« VMware Fusion 正式版! | トップページ | 出た!新型iMac »

2007年8月 7日 (火)

Parallels Desktop 3.0 for Mac (Build 5060) vs. VMware Fusion 1.0 (Build 51348) 起動時間及びコピー速度の比較

VMware Fusionのβ版にかけられていたベンチテストなどの制限がなくなったので早速テストしてみました。

テスト機はMacBook (CoreDuo 2.0 GHz、メモリ2GB、VMのメモリ1GB)で、ゲストOSはWindows XP Professional。結果は3回計測の最良値。VMware (1p)はバーチャルプロセッサを1つ、VMware (2p)はバーチャルプロセッサを2つ使用。

1.起動開始からログインウィンドウが表示されるまでの時間

Parallels 26秒
Vmware (1p) 31秒
VMware (2p) 43秒


2.Safariの起動に要した時間

Parallels 4秒
Vmware (1p) 2秒
VMware (2p) 3.5秒


3.100.7MBのフォルダのコピー速度(Mac > Win)

Parallels 11秒
Vmware (1p) 15秒
VMware (2p) 25秒


4.100.7MBのフォルダのコピー速度(Win > Mac)

Parallels 6秒
Vmware (1p) 7秒
VMware (2p) 10秒


という結果になりました。先日バーチャルプロセッサを2つ使っているから速いみたいな間抜けなこと書いてしまいましたが、テストをしてみるとVMのプロセッサが2つの時が最も遅いという結果でした。VMwareがデフォルトで1つのプロセッサを使用する設定になっているのには、こういうようなパフォーマンスの差を考慮しているのかもしれません。また、以前にParallelsのフォーラムで開発陣がコアが2つしかないプロセッサで複数のVMのプロセッサを使うのはばかげているみたいな回答をしていましたが、テストの結果はまさしくその通りになってしまいました。複数のVMのプロセッサを使うとパフォーマンスが良くなるのはどういう状況か興味があります。

VMwareは起動時間とコピー速度ではParallelsに製品版でも及びませんでした。もう少し多くのアプリでテストしてみないと何とも言えないですが、Safariの起動時間は何回やってもVMwareの方が速かったですし、速度の違いが体感できます。

と、まあ現状では互角と言って良いのではないでしょうか。今後が楽しみですね。

« VMware Fusion 正式版! | トップページ | 出た!新型iMac »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VMware Fusion 正式版! | トップページ | 出た!新型iMac »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック