« いきなりですが、真央ちゃ〜ん! | トップページ | 2.5インチSATAディスク用外付けRAIDケース 閑話2 »

2010年12月27日 (月)

2.5インチSATAディスク用外付けRAIDケース 閑話




売っているのは知っているけどこのブログでは想定外のRAIDケースがかなりあります。いろいろ理由はありますが、コストパフォーマンスが第一の理由ですねえ。よほどお買い得のセールでもない限り今後もこのブログで扱うことはないでしょう。

1. USB 2.5" Double SATA HDD Enclosure

RAIDは1のみ、ポートもUSBだけでこの価格は高すぎるでしょう。


2. 2.5 SATA Hard Drive Case 2TB

このケースは買っても良いかなと思わせる内容ですが、実際にヨーロッパまで取り寄せると内容の割に高すぎる価格です。

3. MiniRAID, 2x2,5"SATA, Raid1, 1394a Host

この価格でRAIDが1しかないというのはだめでしょう。ポートもUSB 2.0とFirewire 1394aだけでひと昔前のものですねえ。


以前にも書きましたが、ミニタンクタイプはハードディスクのキャパシティに制限があるのが多いので気をつけた方が良いです。USB3.0ポートが付いた最新のモデルは大丈夫みたいですが、去年あたりまで売られていたUSB+eSATAタイプはディスクあたり500GBの制限があるのが多く、折角4つも入るのに総容量ではDualケースと変わらないということになりません。

あとディスクと抱き合わせの製品がありますが、これらはコストパフォーマンスでアウトです。この程度の性能の為にここまで払っていられるかという感じ。スタイリッシュなケースが多いので残念なんですけどね。以下いくつかリンクしておきます。

LaCie Little Big Disk Quadra
Guardian MAXimus mini
CalDigit VR mini
Sonnet Fusion F2
G-RAID mini

Newer TechnologyのGuardian MAXimus miniのケースはinXtronのTaurus Mini Super-Sだと思うので、そのうちケース単体でどこか出すと思うんですが、そうなったら買いですね。


ところでONNTOのRS-S2TJRaidSonicのIcyBoxブランドで発売されましたね。IcyBoxでの機種はIB-RD2262-USEbみたいです。

例のFirewire800の電力の件、外付けの電源を使って試してみましたが結果に全く影響ありませんでした。ということでRAIDケースは遅いという結果に変化なし。これってわたしみたいにRAID0が目的の人間にとってイタいです

« いきなりですが、真央ちゃ〜ん! | トップページ | 2.5インチSATAディスク用外付けRAIDケース 閑話2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2.5インチSATAディスク用外付けRAIDケース 閑話:

« いきなりですが、真央ちゃ〜ん! | トップページ | 2.5インチSATAディスク用外付けRAIDケース 閑話2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック