« このブログの素人検証シリーズでは | トップページ | 前原外相の辞任が »

2011年3月 6日 (日)

Thunderbolt対応機器という検索でこのブログにも





かなりの方が来ているみたいですが、今年出るものは全てアップル税1000パーセントくらいの超高額なものばかりのような気がします。外付けディスクにしたって内容からいって250GBのSSD二つとかメチャクチャ高額になる

要素だし、あのLaCieが出すんですからねえ。わたしの期待はWestern Digitalです。この会社だったらリーズナブルなものを出してくれそうな気がしますがどうでしょう。Thunderboltの転送速度を活かすのであれば現状では安く作れという方が無理で絶対に高額になってしまいますが、今ではボトルネックになっているFirewire 800ポートの外付けディスクをMacでは買い足さないと使えないeSATAポートやUSB 3.0ポートの外付けディスク並みの速度に押し上げるだけでも意味があると思いますねえ。

もし比較的手頃な製品が出るとしたら、今までのFirewireとかeSATAとかの古い資産を活かすものが多いのではないかと思います。たとえばThunderbolt用変換ハブにFirewire800とUSB 3.0とeSATAが付いていたらもういうことはないでしょう。まあ比較的手頃といっても足下見てユーロにして最低100ユーロくらいしそうですけどね。

« このブログの素人検証シリーズでは | トップページ | 前原外相の辞任が »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Thunderbolt対応機器という検索でこのブログにも:

« このブログの素人検証シリーズでは | トップページ | 前原外相の辞任が »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック