« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.5 | トップページ | eSATAのベンチテストと実行速度の差 閑話 »

2011年1月14日 (金)

2.5インチハードディスクソフトウェアRAID速度検証 eSATA x 2






Power Over eSATAはダメでしたが折角Delockのケースを買ったので、eSATAポートのシングルディスクを2つソフトウェアRAIDでつなげてみたらどうなるかを検証してみました。結果は...

数値は書き込み速度です。やはりAJA System Testの結果が無茶苦茶いいですが、10GB(=10GiB)のファイルを使ったコピーでの実際の転送速度は80 MB/sしか出ませんでした。こういうのって詐欺にあった気分ですなあcoldsweats01 Xbenchでのテスト結果の方が実際のファイルコピーでの転送速度に近くて信用できる気がします。

Esatax2_2

追記 これ書いていてふと思い出したんですが、BaRe Featsのテストで最速のSonnet Fusion F2って基本的には今回の検証でやったみたいに2つのeSATAをポートマルチプライヤではなくAppleのディスクユーティリティのソフトウェアRAIDでつなげただけなんですよね。こちらのページにそこら辺のことが書いてあります。それを考えるとFusion F2ってかなり安上がりに作られていると思うんですがいかがでしょう。で、AJA System Testみたいなベンチテストソフトの結果ではなく、実際のファイルを使った転送速度であんなにスゴい速度が出るのだろうかという疑問が残ります。たとえTempo SATA Proという速いExpressCardを使ったとしてもです。特定のベンチソフトで速い書き読みができても全然うれしくないんですよねえ。やはり速いディスクを買ってチェックしてみないとダメかな。

« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.5 | トップページ | eSATAのベンチテストと実行速度の差 閑話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80038/38461607

この記事へのトラックバック一覧です: 2.5インチハードディスクソフトウェアRAID速度検証 eSATA x 2:

« 2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その8.5 | トップページ | eSATAのベンチテストと実行速度の差 閑話 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック