« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月25日 (水)

またまたやってしまいました〜

ネット徘徊をしていてポチッと。しかも先日買ったのと同じブツを...
だって40ユーロも安いんですもん。厳密にはメーカーの名称が違いますが、ブツ自体はAddonicsのPortable Dual Drive RAID enclosureと同じものです。このケース少なくとも二つのブランド名で売られています。ヨーロッパではAddonicsだけの扱いみたいですが、アメリカではStarTech.comのInfosafe Dual 2.5 inch SATA ESATA/USB RAID Enclosureということで出ています。今回買ったブツには単にSUPERBOXとだけ書かれています。まあOnntoやMacPowerみたいに製造元が中国であちこちに出しているだけなんでしょうねえ。

価格なんですが、この前オランダから注文したAddonicsのケースは全て込みで120ユーロもしたので高いと思っていたのですが、ネットで調べてみると実際には良心的な価格でした。例えばアメリカからStarTech.comのInfosafeを取り寄せても税金と送料を含めると120ユーロ以上かかってしまいます。今回のブツは知られたブランド名が付かないので税金等全て込みでもなんと80ユーロです。ただし到着までに日数がかかりそうですが。

2.5インチディスク用のRAIDケースを調べていて思ったんですが、容量が小さくUSBポートしかなくてRAIDも1しか使えないブツが150ドルぐらいで売られていることを考えるとAddonics(というかStarTechというか)のケースは色々と問題がありつつもコストパフォーマンスに優れていますねえ。MacBookノンプロのオーナーには絶対におススメできないですが。最近RAIDではないですがわたしが持っていないメーカーのFirewire(400)とUSBポートの両方が付いた2.5インチSATAディスク用の外付けケースを見つけました。が、なんと70ユーロもするのでボツです。Firewireポート(400)が二つにUSBもついたMacallyのケースが50ユーロ以下なのを考えると遊びでも買う気になれない価格ですなあ。

Safari 4が

出ましたねえ!今これもSafari 4で書いています。全ては試していませんがなかなか良い感じ。タブは少しだけ慣れが必要かも。この調子でSnow Leopardも頑張ってほしいですねえ。後でJavaScriptのテストをしてみよっと。

追記 まあWebKitを考えれば当然なんですが、Acid3しっかり通りますね。

Acid3

2009年2月24日 (火)

Spotifyっていいですねえ!

本当にシンプルでラジオを聞くような気軽さで使えるのがいいですねえ。今は招待制ですが、これは世界的にウケるんじゃないかな。詳しくはこちらをどうぞ。

2009年2月20日 (金)

アプリのサイズがゲッと

いうぐらい小さくなっていますなあ。Snow Leopardでのことです。こちらのフォーラムで画像の投稿があったのですが、QuickTimeがな〜んと2.2MB、iTunesがたったの50MBになっています。動きも軽快になってくれるのかな。今のiTunesの起動なんかは正直ネバネバしすぎだと思います。

2009年2月19日 (木)

おっ、日本でもとうとうFirewire400ポート付きの2.5インチSATAディスク用外付けケースが

出ましたね。いや、これのことです。しかし500GBといえども33,390円といのは高すぎません?これだったら秋葉館のSerial nanoとFirewire400<->800ケーブルと500GBのディスクを買えば1万円ぐらい安くつきそう。あと開発者の声なんていうリンクがありますけど、これって本当にヤノ電機さんで開発したの?以前からここでも紹介しているOnntoのケースをヤノ電機さんで仕入れたか、もしくはOnntoと同じ下請けから同じ部品を取り寄せてディスクを入れただけじゃないんですか?ゼロから開発したんでなければ開発者とは言えないと思うけどな。まあ買った人がMacに繋いでディスクユーティリティで見ればどこのブツかすぐにわかりますけどね。

Portable Dual Drive RAID Enclosure (AE25RDESU) まとめ

OS X上で250GB以上のディスクでRAIDができない問題が一部解決しました。けっこう複雑なのでまとめてみます。下記の内容はRAID設定時のことであり、一度設定したものはUSBポートでもeSATAポートでもどちらでも使えます。

USBポートを使用時のRAID設定

色々設定してみたのですが200GBのディスクまでしか使えませんでした。まともに動く
ケースのRAID設定はJBOD(single)でした(左からOFF OFF ON)。ケースはJBODにしておいて後はOS XのディスクユーティリティでRAIDの設定をします。3つある設定のどれも使えます。スピードはもちろん「ストライプされたRAID設定」が一番速いです。BIG (span、全てOFF)とFAST (strip、OFF ON OFF)ではディスクのフォーマットでエラーが出て失敗します。


eSATAポートを使用時のRAID設定

200GB以上のディスクも使えますが、USBで動くJBOD(single)を使うとOS XのディスクユーティリティではRAIDの作成時にエラーが出て使えません。普通に二つのディスクとしては使えます。BIG (span、全てOFF)とFAST (strip、OFF ON OFF)は使えますが、設定してもそのまま使えるわけではなく、OS Xのディスクユーティリティでパーティションしなおす必要があります。痛いのは250GB/5400rpmのディスクを使ってFAST (strip)設定にしても、ケースの設定がJBOD(single)でOS Xのディスクユーティリティで「ストライプされたRAID設定」を使った200GB/4800rpmのディスクに速度で負けてしまうことです。ちなみに20のMP3ファイルを含む1GBきっかりのフォルダーをコピーすると何度やっても下記のような結果になりました。

250GB/5400rpm x 2 + ケース FAST (strip)
17秒

200GB/4800rpm x 2 + ケース JBOD(single) + ディスクユーティリティ「ストライプされたRAID設定」
16秒

しかしUSBとeSATAで動きが違うとは予想がつきませんでした。まあ、わたしが素人なので設定がうまくできないだけなんでしょうが...次は500GBのディスク二つで試してみたいですが、出張が今後多いのでかなり先の話になりそうです。

今回の記事に合わせて「2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その3」も修正しておきました。

LACIE SATA II ExpressCard 34 その2

先日の記事をアップした後に東芝のディスクの調子が悪くなったので修復した後にフォーマットしなおしました。もしやと思ってコピー速度を測ってみたら、な〜んとかなりアップしましたよん。ということで、200GB/4800rpmのディスクでもRAID0にしてeSATAを使えば250GB/5400rpmのシングルディスクでFirewire800やeSATAを使うよりも速くなるという結果になりました。RAID0の威力はすごいですねえ。でもUSBの方は依然として負けています。これで250GB以上のディスクを使えれば何も言うことはないんですけどねえ。参考までに前回計測の250GB/5400rpm(Hitachi Travelstar 5K250)の結果も載せておきます。コピー速度は20のMP3ファイルを含む1GBきっかりのフォルダをコピーすることで計測しました。

Toshiba 200GB/4800rpm x 2 RAID0
eSATA: 16秒
USB: 48秒

Hitachi 250GB/5400rpm
eSATA: 20秒
Firewire800: 21秒
Firewire400: 40秒
USB:46秒

2009年2月16日 (月)

Portable Dual Drive RAID Enclosure (AE25RDESU) その5

サムスンのディスクは依然としておかしいですが、それ以前にどうもこのケースのMacでの挙動がおかしいです。もう2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その3に書いてしまいましたが、250GB以上のディスクでもNTFSフォーマットするとWindowsでしっかりRAID0を作れますが、Macではあれこれセッティングしてもだめでした。東芝の200GB/4800rpmのディスクを二つ使うとOS XでもあっさりRAID0を作れます。ケース側の設定はRAID1にしてOS XのディスクユーティリティでRAID0でも1でもどちらも作れます。ケース側の設定をRAID0にすると東芝のディスクを使ってもだめでした。Windowsでは200GBと250GBのどちらを使ってもケースの設定をRAID0にしてしっかりマニュアル通りにRAID0を作れました。ということで、Windowsで作ったRAID0をOS Xでフォーマットしなおすということもやってみましたが、これもだめ。もうしばらくは何もやるつもりはありませんが、問題が解決したらまたアップします。あまりにも何回もディスクのフォーマットをしたので当分はフォーマットをしたくないです... 


値段を考えると残念ながらMacユーザにはおススメできないブツですなあ。

2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめ その3

2.5インチSATAディスク用外付けケースのまとめをご覧ください。

2009年2月11日 (水)

Portable Dual Drive RAID Enclosure (AE25RDESU) その4

いや〜お騒がせしました。RAIDが作れなかった原因が判明しました。な〜んとサムスンのディスクが原因でした。250GBのディスクは日立のとサムスンのを使っていたのですが、RAID作成に失敗するとサムスンのディスクのパーティションだけが見えなくなるので東芝の200GB/4800rpmのものを二つに入れ替えてやってみたらRAID0も1も両方いけました。ただしこれはOS Xのディスクユーティリティで作成したもので、ケースの方のセッティングでRAID0にしてもOS X上ではディスクの総容量が正しく見えるのにかかわらずパーティションは片方しか見えず半分しか使えないとい状況は変わっていません。しかしサムスンのディスクにはやられたなあ...

1枚目の写真はRAID1を作成した時のもので、2枚目はRAID0を作成してデスクトップで開けてみた時のものです。

あっ、そうそう。接続はUSBのままです。ということで最新のMacBookでもしっかり使えますよん。

あっ、そうそう。USBの200GB/4800rpmx2ではたかがしれているので、スピードテストは少なくともSATAが使えるようになってからにします。

Raid1Raid

2009年2月 9日 (月)

Portable Dual Drive RAID Enclosure (AE25RDESU) その3

250GBのディスクを入れて動いたまでは良かったのですが、いくつか問題が...

まずは付属CDにあるMac用のプログラムがインストールできないです。今までもこういうことがあったのでこれ自体はあまり気にしていないのですが、OS XのディスクユーティリティではUSBポート経由でRAIDを作れないということが判明しました。別々のディスクとして使う分には問題がないんですけどね。ということでこSATAカード待ちです。

暇つぶしに大きさがわかる比較写真をアップしておきます。余談ですがブラックのアルミの肌触りは最高です!

P1010002P1010004P1010003

2009年2月 5日 (木)

Portable Dual Drive RAID Enclosure (AE25RDESU) その2

ということで、昨日アップできなかった写真をアップしておきます。
1枚目はインターフェース部分、2枚目はケース上側のボタン・ランプ類で3枚目はケースの内部です。ケースはスロット方式でディスクを出し入れできる構造ですので、ディスクの取り外しが本当に楽です。恐らくSATAポートを搭載しているせいだと思いますが、USB経由での接続でも別途電源が必要で、MacBookだと二つともUSBポートが埋まってしまいます。

P1010010P1010008P1010003

2.5インチSATAディスク用RAIDケース Addonics Portable Dual Drive RAID Enclosure (AE25RDESU) その1

が届きました。先日ポチっとしてしまったのはこれです。取り敢えずはハードディスクを一つぶち込んで動くかどうかを試しました。しっかり動きましたよん。つづく...

この記事は大変古いです。現在のRAIDケースについてはこちらをご覧ください。

P1010001P1010002

2009年2月 1日 (日)

Parallels Desktop for Mac 4.0 vs. VMware Fusion 2.0(USBメモリへのコピー速度比較)

ということで597メガバイトのフォルダをUSBメモリへコピーするテストをしてみましたが、結果は正直なところ差がないのと同じですねえ。Parallelsは4.0でUSBを徹底的に改善しましたね。

1.USBメモリ -> Windows
Parallels Desktop 1分36秒
VMware Fusion 1分34秒


2.Windows -> USBメモリ
Parallels Desktop 3分12秒
VMware Fusion 3分17秒

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック