« おっと、日立の4テラバイトディスクはうやむやになってしまいましたが、 | トップページ | Parallels Desktop 7 for Macをポチッと »

2011年9月 8日 (木)

640GBのSamsung Spinpoint MP4 (HM640JJ)が一つあいたので





BYTECCのHD7-U3のFW800の転送速度を検証し直しました。外付けケースのまとめページにはFirewire 800の結果のみをアップしておきました。内蔵から外付けへのファイルコピーではマクベスちゃんに続く歴代2位なので、JMicron製のチップだからと言って遅いということはないですね。AJA System Testでの結果もファイルーコピーでの結果とほとんど同じでした。

ちなみにWindows 7で計測したUSB 3.0のファイルコピーでの転送速度は内蔵から外付けへが66.49 MiB/s、外付けから内蔵へが72.11 MiB/sでした。ということで、ファイルコピーでの実測ではやはりMac側のFirewire 800には及びません。差は小さいですけどね。AJA System Testで計測するとWriteが77.5 MiB/s、Readが100.2 MiB/sとFirewireよりすごいんですけど、ファイルコピーでの遅さはWindowsのコピー速度の遅さが原因のような気がします。Mac側でUSB 3.0が使えるようになったらFirewire 800より良い数値が出るのかもしれません。

追記 ついでなので計測しなおして、前回1TBのドライブで計測したものと一緒にまとめてみました。まとめは続きをどうぞ。

Mac側では7200rpmのドライブの効果がわずかながら出て、内蔵から外付けへのコピーでの転送速度が70 MiB/sの壁を破りました。Windows側では効果が出ているとは単純には言えませんね。Windows側では最速の結果である内蔵から外付けへのUSB 3.0経由のコピーでも70 MiB/sの壁を破れませんでした。BYTECCのHD7-U3はやはりMac側ではFirewire 800、Windows側ではUSB 3.0という使い方が良い感じかな。


Bytecc_single_nya


« おっと、日立の4テラバイトディスクはうやむやになってしまいましたが、 | トップページ | Parallels Desktop 7 for Macをポチッと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 640GBのSamsung Spinpoint MP4 (HM640JJ)が一つあいたので:

« おっと、日立の4テラバイトディスクはうやむやになってしまいましたが、 | トップページ | Parallels Desktop 7 for Macをポチッと »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック