« 以前Snow Leopardの開発者版でNTFSの書き込みが | トップページ | ところでSnow LeopardのターミナルのMenloって »

2009年10月 1日 (木)

Snow Leopardで日本語以外の言語環境だとターミナルで日本語が見えない

みたいという情報が師匠から来ました。師匠も遅くまで起きているのね。ということですぐに実験。
ターミナルでは普段日本語環境を全く使わないので気がつきませんでしたが、ターミナルの環境設定を開けたらこんな状態になっていました。これってけっこうひどいバグじゃないですかあ?
PhotoPhoto_2



日本語は書くだけ無駄。全く見えません。実際にはことえりは動いていて、空白に見える部分をテキスト等にコピーしてみるとしっかり日本語が書けています。
Photo_3


いろいろとやってみたのですが、システムの言語環境が日本語の場合はユーザのライブラリのターミナルの設定ファイル(わたしの場合は/Users/misabazooka/Library/Preferences/com.apple.Terminal.plist)をゴミ箱に捨ててログインし直せば日本語もしっかり見えるようになりました。
Photo_4


システムの言語環境が他言語の場合は、まずはターミナルを終了させ、ターミナルの設定ファイルを捨てます。その後にまずはシステム環境設定で日本語を選び、入力メニューからことえりを選んでおきます。最後にターミナルを起動すると日本語がしっかり見えて書き込めるようになります。
この部分だけに限って言うとLeopardに比較してかなり退化していますなあ。と、いきなりですが、疲れたので寝ます。おやすみなさい〜♪

« 以前Snow Leopardの開発者版でNTFSの書き込みが | トップページ | ところでSnow LeopardのターミナルのMenloって »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 以前Snow Leopardの開発者版でNTFSの書き込みが | トップページ | ところでSnow LeopardのターミナルのMenloって »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック