« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月18日 (土)

マトリックススクリーンセイバー(その5ぐらい)

いまだに「マトリックススクリーンセイバー」でこのブログへ辿り着かれる方が多いのですが、情報がかなり古いので更新しておきます。最新のものは調べていませんが、Leopardでしっかり動いてフリーでそれらしいものということでデブネコのおススメはillumineX.comのXirtamです。ダウンロードすると他のスクリーンセイバーもまとめて落ちます。システム環境設定のスクリーンセーバからXirtamを選んでオプションでCall Trace NumberでNoneを選択するとけっこうそれらしく見えます。わたしがこれを使う時はSpeedを最も遅くしSpinnersは最大値でGlyph SizeをSmallに設定しています。でももう最近はまったく使っていないですけどね。

Photo

2009年7月17日 (金)

XSHとPerlのXMLモジュール

リファレンスを読みながらXSHを少しだけ使ってみました。で、感想ですが、主にPerlと連携で使うならこれけっこう使えます。XSHは名前の通りシェルなので使いこなせるまでにけっこう覚えることがたくさんありますが、XMLの処理に特化しているぶんかなり強力です。特にノードの置換処理などにはもってこいのような感じです。簡単に下記のようなXPathで拾い物をして表示するだけのコマンドラインを書いてみましたが、さすがlibxmlを使うだけあって速い!

foreach my $i in { glob('/Users/misabazooka/Desktop/oshigoto/*.xml') } { my $file := open $i; print (//music[finnish[@shop="iTunes"]]); }

XMLだけではなく色々とやりたい人にはコマンドラインからPerlでモジュールを使ってやった方がXSHを覚えて使いこなすよりは敷居が低いかな。(ご参考までにこちらもどうぞ)

2009年7月15日 (水)

XSHなんて

あったんですねえ。何気なくCPANを漁っていたら見つけました。コマンドラインで使うんだったらこちらの方がPerlのlibxmlモジュール使うよりかは便利かも。でも古いっす。これに限らずCPAN自体が最近活気がないような。XPath 2.0のモジュールを誰か出してくれないですかね。libxmlの方では対応しないみたいだし悲しい...

ZFSが消えている...

何気なくSnow Leopard Serverのページを読んでいて気がついたんですが、ファイルシステムでZFSに関する記述がなくなっていますね。もしかして最初からなかったのかな?確かあったと思うんですけど。ネットで検索してみたら先月の10日にはこれに関することを書いている人がいました。何が原因なのか知りたいですなあ。もうAppleはZFSに見切りをつけてしまった?

2009年7月11日 (土)

これ欲しい!

今同僚が遊びに来ていて昨日の続きはまだ書けていません

で、一緒に外付けケースなんかをネット徘徊しながら見ていたんですが、BaRe FeatsでテストされているCalDigit VR miniが良さそうだねという話をしています。ただ値段が高すぎて買う気になれません。

2009年7月 1日 (水)

Firefox 3.5

Acid3とV8 Benchmark Suite - version 3の両方を試してみましたが、RC3と同じ結果でした。ベンチテストでは速くないですが、Mac版もWindows版も全体的に軽快で良い感じ。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック