« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

ハードディスクの調子も良かったし






CalDigitのドライバーのアップデートの効果を再確認するために、USB 3.0ポート搭載外付けケースを中心にいくつかのケースに付いては転送速度を再計測したのですが、初めてファイルコピーにてRAID 0の効果がSNT ST-2250RU3で確認できました。外付けから内蔵へのファイルコピーですが、この旧型MacBook Proでなんと115116 MiB/sです!最速のシングルディスクケースに比べてたったの56 MiB/sですが、RAID 0の効果が確かにあったと言えるでしょう。USB 3.0はCaldigitのドライバーのアップデートのおかげで外付けから内蔵へのファイルコピーで軒並み100 MiB/s以上の速度。外付けドライブからファイルを読み込んであれこれやる人はeSATAよりもUSB 3.0ケースの方が良いでかも。

Windowsでも再計測したのですが.........しなかったことにしました

追記 そうそう、アリスターOWCも再計測したのですが、以前eSATAはOWC Slimの限界が106 MiB/sでこれ以上は出ないと思っていたのですが、外付けから内蔵へのファイルコピーで107.8 MiB/sまではいけました。内蔵から外付けへのファイルコピーでも106.7 MiB/sでしたし、NewerTech Voyager Qが107.8 MiB/sという数値を出しました。ということで、まだいくらかは余力があるみたいです。しかし、いくらディスクの調子が良くてもアリスターOWCのFirewireの遅さだけはどうにもなりませんでした...

2011年11月29日 (火)

inXtron sk2500 800U3を2.5インチ外付けケースのまとめページに






追加しておきました。が、時間がなかったので手抜きです。後で少し追加しておきます。同時にUSB 3.0で再計測できたケースの転送速度データもアップデートしておきました。しかし110 MiB/sなんていう速度がこの古いマシンで出るのですから、USB 3.0はなかなかやりますねえ。そこそこの速度で満足せずにドライバーのアップデートを行っているCaldigitには好感が持てます。eSATAカードを売っているメーカーとかは見習って欲しいですなあ。これで来年出るMacがますます楽しみになりました。もうFirewire 800の時代は本当に終わりですなあ。まあThunderboltの安価なケースが出るまでは、Firewireでデイジーチェーンが使えるのがすごくありがたいですけど。

Seagate Momentus XT 750GBのレビューが






出ていますね。速いですけど、ある面納得かな。価格がねえ$245ですから、当分は試す気になれないですね。あとね、シーゲートはファームウェアのアップデートとか良くやるし、信頼できないところがあるんですよねえ...Scorpio Blackの1TBの方が個人的にはうれしいな。

2.5インチUSB 3.0&Firewire 800ポート付き外付けケース 転送速度対決!BYTECC HD7-U3FW800 vs. inXtron SK-2500 800U3






赤コーナー、このカテゴリー初のケースでJMicron製のチップもなかなかやるよということを証明してきたBYTECC HD7-U3FW800⁓⁓⁓っ!青コーナー、OXFORD系チップを使う前チャンピオンの後継、inXtron SK-2500 800U3⁓⁓⁓っ!

「いや⁓、やっとこのカテゴリーでの暫定王者を決める日がやってきました。前回はFirewireのヒョードルMacbeth mini800がFirewireでの無敵の速さを証明しつつもOWC Mercury Elite-AL Pro miniのeSATA 100 MiB/s以上という爆速の前に敗れ去ったわけですが、今日の暫定王者決定戦ではポート類はUSB 3.0&Firewire 800と全く同一なので、好勝負が期待できます。本日の解説は前回と同じく、金の使い込みがさらに激しくなったという噂のデブネコさんにお願いしました。実況はわたくしこと派亜土銅鑼慰撫がさせていただきます。それではデブネコさん、本日の試合で注目すべき点などお願いします。」

「まあ、どちらが勝つにせよ、アリスターOWC Mercury Elite-AL Pro miniに二つの点で及ばないでしょう。」

「ほう、いきなりきましたね。二つの点ですか?まさか、そのうちの一つは例の...」

「もうわかってると思いますけど、2.5インチドライブ用ケースではスタンダードになった一撃必殺ベンチです。」

「...」

「最近は人体実験は厳しいですが、もっと簡単に実力を測る方法があります。」

「えっ、そのような方法があるんですか?」

「簡単です。両手にケースを持ってブツケてみればいいんです。まあ2回ぐらいは粘るかもしれませんが、3回目にはどちらも間違いなくアリスターOWC に木っ端微塵にされるでしょう。」

「そういう手もありましたか......でもわれわれ一般人にとっては幻想世界でもできそうにないテストですね。というところで、この分野はおいといて、もう一つの点をお願いします。」

「今までの試合結果を見るとUSB 3.0ではファイルコピーで100 MiB/sの壁を突破できないと思われます。今回CalDigitのドライバーが最新のものにアップデートされていますが、結果はそう変わらないでしょう。アリスターOWCはすでに100 MiB/sの壁を何度となく突破していますからね。どちらが暫定王者になるにせよ速さではアリスターOWCにおそらく勝ち目はないでしょう。総合評価は速さだけでは決まりませんが。」

「予想外に真面目なお答えなのでビックリしましたが、端折ると暫定王者がアリスターOWCに勝てるのは総合評価以外ないという予想ですね。」

「端折らなくてもその通りです。」

「ところで、今回はなぜ暫定王者決定戦なのでしょう?」

「一番の理由はまだMacにUSB 3.0ポートが搭載される前だからということですね。主催者側としては暫定王者を作っておけば、後で正式王者決定戦を組めますし、そういう面でも美味しいですから。」

「おっ、そろそろ試合が始まりそうです。デブネコさん、総合評価の件は後日またお願いします。本日の試合は各ポート毎のAJA System Testとファイルコピーということで計4ラウンドです。試合のコンディションは次の通りです。」

テスト環境

機種: MacBook Pro Early2008 2.5GHz 6GB

内蔵ディスク: Western Digital Scorpio Black (750 GB, 7200 RPM) WD75000BPKT
OS Xパーティション (HFS+):649 GB

外付けディスク:Samsung Spinpoint MP4 640 GB 7200RPM (HM640JJ)

システム
OS X Lion (10.7.2)

ファイルシステム

OS 内蔵ディスクのFS 外付けディスクのFS
OS X HFSX HFSX


AJA System Testの環境
File Size: 8.0 GB (= GiB)
Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB

ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GB (= GiB) x 1



続きを読む "2.5インチUSB 3.0&Firewire 800ポート付き外付けケース 転送速度対決!BYTECC HD7-U3FW800 vs. inXtron SK-2500 800U3" »

2011年11月22日 (火)

せっかくSK-2500 800U3の転送速度検証をしようと






思っていたのですが、明日の朝一で出張になってしまったので、検証は来週ですねえ。借りたディスクを突っ込んでちくっと速度をみてみたのですが.......ヒョードルマクベスの後継としては難しいかもしれませんね...ただCaldigitのカードの調子が悪いだけだと良いのですが...

inXtronのSK-2500 800U3が






届きました。

Inxtron800u3

ネットショップの写真では付いていなかったインジケーターが付いていました。ただスゴく安っぽそう...ケースのアルミの

続きを読む "inXtronのSK-2500 800U3が" »

2011年11月20日 (日)

Jobs氏の伝記に関する






いろいろな感想をネットで読んでみましたが、やはりというかApple創世記を知っている人達とそうでない人達では感想がかなり違いますね。Walter Isaacson氏がテクノロジーに詳しくないとか、

続きを読む "Jobs氏の伝記に関する" »

2011年11月19日 (土)

秋葉館のMacbeth mini 800-2のページを見てみて






気がついたんですが、※Boot対応はMac本体に標準搭載されている【USB2.0】ポートになりますという一文が。Macbeth Mini800の方にはこういう記載がないんですよね。もしかしてFirewireから起動できないの?これはイタいかも...もしかして価格がmini 800とmini 800-2で同じなのはこれが理由?本当だったらやだな...

2011年11月18日 (金)

OWCからカタログが届きましたが、






正直今欲しいものはないですね。USB 2.0ポートのケース類はそのうち大量在庫処分セールがありそうですね。

これ欲しいですけど、






ちっくら高すぎません?これではSSDと同じレベルですね。Kingston DataTraveler HyperX 3.0 USB Driveのことです。まあUSBメモリはそのうちガクッと価格が下がるでしょうからそれまで待ちますか。でも来年USB 3.0ポート付きのMacを買ったら物欲再燃しそう

2011年11月17日 (木)

やっとinXtronのSK-2500 800U3が発送された






みたいです。まああと1週間はかかるでしょうねえ。届いたらそく対決シリーズをアップしたいと思います。

2011年11月16日 (水)

ヨーロッパでもハードディスクの価格上昇は







一段落しましたね。ドイツだと2.5インチ1TBのディスクが130ユーロ前後まで落ちました。でも夏の価格まで落ちるのにはまだ先は長そうですね...

ブルーレイは






個人的には全く必要ないですし、Macでソフト面で対応してくれたらうれしいけど、対応してくれなくても困らないですねえ。ノートブックでは光学ドライブはもういらないかな。Mac miniだったら良いかもしれませんけどね。

A Regular Guyが届きました






He was a man too busy to flush toiletsと言うのは最初の1行だったんですね。なかなか強烈な書き出しではないでしょうか。案外本当のことだったりして

やっとJobs氏の伝記を読みきりましたが、こちらの方はいつ手を付けられることか

写真はとびらです。表紙の撮影が失敗したのでこちらを載せました。

A_regular_guy


2011年11月14日 (月)

Apple InsiderのIntelに移行することも






NeXTの買収の理由という話はウソ臭い。もちろん新たなOSの選択だからそう言う話も出ていたというならわかるけど、本当にそれがNeXTの買収に影響した重要な要因の一つだったら、あの自慢話が好きなアメリオ氏が自分の本に書かないはずがない。それに本当にそうするつもりだったらJobs氏のことだからもっと速くやっていたでしょ。Jobs氏の伝記を読んだら、あの人がウダウダと10年近くかけてやる人間ではないということが良くわかると思う。AppleはIntel Tigerにスゴいスピードで移行したけど、もともとIntelプロセッサーで動いていたものがベースなんだから、ずっと移行が目的のための開発を行っていたらもっと速くできたでしょう。

2011年11月12日 (土)

BaRe FeatsがThunderboltRAIDドライブの






比較をしていますね。はやくThunderboltの速さを味わってみたい...

2011年11月10日 (木)

ハードディスクの







モーター製造会社が生産を再開したみたいですね。これで少しは状況が良くなるかな。

アドビがモバイルブラウザー向けの






Flash Playerの開発中止という噂が出ていますが、良いことだと思います。ついでにFlashの開発を全面中止してくれればいいのに。アドビの商売形式は古くなりすぎて、近いうちに通用しなくなると思うな。

2011年11月 9日 (水)

そうか、エリソン氏は何十回となく






トイ・ストーリーを見せられてしまったのね。そりゃ確かに拷問でしょう そう言えば酢尾美に住んでいた時に、イラン人の知り合いが自伝を書いていて、わたしもチェックするという大役を仰せつかったのですけど、大変でした しょっちゅうバージョンアップしたとか言って持って来てくれたんですけど、1、2行書き足しただけだったり、単語を一つ別のにしただけだったり。どこをバージョンアップしたか先に言ってくれれば良いのにと何度思ったことか でもいつも「デブちゃん、また持ってきたから読んでおいて!」って言ってサーッといなくなってしまうんで何も言う暇もなかったんですけどね。内容そのものはなかなか面白かったですけど。あの方の自伝は出版されたのだろうか。

NewerTechのドッキングステーションVoyager Qの転送速度を






Samsung Spinpoint MP4で検証しましたので、2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめの方へ結果をアップしておきました。どのポートの転送速度も今回はあまり大したことなかったですね。まっ、こんなもんでしょう。

今日ディスクの入れ替えをしていてふと思ったのですが、






ソフトウェアRAIDではFileVault 2が使えないので、そう言う意味ではRAIDコントローラー付きのケースも買いですね。最近FileVault 2を使っていないと被害妄想に悩まされるようになってしまいました

日本でもkitcutさんでSONNETのThunderboltアダプターが






売られるんですね。やはりデカくてゴッツイですね

2011年11月 7日 (月)

A Regular Guyを



読んでみたくなってポチっとしてしまいました。楽しみ

翻訳の件で思い出しましたが、



例のMLの件ですが、もう2年以上もメールが来ていないんでしょう? サーバーチェンジを口実に体よく追い出されたのかもしれませんが、klockanをkrockanと書いてしまう人が偉そうに語学の達人ぶってるようなMLは、参加しない方がいいのでは。

続きを読む "翻訳の件で思い出しましたが、" »

そうですか、日本語訳も





そんな感じですか。ハグするねえ。そういう外来語を使った方が雰囲気が出ると思っているのでしょうかね。個人的にはケーハクな翻訳の感じがしてしまいますけど、訳は難しいですねえ。隣の国の言葉の翻訳なんか原文と全然違うところがあるとか。それに比べたらマシなのでは。わたしはといえば原文で頑張っています。時間がないのでまだ半分も読んでいません。楽しみながら読みたいのでクリスマスぐらいまでは引きずるかもしれません。

ジョブス氏の伝記のことでした。

2011年11月 5日 (土)

しばらく様子を見ていたのですが、デスクトップアイコンの位置が記憶されない件、





10.7.2でめでたく完治したと宣言します。昨日いくつもアプリを立ち上げてごちょごちょやるという、デスクトップアイコンの位置を最も崩しやすい状況の中、ExpressCard 34のドライバー関連によるカーネルパニックが2度起きたのですが、どちらもアイコンの位置を崩すことなく復帰。以前だったら必ずグチャグチャになっていたコンディションですので、完治宣言しても大丈夫でしょう。

ところで、クラッシュの後アプリで元の状態に戻らなかったのは検索窓に書き込んであった文字列のみ。再開機能って素晴らしいですね!

もし15インチのAirが出るとしたら、





13インチと15インチのProはなくなってProは17インチだけになるかもしれませんね。そうなった場合Firewireの行方だけが気になるなあ。USB 3.0が搭載されていれば個人的には必要ないですけど。カードリーダーは正直止めて欲しい...

2011年11月 3日 (木)

ハードディスクの価格は少なくとも





今年一杯は夏の相場に戻ることはないでは。というような話を昨日知り合いのショップのダンナと話しました。WDのScorpio Blackは750GBでもうドイツでも200ユーロ以上になっているみたいです。4つあるんですけど、一つ外して新古品として売ろうかな

2011年11月 2日 (水)

秋葉館がMacbeth mini 800-2を





出しましたね。やはりわたしが注文しているものと同じケースでした。同じかと思ったらインジケーターが付いているところが違いました。USB 3.0はおそらく他のケースとそう変わらない速度でしょうが、気になるのはFirewire 800がマクベスちゃんのレベルを保っているかどうかです。PLX社(旧OXFORD社)製のチップというところが楽しみです。

不思議なことにinXtronのサイトではまだ何も情報が出ていないんですよね。

Mac Proの生産を止めるという噂の件、





もしこれがプロセッサ移行のための布石だとしたらスゴい。本当にMac Proみたいなマシンが必要とされる分野ではARMでは何してもIntelのパワーに及ばないでしょう。その分野での出荷台数が低くて儲けになっていないのだったら今切った方が、プロセッサ移行の時にも楽かも。という風に考えると、Pro用のアプリも廃止になったりして。映画業界とか特殊な分野はどうでもいいけど、ミュージシャンや他の芸術家がApple離れをするようにならないと良いけど...アーティストが離れたらAppleはおしまいだと思う。

Walter Isaacson氏のSteve Jobsを読み始めましたが、





いやはやなんとも全てにおいて桁外れの人物だったんですねえ Appleファンだったら皆Jobs氏の人生を大まかには知っていますけど、ここまで詳しく書いてある本はなかったでしょう。当時のアメリカの時代の香りが伝わってきてすごくいい本に仕上がっている感じです。まだ3分の1も読んでいませんが、おススメします。

2011年11月 1日 (火)

サーバーの次はMac Proですか





今Mac Proがどういう職業で最も使われているのかわかりませんが、Mac ProやMacBook Pro17インチ(15インチはProというのは名ばかりだし)みたいな高性能コンピュータを使うプロの方達は正直なところ必要悪に成り下がりつつありましたからね。売れていなければしかたないですね。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック