイント、ファイルコピーでは2ポイント奪取できます。最終ポイントが同点の場合は、Writeでポイントを多く稼いだ方の勝ちとなります。」

「おバカちゃん対決シリーズにはもったいないような採点方法ですが、今日の試合はeSATA、eSATA 6G、USB 3.0でそれぞれAJA System Testとファイルコピーがあるので計6ラウンドですね。ということで6ラウンドの合計ポイントで勝負がつきます。おっ、そろそろ試合が始まりそうです。まずはテスト環境からどうぞ。」

転送速度テスト環境
機種: MacBook Pro Early2008 2.5GHz 6GB
内蔵ディスク: Western Digital Scorpio Black (750 GB, 7200 RPM) WD75000BPKT
外付けケースに使用したディスク: Samsung Spinpoint MP4 (640 GB, 7200 RPM) HM640JJ
AJA System Testの環境: File Size: 8.0 GB (= GiB), Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB
ファイルコピーの環境: File Size: 10.0 GB (= GiB)
eSATAアダプタ:
USB 3.0アダプタ:



「第1ラウンドはUSB 3.0でのAJA System Testです。デブネコさん、USB 3.0について何かありますか?」

「どちらもASMedia製のコントローラーということで差はあまりでないと思われます。」

カ〜ン!

「始まりました。いきなり凄いスピードでストレートの応酬!こんどはミドルとローの相打ち!目にとまらぬ速さです!」

「いや〜速いね!完全に打撃戦だね!」

「Writeで100 MiB/sの壁を突破するのか〜?お互いあと少し!Write終盤にOYENがストーレートをかましてポイントゲット!Readに移ると今度はOWCがミドル連打で逆襲!OYENはローを返すも動きが鈍った感じです。」

カ〜ン!

Usb3_aja

「と、ここで1ラウンド終了!ポイントは0.5ポイントずつ取りました。残念ですがWriteで100 MiB/sの壁は突破できませんでしたね。」

「いや惜しかった。USB 3.0はAJA System Testとファイルコピーのどちらでも100 MiB/sを突破していないからね。」

「続けて第2ラウンド始まります。」

カ〜ン!

「またもや目にも留まらぬストレートの応酬で始まりました!お〜っ、どちらも譲らずに内蔵から外付けへのコピーで100 MiB/sに近づいています!超えることができるのか〜?」

「あと少し!」

「あー、ダメでした。残念!外付けから内蔵へのコピーは双方疲れが出た感じです。あーっ、最後の最後でOYENが肘をヒット!」

カ〜ン!

Usb3_fc

「OYENががポイントをリードしましたね。それにしても99.4 MiB/sなんて、なんかもうズルして1 MiB/s上乗せしたくなるような速度ですね。」

「こらこら、いくらおバカちゃん対決シリーズと言ってもズルはいけませんよ!でも惜しかったね。」


カ〜ン!

「第3ラウンド、eSATAでのAJA System Testが始まりました!OYENが組み付いて首相撲から膝!OWCは押し返しましたが苦しいそうです。WriteはOYENがポイントゲット!とここでOYENは疲れが出たか?OWCの前蹴りがボディにヒット!OYEN組み付きに行こうとするももう一発前蹴りをもらう!」

カ〜ン!

Esata_aja

「ポイントはどちらも取って互角です。eSATAでは普通の並の速さですね。」

「まだAJA System Testだしね。退屈な試合だ。」


カ〜ン!

「第4ラウンド、eSATAでのファイルコピーが始まりました。おーっ、OYENは先のラウンドで味を占めたか組み付いてから膝を連打!OWC押し返してからテイクダウン!」

「なんか同じパターン臭いね。」

「OWCパウンドを2発決めたところでラウンド終了!」

カ〜ン!

Esata_fc

「またまたどちらもポイントをゲットしましたが、速度的にはeSATAでは並ですね。」

「ん〜、本当に退屈な試合だ。」


カ〜ン!

「第5ラウンド、6GのeSATAでのAJA System Testが始まりました!OYEN今度は組み付かずにジャブからストレート連打!おっとOWCよけそこねて1発いいのをもらいました!Readに移ってもOYENの連打が止まりません!あーっ、OYENストレートを打ちに行くと見せかけていきなりの膝!決まってOWC苦しそうです!」

カ〜ン!

Esata6g_aja

「OYENがこのラウンドを取りました!OYENは初戦なのにやりますね。次が最終ラウンドですが、OWCはこのラウンドを取ってもポイント上は負けですね。あとはデブネコ裁定を待つのみと。」

「ここで超爆速が出たらデブネコ裁定でポイントを覆してもいいんだけどね。」

「なんかポイント制の意味が全くなくなるようなお話ですが、超爆速とは?」

「内蔵から外付けへのファイルコピーで106 MiB/s以上だね。」

「本日のコンディションではかなり厳しそうですね。」


カ〜ン!

「最終ラウンド始まりました!おっとOWC打撃戦に付き合うと見せかけていきなりのテイクダウン!罠にはまったOYENはガードできません!OWCがパウンドの連打!鉄槌と肘が決まってOYENが出血です!OYENなんとか腕を取ることに成功しましたが、反撃は全くできません!ここでレフリーがスタンドに戻しました。このラウンドを取りたいOWCテイクダウンに行こうとするもOYEN力を振り絞って前蹴り〜!威嚇して距離を保つ!ここで時間切れか?」

カ〜ン!

Esata6g_fc

「ポイント4対2.5で、OYEN DIGITAL MINIPROが初戦見事に勝利!OWCはマイクを奪ってはやくも再戦をアピールしています!デブネコさん、総括をお願いします。」

「最近100 MiB/s突破に慣れてしまったせいか退屈な試合だったね。しかも勝ったOYENはeSATA 6Gで100 MiB/sを突破していないし。ショービジネスなんだからこういうしょっぱい試合はしてはいかんよ。」

「きびしいお言葉ですねえ。」

「今のテスト環境はそろそろ本当に終わりにしないとね。」

「ということは、これが最後ですか?」

「シーゲートのThunderboltアダプターも来たし、次は新型マシンでThunderboltの速さに集中したいね。」

「では次はThunderboltということで期待しても良いですか?」

「小さなテストをポチポチやるつもり。本格テストは夏に新型マシンを買ってからのお楽しみだけどね。」

「Thunderbolt楽しみですね。ということで、本日もこのバカ検証におつきあいいただきましてありがとうございました。」

Owc_vs_oyen2

« Western DigitalのMy Book Thunderbolt Duoが | トップページ | 2.5インチドライブ用外付けケースの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/44522022

この記事へのトラックバック一覧です: 2.5インチUSB 3.0&eSATA 6Gポート付き外付けケース 転送速度対決!OWC Mercury Elite-AL Pro mini Combo Interface vs. OYEN DIGITAL MINIPRO ESATA / USB 3.0:

« Western DigitalのMy Book Thunderbolt Duoが | トップページ | 2.5インチドライブ用外付けケースの »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック