« 今朝職場のサーバーを管理しているWindowsの仙人に | トップページ | Windows 7のファイルコピーの速度を上げたくて »

2011年9月14日 (水)

2.5インチ外付けケースのまとめページにUSB 3.0ケースの転送速度を






追加しました。本当はUSB 3.0ケースの検証を機にWindows側での結果も入れようと思ったのですが、どのポートを使っても内蔵ドライブから外付けドライブへのファイルコピーが軒並み60 MiB/s台ですし、Windowsをこけにするのが目的でないので止めておきました。でもOSが足枷になっているのは事実ですし、Microsoftさんに頑張ってもらうしかないですねえ。


ところで、HPなんかThunderboltは採用しないでUSB 3.0で行くみたいなことを発表していましたが、自分で自分の首を絞めているような気がします。外付けドライブへの転送速度が重要な方はHPのマシンは絶対に買ってはダメですね。Windowsしかないんだし、そうすると例の激遅の転送速度ですから。AppleのBoot Campのページを見ると、ThunderboltはWindows側でも使えますし、来年あたりWindows側のThunderboltの転送速度も検証してみたいですねえ。他にThunderboltを採用するところが今後出なかったら、WindowsでThunderboltを使いたい人は皆Macを買ったりして

Thunderboltの転送速度検証はMacworldのこれ対Firewire 800対eSATAがわかりやすくて良いと思います。そう言えばeSATAとFirewire 800の結果を見て思ったんですけど、このブログの検証の方が内蔵ドライブ方外付けドライブへのファイルコピーとかでMacworldののより良い結果がでているんですよね。Macworldでは17インチのMacBook ProとSSDを使っているんですけど、内蔵ドライブ方外付けドライブへのファイルコピーでは100 MiB/sにも到達していないです。カードは何を使ったんでしょう。Firewire 800にしても700ドル以上もするRAIDシステムを使って内蔵ドライブ方外付けドライブへのファイルコピーで80 MiB/sも到達していません。高い金をつぎ込んであの程度しか出ないというの見ると、カードとかケースに投資するのはやはりじっくり調べないとダメだと痛感しますねえ。ディスクとケースとカードを合わせて150ドルぐらいで同じ性能を出せてしまうんですから。そう言う意味ではこのブログの素人検証も、リーズナブルで速いものを探すのに少しは役に立っているのかな。

« 今朝職場のサーバーを管理しているWindowsの仙人に | トップページ | Windows 7のファイルコピーの速度を上げたくて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今朝職場のサーバーを管理しているWindowsの仙人に | トップページ | Windows 7のファイルコピーの速度を上げたくて »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック