« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.6 | トップページ | なぜかまたまた »

2011年1月18日 (火)

Power over eSATAを買ったつもりがUSB 2.0に...その3





なってしまったと見苦しく嘆いていましたが、隣の国の知り合いから「俺のはしっかり動いているけど。」というお言葉...ナヌー?マジ?しかしドライバーを再度インストールしてもハードディスクがUSBとして認識されてしまいます。やっぱりダメですか〜などと思っていたところ、来ましたよん。先日悪口を言ってしまったDeLOCKのサポートさんからお返事が。

最新のSilicon Imageのドライバーをインストールせよとのこと。さっそくSilicon Imageのサポートページ経由で最新と思われるドライバーをゲット。インストールしてみたところ.................................外付けドライブがしっかりSCSIドライブとして認識されました!!パチパチ やった!これでeSATApも体験できました。

最新のドライバーをインストールするという最低限で当然のこともしてなかったのと思われるかもしれませんが、MacBook ProでのeSATA使用に関してはそうでもないんですよねえ。特にSilicon Imageの最新のeSATAドライバーはカーネルパニックを引き起こすことで有名なんです。ですから例えばLaCieのeSATAポートexpresscard34なんかですと古いドライバーを使わざるをえませんし。eSATApカード用のRAIDドライバーでの事情は違うということは全く知りませんでした。今のところカーネルパニックもなくバスパワーでeSATApドライブが動いています(って当然か)。

ということで、一時は天罰がくだったのかとも思いましたが、eSATApの件はめでたくハッピーエンドをむかえました。Power over eSATAはMacでも動きます!

で、転送速度ですがいつも通りの下記の条件で計測しました。


機種: MacBook Pro Early2008 2.5GHz 6GB
内蔵ディスク: WD75000BPVT

AJA System Test
File Size: 8.0 GB (= 8GiB)
Video Frame Size: 2048x1556 10-bit RGB

ファイルコピーによる実行速度テスト
File Size: 10.0 GB (= 10GiB)

外付けケースに使用したディスク: Samsung Spinpoint M7E (640 GB, SATA II) HM641JI

eSATApアダプタ: Delock Express Card > 1x Power over eSATA
eSATAp外付けケース:Delock 2.5 External enclosure SATA HDD > Power Over eSATA


Delock_esatap

ということで、普通のeSATAケースとあまり変わらないですね。まあこんなもんでしょう。今後はeSATAケースは全てeSATApケースを買うことにします。

« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.6 | トップページ | なぜかまたまた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Power over eSATAを買ったつもりがUSB 2.0に...その3:

« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.6 | トップページ | なぜかまたまた »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック