« あ〜あ、Lionでもデスクトップアイコンの位置がずれちゃいました | トップページ | STORAGEREVIEW.COMでWestern Digital Scorpio Blue 1TB(WD10JPVT)のレビューを掲載しています »

2011年8月11日 (木)

LionのFileVault 2で外付けドライブの暗号化(やり方)





これを紹介している方はたくさんいらっしゃるのでしょうが、このブログへもこの件でいらしている方がポチポチいますので簡単にやり方をアップしておきます。外付けドライブの中身を消去しますので、バックアップを取ってからやってくださいね。これね、皆さんがすぐに見つけられないのは、システム環境設定のセキュリティとプライバシーではなくディスクユーティリティでやるからでしょう。ディスクユーティリティでは以前から暗号化されたDMGファイルを作ることができましたが、それと似たようなものです。

今回はディスクユーティリティを使った方法をご紹介します。ボリュームを消去せずに外付けドライブのファイルを残したまま暗号化する方法はFilevault 2でファイルをそのままに外付けディスクを暗号化(やり方)をご覧ください。

1.外付けディスクを接続して、ディスクユーティリティを立ち上げる。

2.下の画像のように、外付けドライブのボリュームを選択し、ディスクユーティリティで消去を選択。

Filevault2





3.この後に暗号化されたボリュームを作って良いか訊いてきます。パスワードを設定して消去ボタンを押して終わりです。通常のフォーマットより僅かに時間がかかりますがあっという間です。暗号化されたボリュームのパスワードは解除できないので、パスワードは絶対に忘れないようにしましょう。

Filevault2_2





4.次回ドライブを接続するとこのようにパスワードを訊いてきます。

Passwd

暗号化した外付けドライブの参考転送速度はこちらをご覧ください。AppleのLionの新機能紹介には⸢FileVault 2は、外付けのUSBドライブとFireWireドライブの暗号化にも対応します⸥となっていますが、これは今のAppleにはeSATAポートとかついてないからであって、eSATA接続でも大丈夫です。Thunderboltも大丈夫でしょう。そうでなかったら困りますけどね


« あ〜あ、Lionでもデスクトップアイコンの位置がずれちゃいました | トップページ | STORAGEREVIEW.COMでWestern Digital Scorpio Blue 1TB(WD10JPVT)のレビューを掲載しています »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LionのFileVault 2で外付けドライブの暗号化(やり方):

« あ〜あ、Lionでもデスクトップアイコンの位置がずれちゃいました | トップページ | STORAGEREVIEW.COMでWestern Digital Scorpio Blue 1TB(WD10JPVT)のレビューを掲載しています »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック