« Lionの新しい機能の情報が | トップページ | MacBook Pro(Early2008)+ eSATAカードの転送速度ですが »

2011年3月 3日 (木)

寄生獣Mac miniがeSATAで現実世界108 MiB/sの転送速度を達成!






Kiseiju2_mini

とうとう100 MiB/sの壁を超えました!ただeSATAポートを2つ使ってソフトウェアRAIDという非常にえげつない手口を使ってのことですが ハードディスクでこれなんですから内蔵ディスクをSSDに替えたら

150 MiB/sとか出そうですね。外付けケースはDeLOCKのeSATAp用のケースが2つ、ケースのディスクは例の遅い640GBのSamsung Spinpoint M7E(HM641JI 5400rpm)が2つで、ソフトウェアRAIDは0です。AJA System Testではまたまたとんでもない数値が出ています。



Mini_softraid0





外付けディスクから内蔵ディスクへのコピーでは100 MiB/sを切ってしまいました。しかし108 MiB/sはやはりスゴい!まあ実際に外付けケースを2つ使ってまでRAIDを作るなどということはしませんので、現状ではRAIDケースを使って約100 MiB/sに甘んじるというところでしょうか。




Mini_esata_results

« Lionの新しい機能の情報が | トップページ | MacBook Pro(Early2008)+ eSATAカードの転送速度ですが »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寄生獣Mac miniがeSATAで現実世界108 MiB/sの転送速度を達成!:

« Lionの新しい機能の情報が | トップページ | MacBook Pro(Early2008)+ eSATAカードの転送速度ですが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック