« Parallels Desktop for Mac β(Build 5060) | トップページ | VMware Fusion 正式版! »

2007年8月 6日 (月)

Parallels CoherenceとVMwareのUnity

ParallelsのCoherenceモードはやっと安っぽさが消えましたね。Coherenceモードでウィンドウを速く動かしてもWindowsのデスクトップがちらつくことはなくなりました。VMwareのUnity機能は最初からできが良かったようですが、β2はフリーズなどでインストールを諦めたので実際のところはわかりません。RCでは少なくとも最新のParallelsと同等のできで安っぽさはありません。

1つだけどちらにも共通してWindowsのデスクトップが見えてしまう状況に気付きました。先日ここで紹介したJingプロジェクトのアプリですが、デスクトップ上方の端に常駐しているので、これがCoherenceモードなりUnity機能なりを使うとWindowsのデスクトップが見える小窓で表示されてしまいます。まあ普通はフルスクリーンで使うアプリですからね。ちなみにアプリを使おうとすると一時的にフルスクリーンに変わります。


Unity

« Parallels Desktop for Mac β(Build 5060) | トップページ | VMware Fusion 正式版! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Parallels CoherenceとVMwareのUnity:

« Parallels Desktop for Mac β(Build 5060) | トップページ | VMware Fusion 正式版! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック