« AppleのThunderboltの紹介文に | トップページ | Thunderbolt対応の機器は »

2011年2月25日 (金)

Mac mini改造計画 昇天変 Mini-PCIe + SATA -> eSATAの転送速度検証 その1





ということで、写真のSATA -> eSATA変換ケーブルが届いたのでさっそく転送速度をテストしてみました。このテストに至るまでの流れはこちらの記事をご覧ください。



Photo





結果ですが、

Steve Johanssonさんのページで紹介されている結果と似たようなもんですね。計測環境は以下の通りです。


外付けケース:RaidSonic Icy Box IB-266StUS-B
使用したディスク:Samsung Spinpoint M7E 640 GB (HM641JI)
内蔵ディスク:Samsung Spinpoint M7E 640 GB (HM641JI)
コピーに使用したファイル:mkfileで作成した10GiBの空ファイル

Mini_esata_fig


こちらはAJA System Testのスクリーンショット。
Macmini_esata_aja_2


いかがでしょうか。Firewire 800があったらこんな改造はする必要はない速度ですが、Firewireポートを取り替えるような大改造をする知識はありませんし自分としては満足しています。転送速度テストは一発で終わらせる予定だったのですが、まだ試したいことが一つありますので、今回はその1にしておきました。

追記 内蔵ディスクを交換したら大幅な速度アップにつながりました。詳しくはこちらをご覧ください。

« AppleのThunderboltの紹介文に | トップページ | Thunderbolt対応の機器は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« AppleのThunderboltの紹介文に | トップページ | Thunderbolt対応の機器は »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック