« せっかくSK-2500 800U3の転送速度検証をしようと | トップページ | Seagate Momentus XT 750GBのレビューが »

2011年11月29日 (火)

2.5インチUSB 3.0&Firewire 800ポート付き外付けケース 転送速度対決!BYTECC HD7-U3FW800 vs. inXtron SK-2500 800U3



赤コーナー、このカテゴリー初のケースでJMicron製のチップもなかなかやるよということを証明してきたBYTECC HD7-U3FW800⁓⁓⁓っ!青コーナー、OXFORD系チップを使う前チャンピオンの後継、inXtron SK-2500 800U3⁓⁓⁓っ!

「いや⁓、やっとこのカテゴリーでの暫定王者を決める日がやってきました。前回はFirewireのヒョードルMacbeth mini800がFirewireでの無敵の速さを証明しつつもOWC Mercury Elite-AL Pro miniのeSATA 100 MiB/s以上という爆速の前に敗れ去ったわけですが、今日の暫定王者決定戦ではポート類はUSB 3.0&Firewire 800と全く同一なので、好勝負が期待できます。本日の解説は前回と同じく、金の使い込みがさらに激しくなったという噂のデブネコさんにお願いしました。実況はわたくしこと派亜土銅鑼慰撫がさせていただきます。それではデブネコさん、本日の試合で注目すべき点などお願いします。」

「まあ、どちらが勝つにせよ、アリスターOWC Mercury Elite-AL Pro miniに二つの点で及ばないでしょう。」

「ほう、いきなりきましたね。二つの点ですか?まさか、そのうちの一つは例の...」

「もうわかってると思いますけど、2.5インチドライブ用ケースではスタンダードになった一撃必殺ベンチです。」

「...」

「最近は人体実験は厳しいですが、もっと簡単に実力を測る方法があります。」

「えっ、そのような方法があるんですか?」

「簡単です。両手にケースを持ってブツケてみればいいんです。まあ2回ぐらいは粘るかもしれませんが、3回目にはどちらも間違いなくアリスターOWC に木っ端微塵にされるでしょう。」

「そういう手もありましたか......でもわれわれ一般人にとっては幻想世界でもできそうにないテストですね。というところで、この分野はおいといて、もう一つの点をお願いします。」

「今までの試合結果を見るとUSB 3.0ではファイルコピーで100 MiB/sの壁を突破できないと思われます。今回CalDigitのドライバーが最新のものにアップデートされていますが、結果はそう変わらないでしょう。アリスターOWCはすでに100 MiB/sの壁を何度となく突破していますからね。どちらが暫定王者になるにせよ速さではアリスターOWCにおそらく勝ち目はないでしょう。総合評価は速さだけでは決まりませんが。」

「予想外に真面目なお答えなのでビックリしましたが、端折ると暫定王者がアリスターOWCに勝てるのは総合評価以外ないという予想ですね。」

「端折らなくてもその通りです。」

「ところで、今回はなぜ暫定王者決定戦なのでしょう?」

「一番の理由はまだMacにUSB 3.0ポートが搭載される前だからということですね。主催者側としては暫定王者を作っておけば、後で正式王者決定戦を組めますし、そういう面でも美味しいですから。」

「おっ、そろそろ試合が始まりそうです。デブネコさん、総合評価の件は後日またお願いします。本日の試合は各ポート毎のAJA System Testとファイルコピーということで計4ラウンドです。試合のコンディションは次の通りです。」

テスト環境

機種: MacBook Pro Early2008 2.5GHz 6GB

内蔵ディスク: Western Digital Scorpio Black (750 GB, 7200 RPM) WD75000BPKT
OS Xパーティション (HFS+):649 GB

外付けディスク:Samsung Spinpoint MP4 640 GB 7200RPM (HM640JJ)

システム
OS X Lion (10.7.2)

ファイルシステム

OS 内蔵ディスクのFS 外付けディスクのFS
OS X HFSX HFSX


AJA System Testの環境
File Size: 8.0 GB (= GiB)
Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB

ファイルコピーの環境
File Size: 10.0 GB (= GiB) x 1



カ⁓ン!

「第1ラウンド始まりました!inXtronいきなりのテークダウン!パウンドに行こうとするもBYTECCクローズドガードで簡単には打たせません!」

「BYTECCはFirewireではやはりダメポだね。」

「確かにWriteでは厳しそうですねえ。でもReadではスルスルと背後に忍び寄る感じです。」

カ⁓ン!

「第1ラウンド終了しました。BYTECCはReadで健闘するもWriteで10 MiB/s近い差をつけられました。」

「まあ、まだ幻想世界での話だからね。」


Vs_fw800_aja





カ⁓ン!

「第2ラウンドファイルコピー開始!inXtron再びテークダウン!肘が入った!BYTECCなんとか持ちこたえようとしています!またしてもReadで盛り返そうとするBYTECC!inXtron余裕の表情!」

「だめだこりゃ。」

カ⁓ン!

「第2ラウンド終了しました。ファイルコピーでも全く似たような結果です。デブネコさん、Firewireの結果の分析をお願いします。」

「inXtronはさすがMacbeth mini800の後継という感じだね。BYTECCはよく頑張ったけど、血統が違ったということかな。どちらに対しても言えるけど、AJA System Testがかなりファイルコピーでの実速に近いね。正確でいいことだ。」


Vs_fw800_fc





カ⁓ン!

「第3ラウンドUSB 3.0での対決が始まりました。おっと、Writeはほぼ互角!inXtronのアッパーとBYTECCのフックが相打ちです⁓!ジャブはinXtronの方が正確な感じです。inXtron疲れて来たか⁓?押されています!あ⁓⁓⁓っ!BYTECCの大振りのフックがヒット⁓!inXtronダウン!」

カ⁓ン!

「第3ラウンド終了しました。inXtronはゴングに救われました!デブネコさん、BYTECCが盛り返してまさかの展開ですね。」

「inXtronはスタミナの消耗が激しいね。ミルコかダンヘンかというようなガス欠ぶり。これは予想外の展開だなあ。BYTECCやるねえ!」


Vs_usb3_aja





カ⁓ン!

「いよいよ最終ラウンドUSB 3.0でのファイルコピーが始まりました!BYTECCが正確なジャブを決めています!お⁓⁓⁓⁓⁓⁓っ!外付けから内蔵へのコピーでBYTECC一気に新記録となる110 MiB/sの壁を突破!!!inXtron追従して100 MiB/sの壁を突破するもBYTECCのフックを食らってダウン!パウンドの嵐の前になす術がありません!!!目がふさがってシウバ状態!BYTECCの肘が二発立て続けに入りました!あ⁓⁓⁓⁓⁓⁓っ、レフリー止めた!レフリー止めました!BYTECCがTKOで2011年度最後のバトルを制し暫定王者!!!inXtronは茫然としています!」


Vs_usb3_fc





「デブネコさん、Firewire 800の結果からは全く予想できない結果になりましたね。しかもオーバー110 MiB/sです!これは今までeSATAでもシングルドライブでは達成されていません。」

「いやービックリしたね。CalDigitのドライバーが本当に改良されたんだろうね。BYTECCはAJA System Testとファイルコピーでの速度がほとんど同じ。こうなってくるとUSB 3.0でもAJA System Testは幻想世界ではなくてほぼ現実世界とした方がいいね。」



「では、今日行われた他の試合の結果も含めて表にしてみます。まずはFirewire 800です。ほう、AJA System Testではマクベスちゃんが相変わらずトップですね。でもファイルコピーではinXtronがとうとう王者を下しています。デブネコさん、これはどう見れば良いのでしょう?」

「まあほとんど誤差の範囲ですからね。今日はinXtronの調子の方が少しだけ良かったということでしょう。いずれにせよ、Firewire 800ケースを買う人にとってはinXtronの血統が重要なポイントだね。」


Gp_fw800_aja


Gp_fw800_fc





「それではUSB 3.0ですが、なんとAJA System TestのReadと外付けから内蔵へのファイルコピーで軒並み100 MiB/sを突破しています。これは驚きました。」

「トップスリーは外付けから内蔵へのファイルコピーでeSATAよりも速い数値だね。これでチップが改良されたらまだまだ速くなりそう。それゆえinXtronの遅さが余計に目立つね。隠れinXtronのAKiTioがナンバー2ということは、inXtronのFirewire 800&USB 3.0チップが遅いということでしょう。まあRev. Aだろうからしかたないかな。はやく熟成させて欲しいですね。USB 3.0に限れば、同じチップが使ってあればパフォーマンスに差がないし、安いケースを買った方がいいですね。akasaなんかいい例だと思います。」

「それでは、デブネコさん、また来年このバカ企画での解説をお願いすることになると思いますが、本日はありがとうございました。」


Gp_usb3_aja

Gp_usb3_fc


よろしかったら再試合もご覧ください(笑)

« せっかくSK-2500 800U3の転送速度検証をしようと | トップページ | Seagate Momentus XT 750GBのレビューが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/43073448

この記事へのトラックバック一覧です: 2.5インチUSB 3.0&Firewire 800ポート付き外付けケース 転送速度対決!BYTECC HD7-U3FW800 vs. inXtron SK-2500 800U3:

« せっかくSK-2500 800U3の転送速度検証をしようと | トップページ | Seagate Momentus XT 750GBのレビューが »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック