« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

2分以下で

血祭りとは...このことです。元NSAの人らしいけど、やはり凄いのね。Digital Fortressの話を信じる気になってきたかも...

2008年3月28日 (金)

2008年3月27日 (木)

もうですか〜?WebKitがAcid3を突破!

nightly buildとはいえ凄い!詳しくはこちらをどうぞ!次のSafariが本当に楽しみ

2008年3月26日 (水)

税関で

引っかかっています。やっぱり消費税を払わされるのかな?

maaliskuu 26, 2008 06:51 Helsinki - Finland Tullaus käynnissä Helsinki - Finland

maaliskuu 26, 2008 06:51 Helsinki - Finland Tullausviive

今日は本当に雪がかなり積もっています。疲れていて写真を撮りに行く気力なし。後ほど頑張ってみます...

ブツが

ヘルシンキへ到着した模様です。パイロットの方は大変だったでしょうねえ。でも雪嵐が到着したのは一時間ぐらい前だから着陸の時は最悪のコンディションを避けることができたと思われます。

今晩ブツがもう動かなければ手にできるのは明後日かな。DHLは速いですから明日の可能性もありますが。

maaliskuu 22, 2008 00:01 Brussels - Belgium Saapunut DHL:n toimipisteeseen Brussels - Belgium

maaliskuu 25, 2008 03:26 Brussels - Belgium Lähtenyt DHL:n toimipisteestä Brussels - Belgium

maaliskuu 25, 2008 07:21 Brussels - Belgium Lähetys on pysähtynyt. Ole hyvä ja ota yhteyttä DHL:ään

maaliskuu 25, 2008 21:04 Helsinki - Finland Saapunut DHL:n toimipisteeseen Helsinki - Finland

MacBook vs. PowerMac G5(LAME v3.97でエンコード編)その2

仕事場の片隅で眠っていたAMD Athlon XP3200+(2.21GHz, メモリ1GB)を搭載したWindowsマシンに先日と同じWAV⇨MP3エンコードをさせたらな〜んと1分52秒で処理を終えてしまいました。iMacにこそ負けましたが、MacBookとPower Mac G5には圧勝。ちょっと悲しいかも...

2008年3月24日 (月)

もうすぐ件の

ブツが到着しそうです。遅くとも火曜日にはブリュッセルからトゥルクへ向かうと思われます。

maaliskuu 20, 2008 21:30 Wilmington, OH - USA Lähetys noudettu

maaliskuu 21, 2008 07:00 DHL Wilmington Airpark, OH - USA Lähtenyt DHL:n toimipisteestä DHL Wilmington Airpark - USA

maaliskuu 21, 2008 07:55 New York City Gateway, NY - USA Saapunut DHL:n toimipisteeseen New York City Gateway - USA

maaliskuu 21, 2008 10:03 New York City Gateway, NY - USA Lähtenyt DHL:n toimipisteestä New York City Gateway - USA

maaliskuu 22, 2008 00:01 Brussels - Belgium Saapunut DHL:n toimipisteeseen Brussels - Belgium

久々に

DOSコマンドなんかをいじってしまいました。使いづれ〜。大昔にこれを極めて神様扱いされていた友人がいたなあ。わたしも何度彼に助けてもらったことか。でも彼は今何をしているんでしょうねえ...

2008年3月20日 (木)

Safari 3.1 その2

こういう話がありますがどうなんでしょう。

2008年3月19日 (水)

AutomatorでLAMEを使って

MP3エンコーダのドロップレットを作ろうと思ったのですが、これがなかなかうまくいきません。最初に数メガバイトエンコードした後に止まってしまいます。AppleScriptのdo shell scriptを経由するとLAMEはうまく動くんですが...

なぜAutomatorアプリにしたいかって言うと、LAMEの画面が目に入るとなんかこう催眠状態に陥って見とれてしまって仕事の速度が落ちるからなんです。見なければ良いんですけどつい視線が...

Safari 3.1

JavaScriptがめちゃんこ速くなっていますね。これでAJAXも安心してバシバシ使えます。でもacid3のスコアは74。先は長し。

2008年3月18日 (火)

欲しい!!!

元麻布春男氏がLPレコードの音をUSB出力できるDDプレーヤーを紹介していますが、欲しい!でも考えてみたらLPレコードがない(爆)全部あげてしまったもんな。残念。村上春樹みたいな人にはもってこいのブツではないでしょうか。

2008年3月17日 (月)

初代PowerMac G5(2.0GHz)の消費電力

アイドル時で140 W、最大でな〜んと604 W!2.8GHzのiMacでさえ280 Wだって言うのに。これでMacBookよりも遅いんだもんなあ。最後のDual 2.5 GHz Power Mac G5 (Late 2005)になると多少は下がって550 Wですが、それでも500 W以上だなんて...昔のPowerPC神話ってなんだったんだろう。実は先月に買いませんかと言う話があったんですけど、買わなくて正解。見事なアルミの筐体に思わず商談成立しそうになりましたけど。

MacBook vs. PowerMac G5(LAME v3.97でエンコード編)

もうどちらのマシンも古いしこの対決シリーズは止めようと思っていたんですが、デスクトップとラップトップの違いがあるとは言えどちらも2GHzでコアが二つなんで比較しやすいんですよね。ちなみにわたしの仕事場のPowerMac G5は今は完全に雑用係になっています。これもテストがしやすい理由なんですが。

先日仕事場のPowerMac G5にLAMEでWAVファイルをMP3にエンコードさせていたんですが、これが苛つくぐらい遅い。MacBookで同じことをしたときはもっと速かったなあと思ったので対決させました。参考にiMacも入れておきます。PowerMac G5は2GHzでメモリ3.5GB、MacBookは2GHzで2.0GB、iMacは2.8GHzで4GBです。比較に使ったファイルは531.6MBのWAVファイルでエンコードに使ったコマンドは単純に


lame hoge.wav hoge.mp3 -V0 -vbr-new

です。

Frame CPU time/estim REAL time/estim play/CPU ETA
PowerMac G5 161301/161301(100%) 5:09/5:09 5:13/5:13 12.509x 0:00
MacBook 161301/161301(100%) 2:22/2:22 2:25/2:25 27.130x 0:00
iMac 161301/161301(100%) 1:31/1:31 1:31/1:31 42.417x 0:00

こういう結果になると本当にインテルマシンが全てふさがっている時ぐらいしか仕事をさせる気にならないですねえ。なんせ初代MacBookの2倍の時間ですよん。仕事場のPowerMac G5を新しいのに入れ替えてもらう良い口実になりそう。

2008年3月16日 (日)

OS XのFinderのコピーは その3

計測したら全く差はありませんでした。ということで、OS XのFinderのコピーは遅くないです。ギャーギャー騒いでしまいましたが悪しからず (^^;

OS XのFinderのコピーは その2

あれ〜?cpでコピーするとデータの総量が違います。Tigerのcpからはメタデータもコピーされているのでそういう違いではないと思いますが、112GBのデータが109GBに減ってしまいました。しまった次の処理する前にどこで減ったのか確認しておけば良かったな...

OS XのFinderのコピーは

もしかした激遅なんですかね?先程試しにコマンドラインからcpでコピーしてみたらメチャンコ速いじゃないですか。Finderがコピーを担当しているからなんでしょうけど、プロセッサの占有率もFinderでコピーをすると30パーセントぐらい(iMac 2.8GHz)で、cpの10パーセントに比べて3倍も重いです。そのうち時間を計ってみよ。これでかなり差があるようだったら外付けディスクからのコピーとかは全てコマンドラインでやらないと...

2008年3月15日 (土)

OS XはいつになったらNTFSを

サポートするのでしょう?先程NTFS-3Gのサイトに行ったらAboutページが先月の終わりに更新されていて、Appleに対する態度が硬化していました。下に少し引用します。

In 2005, the project members agreed to dual licence their NTFS work in favour of Apple hiring Anton Altaparmakov to work on read-write NTFS support for Mac OS X, and the new code would be contributed back, which sadly never happened.

Three years later, Apple still didn't complete the in-house developed NTFS driver, nor contributed back anything.

正直なところ最悪。こうなってはほしくなかったな。これを読む限りではAppleとのコンタクトはゼロと思って間違いないでしょう。WebKitの時みたいに思い切ったことしないと信頼回復は難しいでしょうねえ。

2008年3月14日 (金)

MS Office for Mac 2008 その2

これやっぱり遅いですねえ。インテルMacなら少しは速く動くと思っていたんですけど、速度はRosettaを使った2004とあまり変わらないですねえ。何が原因でこんなに遅いんでしょう?

2008年3月12日 (水)

クローンもどきの常駐型ファイルの変更監視スクリプト その2(AppleScript邪道編)

グローバル変数を使ったら(on idleより前に入れたモノは全て無駄でした...)大幅に無駄が省けました。前回のはあまりにもダサかったので削除しました。今回のは監視対象ファイルのmodification dateだけでコピーを取るかどうかを判断します。それでもシェルスクリプトやPerlだけをを使った方がマシンのリソースを食わないものができます。

常駐型Intelアプリとして保存するにはスクリプトエディタからフォーマットでアプリケーションバンドルを選択し、「実行後、自動的に終了しない」をチェックします。

global sakki tell application "Finder"  set viimeksi to modification date of file "OSX:Users:Shared:kansitaisyo.txt" end tell on idle
 tell application "Finder"
  set Ima to modification date of file "OSX:Users:Shared:kansitaisyo.txt"
  if Ima = Sakki then
  else
   do shell script "jikan=$(date \"+%Y-%m-%d_%H-%M-%S\");cp /Users/Shared/kansitaisyo.txt ~/Desktop/Sooko/$jikan'.txt';"
   set Sakki to Ima
  end if
 end tell
 return 1
end idle

VMware Fusionのチームの

ブログなんてできていたんですねえ。MacファンはGo!

2008年3月11日 (火)

Firefox 3.0b4

動きはスムーズで速いし外観も洗練された感じなかなか気に入りました。


Misab

クローンもどきの常駐型ファイルの変更監視スクリプト(AppleScript邪道編)

というようなものを作ってみました。初めてAppleScriptでアプリを作ってみましたが、色々と実験が楽しくてのめり込みますねえ。共有フォルダにある監視対象のブツとデスクトップ上の比較フォルダにあるブツのコピーのファイルのmodification date(変更日)を1秒ごとに比較して、違っていたらデスクトップ上の倉庫にチェックした時間をファイル名としてブツを保存し、比較フォルダにあるコピーも最新のものに更新するという単純なものです。監視対象のブツのmodification dateが刻々と変化するという前提です。modification dateは秒まで取得できますので、1秒ごとの巡回でもしっかり差をチェックできます。当然のことながら1秒以内の変化は把握できませんが。あとmodification dateは内容に違いがなくても保存時刻によって変わってしまいますので、無駄なコピーが多くなるかもしれませんね。実はシェルスクリプトでも同じようなのを書いてみたんですが、やはりと言うか予想通りと言うかシェルスクリプトの方がコンピュータのリソースを使わなくて効率良いです。AppleScriptアプリの唯一の利点はファインダからアプリを終了できることでしょうか。ところで、本当に1秒おきにコピーを取ると突然Spolightがインデックスを作成し始めてファンがブンブン回ることになってもー大変...

あまりにもダサイので削除しました。その2をご覧ください。

AppleScriptでテキストの比較は?

まあUNIXのdiffと同じことをしようとしたんですが、適当な例が見つからなかったので、二つのファイルを読み込んで = かどうかで判断すると言うめちゃくちゃなスクリプトで例の常駐型ファイル監視アプリを作ったらプロセッサの使用率が50パーセント以上(!)の大変なアプリになってしまいました。こういうのはやはりUNIXコマンドとのキメラにするかmodification dateの比較なんかで処理すべきなんでしょうねえ。

2008年3月 9日 (日)

Acid3

を試してみましたが、Safariでもあっさり討ち死。Appleはまた一番乗りを狙うのかな?お試しはこちらでどうぞ。

Divo codecはヤバい!?

ウィルスではないかという話が去年からあちこちのフォーラムで出ていますが、こちらのフォーラムの投稿によるとOS Xでも動くみたいです。

2008年3月 8日 (土)

Automatorを勉強中 その1.6

今ファイルの変更をチェックして変更があった場合にはファイル全体のコピーを保存先のフォルダに送るというようなものを作っているんですが、やはり一定時間ごとに(例えば1秒ごとに)チェックするしか方法が見つかりません。ファイル保存のイベントハンドラがあれば良いのですが、ないみたいですねえ。

2008年3月 6日 (木)

Parallels Server Beta2

を今ダウンロードいています。純粋に試してみたいだけで、買わないでしょうねえ。必要ないもんね。詳しくはこちらをどうぞ。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック