« OWC Mercury Elite-AL Pro miniが到着 | トップページ | 2.5インチケースの »

2011年3月16日 (水)

林檎派 Macbeth Mini800 vs. OWC Mercury Elite-AL Pro mini


両者入場!(PRIDEの曲をかけてください)
Macbeth_vs_owc1_2

赤コーナー、Firewireのヒョードル、60億(÷10億)分の1の外付けケース、林檎派 Macbeth Mini800〜〜〜〜〜〜!青コーナー、eSATAポートとマッチョな重さで打倒Macbethを目指すエンクロージャーのアリスター、OWC Mercury Elite-AL Pro mini〜〜〜〜〜〜!
Macbeth_vs_owc3


「今日の解説は最近激しい金の使い込みが目立っているデブネコさんにお願いしました。アナウンサーはわたくしバズーカが勤めさせていただきます。それではデブネコさん、今日の試合のポイントをお願いします。」

「まずはウェートについてなんですが、ミドル級とヘビー級の差があります。簡単に説明しますと、Elite-AL Pro miniで人を殴ったら一撃必殺ですが、 Macbeth Mini800で殴ったら逆襲に遭う可能性が大です。」

「はあ、人を殴る。そういう観点からも観ないといけないわけですね。」

「もちろんです。これは今では外付けケース選びの際に重要なポイントになっていますからね。簡単な重量テストとして足の上の落としてみるのもいいかもしれません。次のポイントはポートの種類です。MacbethはFirewire 800×2、Firewire 400、USB 2.0。Firewire 400はもうほとんど要らないポートですから王者は実質2種類のポートしかないと言えます。Elite-AL Pro miniはポート数は同じ4でも、種類がFirewire 800×2、eSATA、USB 2.0ということで挑戦者が王者を上回っています。」

「ほうeSATAですか。これは強烈そうですね。」

「わたしの予想では挑戦者はFirewireで互角に張り合い、eSATAを使って王者をしとめると思います。」

「それではここで両者の比較表を観ていただきましょう。」

Jamforelse

「かなり拮抗していますが、スペックだけ見るとやはり挑戦者が有利でしょうか。」

「eSATAでどのくらい引き離せるかが一つの見所になるでしょう。」

「マシンはMacBook Pro early2008、内蔵ディスクはWestern Digital Scorpio Black WD7500BPKT、外付けケースのディスクはSamsung Spinpoint MP4 HM640JJがつとめます。さあFirewire 800ポート対決の第一ラウンド開始です。」

カ〜〜〜ン

「おっとAJA System Testでチャンピオンがいきなりテークダウンからパウンド連打!」

Macbeth Mini800
Inx_fw800_72k_2
Mercury Elite-AL Pro mini
Owc_fw800_72k

「10 GiBのファイルコピーによる実測でもチャンピオンの勢いが止まりません。マウントから鉄槌の嵐〜〜〜!!!チャンピオン健在!挑戦者ぎりぎりのところでなんとかスイープ。ここで時間切れか〜!」
Inxtron_vs_owc_fw800_2

カ〜〜〜ン

「第一ラウンド終了です。デブネコさん、チャンピオン凄まじいパウンドでしたね。この展開は想定通りですか?」

「いや、チップの型番が同じなのでほぼ同等かもう少し差が小さいと予想していましたが、これは意外な展開です。書き込みで20 MiB/sもの差がつくなんて。チャンピオンが意地を見せましたね。Firewireだったらオマエに用はないと言っているような気がします。」

「第二ラウンドはeSATAポートがないだけにチャンピオンにとって酷な戦いですね。」

「Firewireであれだけ差を付けられた挑戦者としてはここで一気に挽回といきたいところです。」

「さあ第二ラウンド開始です。」

カ〜〜〜ン

「出た〜〜〜っ!オーバー100 MiB/s!AJA System Testで挑戦者のeSATA爆発です!」

「いやこれはAJA System Testですからね。これはチャンピオン側としても想定内ですよ。これまでも何回もAJA System Testで幻想を見てますから。」

Owc_esata_72k

「うぉー!ファイルコピーによる実測でも止まらない挑戦者の怒濤のラッシュ〜〜〜ッ!またもやオーバー100 MiB/sです!チャンピオン完全にグロッキーです!チャンピオン絶体絶命!お〜っと、レフリー止めました!!!挑戦者TKO勝利!デブネコさん、予想が当たりましたね!」

「まあここは当たってもらわないと。挑戦者がeSATAで盛り返せなかったら価格に見合わないケースとしていきなりのリリース・流し売りという運命が待っていたわけですから。」

Owc_esata_filecopy

「デブネコさん、最後に総括をお願いします。」

「挑戦者がみごとに勝利したわけですが、eSATAがあるだけに勝って当然。ただDeLOCKのケースより僅かながらも速かったのは評価できます。気に食わないのは挑戦者のFirewireポート。eSATAでの実測に比べてマイナス49 MiB/s。これは全くいただけませんね。このケースしか知らないとeSATAポートがFirewireポートに比べてやたら速く感じるという面ではいいかもしれませんが。Firewireポートが遅いのはOWCのケースの伝統芸なのかな。確か兄貴分のElite-AL Pro Dual miniのFirewireポートもクソ遅かったと記憶しています。Oxfordのチップと言うことにつられて買うと痛い目に遭いますから気をつけましょう。チャンピオンの座を追われたMacbeth Mini800はこれで引退かな。酷使されすぎているのでそろそろやめ時でしょう。もしかしたら7200rpmディスクを使ったグランプリには出場するかもしれませんが。最後までFirewire最強の座を守ったし、今まで良くやったと思います。」

「そうですか、引退ですか。残念ですがしかたないですね。まあThunderboltポートも出てきたことだし今後はeSATA以上の速さを持ったポート同士の戦いですね。それでは本日ありがとうございました」

« OWC Mercury Elite-AL Pro miniが到着 | トップページ | 2.5インチケースの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/39241834

この記事へのトラックバック一覧です: 林檎派 Macbeth Mini800 vs. OWC Mercury Elite-AL Pro mini:

« OWC Mercury Elite-AL Pro miniが到着 | トップページ | 2.5インチケースの »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック