« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.4 | トップページ | Snow Leopardでデスクトップのアイコン位置が記憶されない »

2011年1月 8日 (土)

BaRe Featsでノートブック用のRAIDシステムの






比較をやっていますね。なんとaktuellな!!!しかしこのブログでも扱ったOWC Elite-AL Pro Dual miniを除いてはディスク入りで高価なケースばかりというのが...でもTrans InternationalのProStor 525L欲しい!!!これって

わたしがこういうのがあったらなあと思っていたそのままです。で、ポート別のTransfer Rateを見るとこのメーカーがデーターに関して良心的だなと思います。Firewire800で80MB/s、Firewire400で40MB/s、USBで20MB/s、eSATAで112MB/sってこのブログでやった検証の結果に非常に近いんですよね。今月の16日に発売みたいですから価格にもよりますけど要チェックですなあ。

BaRe Featsのベンチテストの結果なんですが、いくつかおもしろいことがわかります。 In fact, a RAID 1 (mirrored) box with SSDs ran faster than a RAID 0 (striped) box with HDDsなんて書いてありますが、ウソつくなよ 最速のFusion F2はHDD、Elite-AL dual HDDやGuardian Maximusにしても書き込み速度ではProStor525Lと比べて同等か負けていますが、読み込みでは勝っているぞ。結局eSATAの世界になるとSSDとHDDの差はないと考えていいんじゃないのかな。Elite-AL dual SSD fwとElite-AL dual SSD usb2の結果を見るとOWC Elite-AL Pro Dual miniってやはり遅いのね。逆にこのブログでホメまくっている秋葉館 Macbeth Mini800 林檎派ってスゴいと思いませんか?遅いディスクを使っているのに負けているのはFirewire800の読み込み速度のみでしかも差はたったの1MB/s以下なんですけど。

で、BaRe FeatsのベンチテストでもやはりeSATAの結果が良すぎるように思うんですけど、いつもやっているようにQuickBenchでテストしたのでしょうかね。買って試してみようかな。なんかAJA System Testのいい加減さを知った後だとこの手のソフト結果がどうも疑わしく見えてしまうというかなんというか。

で、最後に価格を見てみるとSonnet Tech Fusion 2 は500GB/7200rpm x 2で$399、ProStor525Lはまだ公表されていなくて、OWC Elite-AL Pro Dual mini with dual SSDsは一番安いのが$599.99、OWC Elite-AL Pro Dual mini with dual HDDsで一番安いのは$179.99、NewerTechのGuardian MAXimus miniは一番安いので$199.99、iStorage ProのiT2PKTVは$400以上、G-TechのG-RAID miniは$250以上。やはり高いですねえ


« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.4 | トップページ | Snow Leopardでデスクトップのアイコン位置が記憶されない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BaRe Featsでノートブック用のRAIDシステムの:

« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.4 | トップページ | Snow Leopardでデスクトップのアイコン位置が記憶されない »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック