« YOMIURI ONLINEがいきなり原発報道に熱心になったのは | トップページ | 2.5インチSATAディスク用外付けケース ポート別速度比較検証(暫定7200rpm版) »

2011年3月20日 (日)

このまま何事もなく作業が進むといいですね。





ここまで来たら冷却作戦が成功してほしい!

今回の原発事故で国民の目にも色々なことが曝されて良かったと思います。

まずショックだったのはこういう事態になったら日本は全く対応する体制がなかったこと。東電もヒドかったけど、それは原発事故が起きてすぐに素人目にもわかったこと。それなのに悠長に東電からの連絡が遅いとかバカなことを言っていた政府は最悪。保安院なんてクソの役にも立ちませんでしたし、要らないと思います。保安院の為に物事がスムーズに運んでいなかったように見えたのはわたしだけかな。保安院なんかよりも原発地元の消防署に電力会社を見張らせた方がかなり効率が良さそうに思えます。

もう一つかなりショックだったのは東京消防庁しかこういう事態に対応できる消防機器がなかったということ。もちろん自衛隊の特殊消防車も活躍しましたが、ハイパーレスキュー隊の消防車の放水能力は仕組みからにして桁違いでしたね。スーパーポンパーなんて凄すぎる!先見の明がある人がいて良かった。今回の事故で得たものをベースにハイパーレスキュー隊の消防車ももっと進化させて欲しいですし、自衛隊もこういう事を想定したものを装備して欲しいです。それが命をかけた人達に対してできる最低限のことだと思います。そして進化を遂げた消防車を原発のあるところには必ず配置させるとかそのぐらいしてほしいですね。請求書はもちろん東京電力持ちで。ヒドかったのはハイパーレスキュー隊の前に地元の消防署とかに応援を要請していたことです。死んでくれって言っているようなものでしたね。

米軍が今ごろになって大型放水設備を無償で提供とかしていますが、このタイミングになったということは、米軍もメルトダウンはほぼ起こらないと見て、機器の投入が無駄にならないと判断したからではないでしょうか。正直なところアメリカといいヨーロッパといい日本人がここまで粘るとは思っていなかったと思います。ヨーロッパのやり方だったら現場の作業員はとっくに避難していて、あとはもうチェルノブイリみたいにコンクリートで固めてしまうとかいう手を打っていたと思います。こちらでは神風的な精神はないので、作業員を何かあったら確実に死ぬ場所に送り込んだりはしませんからね。チェルノブイリではやはり自己を犠牲にした作業員や兵士の方がたくさんいましたが、これもソ連の時代だったから可能だったと言えると思います。一概にどちらの考え方が良いとは言えませんが、今回に限っては現場の方達の勇気がなければ第一原発はとっくに終わっていたでしょう。本当に最後まで何も起きませんよう...

あっ、そう言えばセ・リーグの件、やはり笑わせてくれましたね。こうなるのは見え見えだったのにそのぐらいのことも判断できないバカ経営者たちに日本のプロ野球が牛耳られていると思うと悲しいです。個人的には29日も止めて、開幕をパ・リーグと合わせて欲しいですね。25日開幕決定はおとりで、最初から29日を狙っていたのなら凄いけど、まああの面々を見ると可能性は限りなくゼロに近いかと...もう少し叩いてやった方がいいかな...

« YOMIURI ONLINEがいきなり原発報道に熱心になったのは | トップページ | 2.5インチSATAディスク用外付けケース ポート別速度比較検証(暫定7200rpm版) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このまま何事もなく作業が進むといいですね。:

« YOMIURI ONLINEがいきなり原発報道に熱心になったのは | トップページ | 2.5インチSATAディスク用外付けケース ポート別速度比較検証(暫定7200rpm版) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック