« Lionを大文字/小文字を区別するMac OS 拡張フォーマット(HFSX)で | トップページ | Filevault 2でファイルをそのままに外付けディスクを暗号化(やり方) »

2011年8月21日 (日)

LionのTime Machineのローカルスナップショットは


ありがたい機能ですが、ハードディスク容量をかなり使いますし、普段はあまり必要ないですよね。ということで、この機能をON / OFFにするAppleスクリプトアプリを作ってみました。ソースは下記のものをご参照ください。パスワードの変更をお忘れなく。





 display dialog "どっちや?" buttons {"ON", "OFF"} default button 2

 set sentaku to button returned of result

 if sentaku is "ON" then

  do shell script "sudo tmutil enablelocal" password "hogehoge" with administrator privileges

 else

  do shell script "sudo tmutil disablelocal" password "hogehoge" with administrator privileges

 end if

« Lionを大文字/小文字を区別するMac OS 拡張フォーマット(HFSX)で | トップページ | Filevault 2でファイルをそのままに外付けディスクを暗号化(やり方) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LionのTime Machineのローカルスナップショットは:

« Lionを大文字/小文字を区別するMac OS 拡張フォーマット(HFSX)で | トップページ | Filevault 2でファイルをそのままに外付けディスクを暗号化(やり方) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック