« XSHとPerlのXMLモジュール | トップページ | Snow LeopardのPerlは »

2009年7月18日 (土)

マトリックススクリーンセイバー(その5ぐらい)

いまだに「マトリックススクリーンセイバー」でこのブログへ辿り着かれる方が多いのですが、情報がかなり古いので更新しておきます。最新のものは調べていませんが、Leopardでしっかり動いてフリーでそれらしいものということでデブネコのおススメはillumineX.comのXirtamです。ダウンロードすると他のスクリーンセイバーもまとめて落ちます。システム環境設定のスクリーンセーバからXirtamを選んでオプションでCall Trace NumberでNoneを選択するとけっこうそれらしく見えます。わたしがこれを使う時はSpeedを最も遅くしSpinnersは最大値でGlyph SizeをSmallに設定しています。でももう最近はまったく使っていないですけどね。

Photo

« XSHとPerlのXMLモジュール | トップページ | Snow LeopardのPerlは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マトリックススクリーンセイバー(その5ぐらい):

« XSHとPerlのXMLモジュール | トップページ | Snow LeopardのPerlは »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック